思いやり  感受性

友人や知人のために動いてあげても、まったくわかってくれない。思ってあげているのに大して感謝も言われない・・・

思うこと動くことは無償の配慮でもありますが、

ただこれが、「思ってあげて、とか動いてあげているのに」、となると押しつけになってしまうこともあります。その上、思ってあげて動いてあげているのに、まったく面白くないとなる可能性もあります。

友人でも、恋人同士でも、ご夫婦の間でも、それは人の満足度がそれぞれに違いがあるから仕方がないこともあります。

こう言えば、こう答えてくれるはずとこちら側ではそう思っても、相手は違う方向に考えていることもあります。そのときに「黙り込むことよりも軌道修正してくれるのは、よく話し合う」大切さです。

一人ひとり感性は違います。話すリズムも違います。理解する方向も違っていることもあります。もし会社なら独り相撲で怒るわけには行きませんから、とくに身近な大切な人とはよく話し合っていくべきです。話さずに我慢して独りでに苦しいストーリーが出来上がってすれ違って、しあわせが逃げていかないように・・・・・。

心を閉じ込めないように  感受性

大切な人と別れたとき、死別、離別、信頼していた友人に裏切られてしまったり心が痛む問題は経験されてこられたこともあると思います。

そういうときには本当に心が痛みますし、傷ついてボロボロになって「心の温度」がマイナスになってしまいます。

心の痛みに突き動かされて、永遠に続いていくような不安と経験したことのない壁ともいえる問題で、しばらくは心の自由が奪われてしまうこともあるかもしれません。

体は何とか動いても、「心が動き出せないがんじがらめの状態」になる場合もあります。

特に感の強い人は激しく気持ちが反応を起こされることもあります。感受する感覚がするどいために心の痛みが倍増しているようなものです。

例えば現実的なことでは、「注射をされてもほとんど痛くない人と、それなりに痛みを訴える人と、ひどく痛いと感じる人」といるように、注射は表面的なことに対しての反応がそれぞれ違うように、霊的感受性が強い人は、心の痛みが内面的に倍増されやすくなることもあります。

「悲惨なニュースや事件の報道を見ることができない」こともあるかもしれません。

ニュースを見ていたり、聞いたりすることで「つらくて心が痛くなってきてしまう」、「しばらく笑えなくなるくらい気持ちが苦しい」「他人事なのにどうしても心が痛くなる」こともあるのです。

感性が高くてやさしい人ほど傷つきやすく、また外部の影響も受けやすいものですが、それならば心が痛いから情報がすべて入らない生活ができるかというとそれも不可能です。

こころを閉じこめて考えないように、「思いの世界が見えないかたちで伝わることを信じて、たとえ言葉では伝わらなくても、やさしい思いの波長は空間をやわらかく包んでくれます」。

・鏡がこわいとき ・子供さんを愛すること

テンションが下がっているようなときには鏡で姿をみることもイヤで仕方ないこともあるかも知れません。

自分の姿を鏡でみることが怖い、鏡があるのが怖いと感じることがあります。

霊的な感受力が強い人は、鏡を直視できなかったり、恐怖感を持つことさえあります。

自分を嫌いだから鏡を見たくないと思うこともあるでしょう。見たくないと感じるのはご自分以外の霊的な存在が介入していることもあります。

単純にいえば、ただ鏡さえ見られないのはおかしいといわれてしまうこともあるかもしれませんが、

鏡の中に何かが映りだしてしまうような不安感が出る人もいます。

「自分が悪くてそういう状況になってしまうのだ」という恐れを抱いてしまわないように、

気持ちを落ち着けて、一呼吸してご自身の意識と目でしっかり「自分」の姿を自信をもって受け入れて映していくことです。

 

子供さんを愛すること

子供さんを育てていながら、どのように接したらよいのかわかない、愛し方がよくわからない、もしかして子供のことがきらいなのかもしれないとか考えてしまったり、余りにも子供さん主体の生活に偏りすぎてしまうこともあるようです。

ご自身を好きになれないという親御さんもいますが、

「ご自分の輝きに気付いていない」にすぎないのです・・・・。

ご自分の子供さんに対して、どのような態度をとっていくべきかと悩まれてこられる方もいます。「子供さんを愛していないのではなくて親御さんのほうが自分自身を大切に愛していない」こともあるのです。

自分を犠牲にして人のために何かをしてあげるということは良いことかもしれませんが、他人に対しても、もちろんご自分の子供さんに対しても、まずは自身を愛する気持ちがなくては、心から子供さんを支えてあげることは難しいのではないでしょうか。

