卵食べたいとばかり言い出した子供さん

*事例はご本人のご了承をいただいて掲載しております

卵食べたい

30代のご夫婦が住んでいる家は親の代から受け継いだ土地と家ですが、

ご夫婦とも家に帰ると「暗くて重いような感じがするなぁ」と思っていたそうです。

 

私もご相談を受けて、ここの土地は水神様を祀っていたことがあるので、ご縁のある神社へお参りに行かれるように伝えて、ご夫婦は弁天様へお参りに行かれたのです。

 

弁天様のお使いが竜神様でもあり水神様にご縁があるためでした。

 

家の暗さはかなり良くなってきたのですが、しばらくすると子供さんが日ごろはあまり好きではないはずの卵をしきりに食べたがって、卵焼きでも目玉焼きでもゆで卵でも、

 

「なんでもいいから卵が食べたい食べたい」ということで「どうしましょうかと?」聞きにいらしたのですが、「しばらくそのまま好きなように食べさせておいてください」と伝え霊的に交信してもそれしか返事がないのです。

 

なんだか食べたほうがいいという感じでした。

 

一ヶ月ほどして、母親が弁天様のお礼参りをしていないことを思い出し、生卵を一ケースお供えしてお参りをしてきたのです。

 

それからぴったりと、子供さんのタマゴ食べたいは止まったのでした。

 

龍神様のお供えの一つに生卵があります。

 

今回はその意味もあっての卵、卵騒ぎもありましたが、しばらくは子供さんが食べたいようにしたほうが良いと感じたのはなんだったのかと思うと、

そのころちょうど子供さんはしばらく体調を崩して食欲があまり進まないときに、それも卵食べたいという状況でした。

 

だから食べたほうが良かったのと、当然食欲が下がっていたので卵のような陽性の食べ物が必要だったのだと感じます。

 

偏りすぎてはよくない頃に卵をお供えすることでとまったのです。

さまざまなことがこの世の空間で自然はつながりをもたらしています。

天と地とのあいだに生きる毎日を大切に

加藤眞澄ホームページへ

嫁いびりをされてきたお姑さんの葬儀には行きたくない

*ご本人のご承諾をいただいて掲載しております

 

A子さんは、30年前に結婚して子供さんにも恵まれて、一見普通に暮らして

 

いる主婦の方が、ご主人のご両親(義父母)とははじめから別に暮らしてはい

 

ますが、結婚してまもなくのころから、ご主人の実家で親戚が集まっている場

 

で嫌みをいわれたり、台所を手伝っていると、義母の妹が「ぐずぐずしないで

 

早くして!」と言いながら、腕や背中を小突いてきたり、それを見ていた親戚

 

が笑ったり・・・2度3度どころか、常に親戚が「嫁いじめ」のような状態

 

で、ご主人は何も言わず(台所は見ていないけれど)、常にご両親の味

 

方・・・・

 

それでも頑張って、親戚の集まりにはなるべく手伝いに行ったけれど。3年す

 

ぎた頃から、まったくつき合いをやめたのです。

 

ご主人だけときどき実家に帰るくらい・・・

 

A子さんいわく、「さんざんいじめられたから、義父母が亡くなっても葬儀も

 

行かない」とのこと。

 

そう言いながらもA子さんは、まだ考え迷っているのです。

 

この時点で散々に悪態をついた義父母さんは弱り、親戚もすでに亡くなった方

 

もいます。

 

義父母も自力では動けないほど年をとっていました。いまは当時の面影さえな

 

いようにおとなしくなっていたようです。

 

このまま恨みを引きずってしまうよりも、もしものときにはこの家に縁のあっ

 

たお嫁さんとして、葬儀には出られた方が良いと思います。そうお伝えしまし

 

た。

ご自身はできる限り心をつくされてその気持ちを受け取るか受けとらないかは

 

相手の勝手です。

 

その無理をしてみることで、ご自分が受けた恨みつらみを、手放すことも出来

 

ます。

そうでないと、のちのちまで心の中で、怒りや恨みを、引きずってしまうこと

 

も多いのです。

 

考え方はそれぞれですが、相手に伝わらないことでも、ご自分は道理を通せる

 

ことがなによりも大事なときもあります。

加藤眞澄ホームページへ

どこにも水漏れもないのに腕に落ちてきた水滴

*事例はご本人のご了承をいただいて掲載しております

Aさんは自宅でくつろいでテーブル上のコーヒーカップに

 

手を伸ばしたときに、手の甲に一滴の水が落ちてきたのでした。

 

「コーヒーでもなければ、天井から漏れているわけでもない」

 

湿度が高いわけでもないし、

 

おかしなこともあるものだと思ってもそれ以上のことはなかった。

 

今度は数日後にトイレに入っていると、腕に水滴がおちた。

 

トイレの天井も調べても、湿気もないし水漏れもまったくない。

 

Aさん気がついたのは、数年前に義父さんが池と井戸を埋めたときに

 

何のお祓いもせずに埋めて、

 

その義父さんはその後数日高熱で寝込んでしまった。

 

ご家族も体調を崩してしまい、ご相談を受けたときに、

 

しばらくの間、毎月池と井戸があった場所の

 

お清めをしていただくことをお伝えしていました。

 

それをついうっかり忘れていたときに起こった現象でした。

 

きちんとされてから治まりました。

 

家を建てるときに地鎮祭も行いますが、

 

土地もそれぞれたくさんの歴史をもっています。

 

