厳島神社(いつくしまじんじゃ)   <広島県宮島>

1400年の歴史をもち、日本全国に約500社ある厳島神社の総本社です。

安芸国一宮

 

ご祭神

宗像三女神市杵島姫命、田心姫命、湍津姫命)

 

市杵島姫命は神仏習合時代には、現在は大願寺に移された弁才天と習合して弁天様と信奉されていました。

 

江島神社江の島)・宝厳寺竹生島)とともに日本三弁天の一つとされている。

厳島神社のある宮島は別名「安芸の宮島」と呼ばれ、日本三景の一つとなっています。平家納経でも有名。

船から見える神社の鳥居も、神社の回廊などもとても美しいです。

 

 

ただ遠く戦乱の時代には数多くの船が入り乱れ合戦が行われてきたところでもあります。

(神社のご紹介なのに失礼いたしました。)

厳島神社のある宮島は、古代より島そのものがとして信仰の対象とされてきたところでもあります。

 

推古天皇の時代に593年、土地の豪族であった佐伯氏が神託を受けて、御笠浜に社殿を創建したと伝わっているそうです。

平安時代末期には平家一族の崇敬を受け、1168年ごろに平清盛が現在の社殿を造営。平家一門の隆盛とともに盛えて神社は平家の守り神でした。

 

 

けれども平家滅亡後も源氏をはじめとする時代の権力者の崇敬を受けて、守り継がれてきた神社です。

 

 

宮島の神社仏閣

世界遺産(文化遺産)となっている厳島神社のある宮島は、歴史のある社寺が多いです。

大願寺(だいがんじ)

大願寺。開基は不明ですが、建仁年間(1201年~1203年)の僧了海が再興したと伝えられる真言宗の古刹です。明治の神仏分離令までは厳島神社の普請奉行(寺院の修理や造営を一手に担っていくところ)の歴史があります。このお寺の厳島弁財天は弘法大師空海の作と伝えられ、日本三弁財天の一つ。

神仏分離令によって厳島神社から遷されたこの厳島弁財天をはじめ、木造薬師如来像、千畳閣の本尊だった木造釈迦如来坐像などもここに収蔵されています。

 

多宝塔(たほうとう)《重要文化財》

大元神社(おおもとじんじゃ)《御本殿は重要文化財》

厳島神社よりも前に創建されたといわれる古社です。国常立尊(くにとこたちのみこと)、大山祇神(おおやまづみのかみ)、保食神(うけもちのかみ)、宮島の地主神として信仰を集めてきた神社です。

 

 

清盛神社(きよもりじんじゃ)

光明院(こうみょういん)

宝寿院(ほうじゅいん)

徳寿寺(とくじゅじ)

真光寺(しんこうじ)

存光寺(ぞんこうじ)などなど

広島県廿日市市宮島町1-1

 

厳島神社ホームページ

http://www.itsukushimajinja.jp/index.html

 

宮島観光公式ホームページ

http://www.miyajima-wch.jp/

広島駅~JR山陽本線宮島口駅広島電鉄宮島線 広電宮島口駅 フェリー乗り場はJR宮島口駅から徒歩5分・広電宮島口駅からすぐ

宮島口桟橋から、JR西日本宮島フェリー宮島航路、もしくは宮島松大汽船宮島航路にて宮島(宮島桟橋)まで約10分。

 

心に聞えた声なき声

ご本人のご了承をいただいて掲載しています

時折お会いするご相談者のAさんが、亡義父さんの古いお守りを見つけて、

 

どうしようかと写真を撮ろうとすると心の中に「撮ってはいけない!失礼なこと!」と伝わってきたそうです。

 

後日ご相談に来られたときに、お守りで反応しているので、

 

 

幸い半日でいける神社でしたから、

 

お礼参りとお守りをお返ししてきてもらうようにお伝えしました。

 

その後あらためてお守りをお返しにいかれたそうですが、

 

Aさんも10年ぶりくらいに参拝に訪れた神社で、

 

早朝に出かけたため境内は参拝の人もまばらでしたが天気もよく

 

心地よくお守りもお返しできて参拝して、後ろへ下がろうとしたその時、

 

「努力に勝る宝なし!!」という言葉がストレートに心にポーンと入ってきたそうです。

「今のは何?」自分の思考ではないのは確かなのです。声ではない声で力強く伝わってきた。

 

心に聞こえた。

ちょうどその頃はAさん義父母がご高齢で相次いで亡くなり、

 

相続の話しがでて、ご主人の異父兄がいることが判明し、

 