子供さんに対してもただ抱きしめてあげることは、それ自体は温もりが伝わるでしょうが、親御さん側がご自身を好きでいられる心が子供さんには一番伝わっていくのではないでしょうか。不安な思いは子供さんは敏感に察知してしまうでしょう。

人は成長するにしたがって多くの人生の難門にぶつかっていきますし、たくさん傷ついていきながら成長をしていきます。傷つくことを恐れては人生を歩めないですから多少は仕方ありません。

子供さんもいずれは社会に出られるでしょうし、悩み傷つくことも少なからずあるでしょうが親御さんが自信をもって、つつみ込み心からの愛情と慈しみを充分に与えてあげることが大事なことです。

その暖かな愛情を受けて成長したならば上手に人生の波に対処ができるはずです。

特に今後の社会においてはとてもメンタル面での成長が重要視されてくる時代になってくることでしょう。

親子は育てながら育つことでもありますが、よき親としてご自分を大切に愛していかれることが先決ではないでしょうか。

愛をはきちがえて、あまりに他人を無視しての自己中心でも困りますが・・・・・・。

 

そして愛情は何かを買い与えることではありません。

何かを買えるお金を渡すことでもありません。

親が忙しくてもきちんと子供さんの心の状態を見守っていることが重要でもあります。

ゆったり広い空を見上げて、しばし瞑想、内面を大切にする、ほんの少しのゆとり時間はいかがでしょうか。まずはご自分を愛すること大切にすること

・人の悩みが重たく感じる ・水子さんのこと

人の悩みの中に気持ちが入り込んでしまう人もいます。例えば、友人や知人と話をして悩みやグチをこぼしているのを親身になって聞いているうちに、とても相手の感情や感覚意識に入り込みやすくなってしまったり、

ときには話している当の本人よりも気持ちが入り込んで、悩まされてしまうことになったりするケースもあります。単純に心配性で考えすぎではないかと思われますが、このような方はとても感受性が強く霊的な感性があることが多く、人の気持ちが伝わりやすいのです。人の世界も霊的な世界も思いの意識につながります。

一人に解放されたときには、気持ちを切り換えて深呼吸!

聞かされた悩みやグチを「吐き出して」新しい新鮮なやさしい空気を「吸い込んで」切りかえて、そしてお参りや森林浴ができたらよいですね。気を入れ換えていけますように。

水子霊さんのこと

水子さんのことを心配されている方も多いのですが、「水子の霊がうらんでいるとか、怒っているということはありません」。

純粋無垢な状態の生命でしたから、親がやむをえない理由で産むことができなかった事情に対して怒りを起こしたりすることはないのです。

ただし水子さんに一度も、思いも寄せてあげることもないような、自分だけが幸せになればよいという考え方では問題もあるかもしれませんが、少なくとも水子さんを気にかけている方の場合には怨まれるということはありえません。

現実世界に子供として産んであげることはできなかったとしても、お子さんには変わりありません。けれども一生涯とらわれて悲しんでいることも、決してよい影響をもたらすことはないのです。

本当に申し訳ないと感じられるのなら今後のご自分が幸せになるために前向きになることが大切なことだと思います。

後ろ向きで悲しんで、落ち込んで心を痛めている親の姿を見ることは子供としても心が一番つらいものです。

親が笑顔を与えてあげることで子供さんは安心して育っていくことができます。それは現実世界でも、天にいるお子さん(水子さん)も同じことです。

心の世界、思いの世界には終わりはありません。

申し訳ない気持ちで悩んでいる方もいらっしゃると思いますが、

心でその子を愛してください。心でその子を育ててください。

誰にも言わなくても思いをつなげること、忘れないことは供養なのです。その前にご自分自身を愛すること幸せになることを忘れないように・・・・・・・

夢もいろいろ 車に乗っているゆめ

車を運転して走っている夢をみたときには、どこを走っているのという事も意味をもちますが、普通の道路もしくは高速道路を順調に車が走り快適な運転ができているのであれば、人生の進むべき道が正しいことをあらわしています。

夢の中ですから、車の速さは現実的に走る速度とはまったく異なって「とても遅かったり、逆にものすごい速さで進んでいる」こともあります。

夢の中でスピードが速すぎる場合に、ハンドルを握るあなた自身と「車と速度のバランスがとれていなかったり、速すぎて怖い」と感じたとしたら、それはあなた自身が現実的な生活面においての焦りや、気持ちばかりが急ぎすぎることへの注意をうながしていることでもあります。

知人が見たある夢は、「車に乗っていて、本人は助手席に座り運転席では違う人が運転していて、楽しく乗っていたら目の前の小さな木にぶつかって、池の中に車ごと落ちてしまって、スゴく腹をたてている夢」をみたのでした。

落ちた車は何人かの手助けにより、池から上げられましたが、とても汚れていたのです。

この夢の中の出来事は、「車は自分自身と人生をあらわしています」。自分の人生のハンドルは自分が握って運転してかなければなりませんから、人任せにハンドルを預けていてはいけないということでもあります。

このような夢をみた人も思い当たることがあり、仕事も家庭もつい誰かがやればいいんだと、人に押しつけていた傾向があったようです。

腹が立っていたのは自分自身への注意でもありました。 車を池から出してくれた何人かの人は、霊的な守護を教えています。また実生活でも助けてくれる人たちもいます。

今回お話している車は自分自身をあらわしていますが、車がガイド役であったりするケースもあります。夢は精神的なしあわせへのメッセージでもありますから注意深く受け止めてみてください。

 

私達も霊的な存在です

私達も霊的な存在です

「霊はいるのかわからない」「わからないけれど知りたい!」「視えないから信じられない!」「でもお化けの話は怖い!」 怖いという感覚とか感情が出ているということ事態が、すでに心の奥底でその存在(霊的な)を知っていることの答えなのではないでしょうか。

人は経験したことに対しては、回避しようとか気をつけようとか、怖いとかを自然に防御しようとするからです。

例えば、歩いていて自転車が急に曲がってきてぶつかりそうになったときに、次に同じ場所を歩くときには「ここは危険だから注意をしよう!」というように記憶に残り、自然に回避しようと心がけるものです。

意識の世界においても同じで自然に心が動かされてくるのです。人として目で見えて、手にとって感じることのできない不安はあると思いますが、「霊という存在がいるのかどうかを知りたい」というように心が動かされてくるのです。

仮に「霊も何もあるわけがないから、知りたいと思うこともやめたほうが良いですよ」 と言われたらどうでしょう。それこそ考え思うことが断ち切られてしまいます。

「やはりそうなのか」と思う人もいるでしょうし、「いいやそんなことはない」と考える人といるでしょう。まさに感性の世界で精神世界は人間界に根付いてきています。

ご自分の心の奥底で知っているから受け入れたいと感じられるのです。

私たちは人間になって生まれてくるためには母親がいて父親がいます。

その前はどこにいたかを想像してみてください。

少なくとも人の姿では形ではなかったということは理解できます。

分子とか原子とか素粒子の存在です。みな同じく4次元の中で意識が漂いながら生まれてくるための準備をしてきたのです。

いまは3次元で生きて物事を判断している世界ですからとらえにくくなっているのは確かですが唯一自身の霊的な存在に意識が向けられるのは、「心の感受性」です。

霊の意識を心が感受してコンタクトをするようなものです。

心とか、考えることは人には脳があるから脳がすべてを司っているのだから、心なんて脳の一部なのだ。悲しくて泣くのも笑うのも感動することもすべて脳が動いているから成り立つんだと思う方もいるかもしれません。

確かに脳という存在は3次元に生かされるための物質的システムとしては肉体にとって大変重要な機能で多くを司ってくれるのだと思います。それを創りたもうたのは、ただ単なる進化だけではないはずです。話が前後してしまいましたが、ご自分の霊的な自由な霊性は心の奥に存在しています。時には考えずに感じることも大切です。

霊は、霊体そのものは私達すべてに備わっています。一番身近なのは心であり意識なのです。

何ごとにも一生懸命にやってみたがこれ以上考えられない、もうできることはやり尽くしたと、すべて詰め込んで考える事を離れてボーっとしたときに、よい名案や発想が生まれてくることもあります。自分の内的な世界からのしあわせなインスピレーションも逃さないように。

 

霊的な影響で二重人格のような現象

自分以外の人と接するときに多くの場合気を使っているものです。

たとえば朝、家族と喧嘩をした日でも学校や仕事場に行っても何事もなかったように、他の人達には挨拶をし、なるべく平静を装って普通の会話をするように心がけるものです。

一部親しい友人には愚痴をこぼすかもしれませんが、なるべく関係のない人には喧嘩やトラブルのことは話さないし、話したくないものです。常に心は感情のコントロールをしていくようにがんばっています。

ただ感情の起伏が激しく、感情をコントロールできなくなると抑えているつもりでも、継続してしまい、これではいけないと思う自分の気持ちの中にそれを否定するかのような感情が、「怒りであったり」「人を責めることだったり」「自分を責めることであったり」など