当然そちらの兄弟にも相続が発生するため、予定していた支払い運用などがすべて変わってしまう。

そのため、Aさんはご主人が受け取れるはずの資産が

 

かなり少なくなるのでまるで「宝をゴッソリ失ったという気持ち」とでも言う表現に近い気分で

 

Aさんもご主人も義姉さんも
落胆していた時期でした。

 

お話しは戻りますが、

 

こういうときに「努力に勝る宝なし」と神様に言われたことに気付きました。

 

神様からみれば、宝は物質的なもの以外を示して言ってたのです。

 

Aさんご夫婦は家業の手伝いもしながら義父さんには金銭的にもお世話になってもきました。

 

おんぶに抱っこして生活いたかも知れない・・・

 

現在はAさんご夫婦、出来るお仕事をしてがんばっています。
「努力に勝る宝なし」
宝は金銭だけのことではないですね。

 

勉強して学んだこと、
習得したこと、信頼など

 

孫悟空のような?

 *事例はご本人のご了承をいただいて掲載しております

スピリチュアルなこと(霊的)にとても関心をもたれている奥様が、そういう

 

事にはあまり関心の無いご主人に「人は内面的な部分がとても大切なことだと

 

思う」ことを話しても「関心が無い!そんなことは勝手に信じてろ!」といわ

 

れていたそうです。

 

かといってこの奥さんは宗教にのめり込むようなことをしているわけでもな

 

く、精神的に穏やかになって欲しいと願いご主人に話されていたのです。

 

それでも何年かして、ご主人も一緒に神社にもお参りに行くようになり少しず

 

つ変わってきたそうです。

 

ある日ご主人が一人でイライラして言いたい放題で話しかけてくるので、隣の

 

部屋で無視していると一人でブツブツ怒っていたそうです。

 

しばらく様子を見ていたら「頭が締め付けられる、痛い!」と大きな声で言う

 

ので、具合でも悪いのかと思い、驚いて行ってみると

 

「俺が悪いとこうなるのか~」っと言っていたそうですが、

 

それ以来ご主人が少しずつ精神的にも穏やかに落ち着いてきたのでした。

 

後日、ご主人が「あの時は、まるで物語でいうことを聞かない孫悟空が頭に輪

 

をつけられるが、まるでそんな感じみたいで不思議だった」と話していたそう

 

です。

 

もともと感受性の強いご主人でしたから、いろいろ受けてしまうところもあり

 

ましたから、感情的になりやすくなったりしやすいことが多かったのです。

 

お参りにも行かれるようなってきて浄化できるようにもなってこられて、

 

守護の力も働いていたし、なにより一番奥様の思いがご主人を変えていくため

 

のパワーになったはずです。

 

持って生まれてきた心身は取りかえることはできませんが、どんどん修復して

 

いくことはできますし小さなことにも感謝としあわせを見つけ出していくこと

 

は先の道が次々に明るく照らされてくることになります。

 

*お話は変わりますが、新型コロナウィルスで春節以前より懸念されていたのですが、3月から休校や自粛営業が増えています。

マスクの品切れに、昨日はトイレットぺーパー類まで連鎖的に不安にされてしまいます。

日本は守られていますからご心配しすぎずに、きちんと手洗い消毒されて火を通した食物をたべるようにして大切にしてください。

完全な収束までには多少時間がかかるかもしれませんが、夏前にはおさまってくると思います。

石上神宮

社寺のお札はきちんと玄関から

早いもので師走も半ばすぎになってきました。

 

年明けには初詣に行かれる方も多いですが、

 

ご自宅に神棚をお祀りされていらっしゃる方は、

 

古いお札を神社にお返しして新しいお札をいただきますが、

 

一年間お家を守ってくださった古いお札は袋に入れて運ぶとおもいます。その

 

際にはお家の正面玄関から出るようにしてください。

 

 

新しいお札をいただいて帰ってきたときもそうしてください。

 

一年間お家を守ってくれるお札です。

 

きちんとお家の玄関から入り、玄関から出るようにしてください。

 

くれぐれも車庫の出入り口からとか、勝手口などから出入りされないように。

 

マンションでも脇階段を使ったりしないで、エントランスから入ってご自宅のお部屋に正面から入るように

 

してください。家を守ってくれるべき神札を大切にお家にお迎えして、そして

 

古いお札も丁重に玄関から家をでるようにしてください。

 

くれぐれもお家の玄関から入り玄関から出られますように。

 