とめどなく気持ちの中に別の意識がいるような感覚が続いてくるときには、霊的な影響も受けていることもあります。

霊的なものの意識は人間がマイナス意識に陥ったときに入り込みやすくなります。

(意識や感情が動かされやすくなるような状態)

自分は二重人格ではないかと思うくらい、いつもの自分とかけ離れた感覚があったり、ただ霊の意識に操られてしまうと、自分の感情に戻りづらくなってしまい、人格が変わることもあります。

 

自分らしく

霊的に影響を受けている場合には、ご本人の意識に戻していかなくてはなりませんが、第一に理解していくには自分ではなくて霊的な影響(仕業)であることも受け入れることです。

意識の中で霊と自分の違いを振り分けて行かなければなりません。

精神的な病気といわれることにもかなり霊的な問題が関わっていることも多いのですが、霊的に違うものが入れ替わっている場合もあり、同じ霊意識(低級霊)が違う人格であるがごとくに動いている場合もあります。

ある人の場合には、常に不安と猜疑心がだんだん強くなってしまったり、極端なケースではまるで子供のようになってしまうこともあります。

「自分が思うことだから自分ですよね」と言われる方もいますが、感情や感覚意識にも霊は憑くということもあります。徐々に自分らしく変化されていくことを大切に考えています。

 

 

霊的な影響で二重人格のような気もち

自分以外の人と接するときに多くの場合気を使っているものです。

たとえば朝、家族と喧嘩をした日でも学校や仕事場に行っても何事もなかったように、他の人達には挨拶をし、なるべく平静を装って普通の会話をするように心がけるものです。

一部親しい友人には愚痴をこぼすかもしれませんが、なるべく関係のない人には喧嘩やトラブルのことは話さないし、話したくないものです。常に心は感情のコントロールをしていくようにがんばっています。

ただ感情の起伏が激しく、感情をコントロールできなくなると抑えているつもりでも、継続してしまい、これではいけないと思う自分の気持ちの中にそれを否定するかのような感情が、「怒りであったり」「人を責めることだったり」「自分を責めることであったり」など

とめどなく気持ちの中に別の意識がいるような感覚が続いてくるときには、霊的な影響も受けていることもあります。

霊的なものの意識は人間がマイナス意識に陥ったときに入り込みやすくなります。

(意識や感情が動かされやすくなるような状態)

自分は二重人格ではないかと思うくらい、いつもの自分とかけ離れた感覚があったり、ただ霊の意識に操られてしまうと、自分の感情に戻りづらくなってしまい、人格が変わることもあります。

 

自分らしく

霊的に影響を受けている場合には、ご本人の意識に戻していかなくてはなりませんが、第一に理解していくには自分ではなくて霊的な影響(仕業)であることも受け入れることです。

意識の中で霊と自分の違いを振り分けて行かなければなりません。

精神的な病気といわれることにもかなり霊的な問題が関わっていることも多いのですが、霊的に違うものが入れ替わっている場合もあり、同じ霊意識(低級霊)が違う人格であるがごとくに動いている場合もあります。

ある人の場合には、常に不安と猜疑心がだんだん強くなってしまったり、極端なケースではまるで子供のようになってしまうこともあります。

「自分が思うことだから自分ですよね」と言われる方もいますが、感情や感覚意識にも霊は憑くということもあります。

感受性が強くて気を溜めやすい

霊感の強い人で視えたり聴こえたりすることもありますが、霊感が強いということはとても感受性が豊でもあります。

人の多いところや喧騒が苦手で、普通は気にならない周波数をキャッチするかのごとく、気が落ち着かなくていたたまれなくなるという人もいます。

それでもやむを得ず人の多いところへ出掛けるときには深呼吸してかなり気合をいれて、やっと頑張っていく!人もいらっしゃるかもしれません。

ご本人にとっては大変なことで、辛い人もおられます。

頑張っても出かけられないくらい深刻なケースもあり、敏感すぎる霊感の気の流れを変えて浄霊浄化させていかなければなりません。

体と意識に「気」をためやすいので、意識は上に溜まりやすいといわれていますが、お部屋でリラックスしてすわり、深く息を吸って吐きながら頭の上から意識を徐々に下の方に下げて丹田(おへその下くらい)に気をおろすように呼吸されるだけでも違います。

また霊感の強い人で、ゲップやガスが溜まりやすい人も多いです。普段はそれ程でもなくても、霊的にきつい場所やある人と合うと極端にガスが溜まりお腹が張ってくることもあります。

霊的な気が溜まるようですが、それが浄化してくると楽になっていきます。

心身が違和感を整えようとしているのですが、このようなことも霊的な現象の一つでもあります。苦しいけれど一呼吸して「悪いものを外に吐き出して、新たな良い気を吸い込むように深呼吸して」何度か繰り返しながら呼吸から楽にしていってください。

嫌なことを思い出すと呼吸は乱れやすいですが、楽しかったことを思い出すと深く楽な呼吸がしやすいです。

その土地にいる地縛霊

地縛霊といわれるのは、ある場所からほとんど移動することなくその場に居つづける霊をいいます。

亡くなったあとも心残りが多すぎてその場から意識が離れられなくなるのです。「生まれ育って暮らした家が好きで離れたくないという気持ちがあったとして、しばらくはそこから離れたくないという感覚」だと思うとわかりやすいと思います。

ここまでなら地縛霊といってもいずれ自然に浄化されていくことのほうが多いのです。

ですが、「欲や思いの強すぎる地縛霊がいる」ようなところでは、人がその場所に近づいたり、もしくは住まうようなことになったときに、新たに住み始めた住人を邪魔者扱いにするように現象を引き起こしてくるケースもあります。

お化けの姿でも出てはっきりわかれば理解しやすいですが(実際にそのようなこともありますが)、そういうことだけではない場合もあります。

住み始めてから家族の関係が徐々に悪くなったり、トラブルが続いたり、精神的にバランスが崩れてしまうこともあります。

霊の仕業でもありますが、彼ら(霊)は意識で存在しているために、人の意識に影響を及ぼしてくるのです。不幸の連鎖を引き起こして楽しんでいる霊もいます。

霊と呼ばれる意識は、人の心の過去に捉われているマイナスな部分に入り込んでくることが得意です。

時間が経つのがとても遅く長く感じる

一日が過ぎるのがとても長く感じる方もいます。

何もしていないわけではなく、

仕事も家事もしているのに、

1時間は過ぎたと思って時計を見ると

まだ20分しか過ぎていなかったり、

時間感覚がため息が出るほどとても長く

具合が悪くもないのに疲労感がでてしまう。

つまらないと思うことは確かに時間が遅く感じることもありますが、

それとは異なり、霊的な影響がある場合に、

時間感覚が遅く感じることもあります。

いつもなら早く感じられる時間が、とても長く感じてしまったり・・・

現世にいる私たちは動いた時間が過ぎていきます。

けれども人間界にいつまでもとどまっている霊は

亡くなった時間がほぼ動かない状態です。

過去の時空間に意識がとどまった状態で思いが止まっています。

そういう霊が人に影響したり、波長が合ってしまったときに、

感受性が強い人は霊的影響を受けてしまうこともあります。

浄化させていくためには、波長が整う場所に行かれることも

必要ですが、なるべく落ち込まないようにすることです。

自分だけがどうしてなのだと、マイナス意識になってしまうと

なかなか離れてくれないこともあります。

 

感受性が強くて過敏になりやすいこともあります

感性の鋭い人は先々を感受しやすくて、どのようなことが起こっていくのかが直感が鋭く働くことも多いと思います。

感覚の鋭さが良きことに使われているときは危険回避が出来るのです。

けれども感受性が直感を無視して悪い方へばかりに意識が向き始めてしまうと、

もともと感性が鋭い人は悪いほうにばかり想像力が働きすぎて邪気を呼んでしまうこともあります。

邪気を呼び込むと、人から言われた一言さえも自分を責めてくる言葉に聞こえたり、

自分もまた異常なまでに妙に心が萎縮してしまい。だれかれの思惑ばかりが気になってしまうこともあります。

それがひどくなってしまうと霊的に憑かれてしまうことにもなります。

霊的には感性が高く純粋無邪気な心の持ち主の人がそういうことにもなりやすく、

3次元の世界だけですべてを理解することがつらさが増えるだけのことも多いのです。

「自分だけが会社の人たちから嫌われているのがつらい」などと思ってしまったり、誰かに言われた気がして振り向てみても誰もいなかったり、・・・気配だけ感じることもあるかもしれません。

霊的な現象で声が聴こえてくるということもあるのです。

また感受性が強い人は、家の近くで工事が始まったり、建て替えや取り壊しの時などに、住み慣れた家でもとても落ち着かなくて不安定になってしまうこともあります。

周囲に家が建ったり土地を掘り起こしたりしていると一時的に気の流れが乱れてしまうことを敏感に察知してしまうこともあります。

神社や気の流れが気持ちよいと感じる所へ行かれて気を整えていくことも大切にしてください。