ときにはお参りの順番も大切 龍神様

*ご本人のご承諾をいただいて掲載しております

A子さんは、龍神様にご縁があるお寺や神社を有名無名問わずに参拝されること

 

が多いのです。

 

あるときお仕事で地方にしばらく通うようになり、そこでの仕事がどうしても

 

トラブル続きで上手くまとまらないことばかりでした。

 

A子さんとお話ししていますと、いまお仕事で通っている場所も龍神様のご縁が

 

あるところでした。

 

数カ所を順番に参拝していただくようにお伝えしましたが、A子さんはその順番

 

の真ん中からいかれたら、次がわからず迷子になって帰宅したそうです。そし

 

て帰宅したら腰が曲がって普通に動けない・・・

 

ご家族に「おばあさんみたい!」と笑われ、

 

「後日あらためて行こうとしたとき玄関で足が動けないので、今日はきちんと

 

順番通りお参りします」と手を合わせると動けるようになったそうです。

 

 

無事に順番にお参りができて、その後のお仕事もトラブルもおさまってきたの

 

でした。

 

今回の参拝は龍神様の頭と胴と尾をそれぞれおさめていると言われているお寺

 

でした。

 

感受性が過敏な方はいろいろ現象が表面にでてくることもあります。

 

周りの人は普通だし何も感じなくてもご自分だけが変だとか、つらいなど感性

 

が違うことで悩んでしまうこともあります。

 

神社の夢をよく見るお子さん

 *事例はご本人のご了承をいただいて掲載しております


中学生の娘さんで、幼い頃から、

 

ご両親と神社やお寺にお参りする機会が多かったのですが、

 


この半年くらい、神社の夢を頻繁に見るようになったのです。

 


「でもどこの神社かもわからないし、

 


いままでお参りで行ったところにも、

 


似ているような、違うようなはっきりしません」

 


とのこと。

 


どこの神社へいきたいということでもなく、いままではご両親に連れられて行

 

っただけの感じですが、とても霊的な感受性が強いこの娘さんが自分で考えて

 

いかなければならない時期でもあります。

 


神社には行っても、

 


自宅の神棚は朝晩お参りしていますか?

 


自分で毎朝のお水は取り替えていますか?

 


出掛けて参ることだけに集中していませんか?

 


まず身近なご自宅のことから大事にして、

 


そうしてできたら、次のヒントがあると思いますよ。

 

 

加藤眞澄ホームページへ

調神社(つきじんじゃ)     <埼玉県浦和市>

つきのみや神社とも呼ばれています。
鳥居のない神社で、
普通は狛犬さんですが、
狛犬ではなく狛兎が両側にいます。

御祭神
天照大御神(あまてらすおおみかみ)
豊宇気毘賣神(とようけひめのかみ)
素盞嗚尊(すさのおのみこと)

御由緒
およそ2,000年前の第10代崇神天皇の勅命により創建。
伊勢神宮へ納める調物(みつぎもの)の
初穂を納めた倉庫群の中に造営されたため、

鳥居がないと伝えられているようです。

また、調(つき)の名が、月と同じ読みであるところから、
月の動物と云われた兎が神の使いとされ、
江戸時代は月読社とも呼ばれていたようです。

境内うさぎの手水舎
ほっこりしてしまいます。

七不思議といわれることだそうです

1. 表の参道に鳥居がない。
(境内へ伊勢神宮への貢物を運び入れる時に
邪魔になり鳥居を建てないことにした。)

2. 松の木がない。
(一説に弟神須佐之男命(すさのおのみこと)が
大宮へ出かけ、なかなか戻って来ないので
姉神の月読命(つくよみのみこと)が
「もうまつのはいやじゃ」といったのがその理由とのこと。)

3. 御手洗のひょうたん池の魚は片目になる。
(いまはひょうたん池はないです)

4. 狛犬のかわりにウサギ像が置かれている。

5. 日蓮上人駒つなぎのケヤキ。
(日蓮さんが佐渡へ流される途中、
難産の婦人のためこのケヤキに馬を繋ぎ、
祈ったところ男子を無事出産したので、
安産の守護神として今に信仰されている。)

6. ハエがいない。
(調神社の祭神が嫌うためとのこと。)

7. 蚊がいない。(ハエと同じ理由。)
「つき神社」だけに、
昔から「ツキを呼ぶ神社」として、
大変ご利益があると言われています。

境内のあちこちに置かれている
かわいいうさぎさんを探してみてください。

所在地: さいたま市浦和区岸町3
アクセス: JR浦和駅西口より徒歩10分