土地をさわるときには

 

きちんと礼をつくされることは大切なことです。

加藤眞澄ホームページへ

霊感の強い子供さん

*事例はご本人のご了承をいただいて掲載しております

幼い頃に、大人が見えないものや人(霊)が見えることはよくあります。

 

大人になってそれが徐々に薄れてしまうことも多いのですが、疳(かん)が強

 

すぎて夜泣きなどに悩まされる親御さんもいます。

 

子供は常に親御さんの影響や環境を映し出している場合もあるのは確かです。

 

霊が見える子供さんに対しては、否定的にならずに「あ、そうなの」と自然体

 

で受け止めてあげておくことのほうが良い結果にもなります。

 

ただし霊感の強いお子さんは見えるだけではなくて、「霊的な意識が感情に入

 

りこまれやすい」のです。そのためにときには必要以上に我を張って、わがま

 

まになりやすいこともあるかもしれません。

 

わがままになりやすい傾向があるのです。

 

親が何度も何度も注意しても、いうことを聞かないようなときには、

 

しっかり「悪いことは悪い、 我がままを言っても出来ないことはできない」

 

ということをしっかりと、子供さん本人に教えていくことも大事です。

 

教えていくことでしっかりした意思と意識が出てくると、ものの捉え方

 

受け取り方をしっかりと覚えていくようになります。

 

霊にも感情が左右されにくくなるでしょう。

 

*しかし躾けや、良い事悪い事を教えていくことは言葉でしっかり伝えてあげることです。

 

10年、20年後のお子さんへの内面のプレゼントです。

加藤眞澄ホームページへ

物を無くす

*ご本人のご承諾をいただいて掲載しております

・物をなくしやすい

A子さんは忙しくて、心そぞろで

 

集中していないときに、

 

大切なものをどこに入れたか、わからなくなるのです。

 

職場で大事なものを無くしたり、大騒ぎして探したらみつかったり、2、3日

してから見つかったり、

 

繰り返してします。

 

A子さんは、仕事でもいろいろな場所に行かれたり、多くの人とお仕事をするの

ですが、相手の気も受けやすく、

 

おちつかなくて心ここにあらずという時や気持ちがどよ~んと重たくなってし

まったりしやすいのです。

 

そんな気が乱れやすくなっているときに、

 

物が本当に移動していることがあったりするのです。

 

職場でも不思議がられることも多く「A子さんのデスクの上に確かに置いたのに

無かった?」と言われて、

 

デスクの中を開けたら中に入っていたり・・・

 

誰もさわっていない・・

 

A子さんはこのような続くときには自分自身の気が乱れている時だとわかってい

 

ますから、瞑想したりお参りしたり、平常心を心がけるようにしています。

 

感受性が強い方は、霊的な感覚も強いですが、気が乱れると現象的なことが起

こることもあります。

 

穏やかなよき日々でありますように。

加藤眞澄ホームページへ

自分の周りが敵ばかりに感じることも

ご自分がいつも人の意識を受けやすかったり、人の感情をすごく感受しやすく

 

て人に疲れてしまいがちなこともあるかもしれません。

 

感受性が人一倍強くて、頑張って仕事に出て働いてきても非常に疲れしまうく

 

らい、感性が強すぎる方もおられるかもしれません。

 

それからいつも自分の周りに敵ばかりになってしまうと感じることの中に、霊

 

的なことを感受してしまうこともあります。

 

始めは人の面倒をみてあげるのと、感謝もされたりして良い関係であればいい

 

のですが、相手の霊的な気を受けやすくなってしまうこともあります。

 

独りでいることが非常に解放感と自由でいられるようにリラックスできる時

 

間・・・

 

緊張しやすい方は呼吸も浅くなってしまいがちで、体も張りつめてしまいがち

 

です。

 

仕事のちょっとした休憩でも深呼吸をしてリフレッシュしながら次の仕事の続

 

きをがんばりながら上手くご自分のコントロールを心がけていかれますよう

 

に。

加藤眞澄ホームページへ スピリチュアル

元気なのに 池を埋めてからいろいろ

*事例はご本人のご了承をいただいて掲載しております

Aさんの子供さんが熱を出し、母親がさわると体が異常にあつく子供さん本人も「あついアツイ」と言う。数時間もすると熱が下がり元気に遊びだす。翌日も熱を出す、半日もすると治まる、熱が出るおさまる。

 

その都度に病院にも連れて行くけれど、「検査をしても何の問題もありません、先生も首をひねって苦笑い」 何より熱が高い何時間だけはお子さんがグタ~ッとするものの、すぐに元気に回復するのですが、あまりにしょっちゅう繰り返すので相談に来られたケースがあります。

 

不思議現象といわれる中でも、家を建て替えたり井戸を埋めたり、池をつぶしたりしたことで、災いのように熱を出したり腰が抜けたようになってしまったり、妙な夢を続けてみることがあったりというように霊的な作用で問題を起こす場合と、環境の変化に敏感な人は土地の変化に反応したりすることもあります。

 

先ほどのケースはお子さんが熱を出したりおさまったりが極端に出ましたが、どうもご相談をいただいた時点で感じられるのが、この家の土地のことでした。よくお話を伺うと最近お庭の池を祖父さんが埋めてしまったらしいのです。

 

そこでこの子供さんの父親に池の跡をお清めしていくように話、早速お清めをした日に今度はこのご主人がすぐに腰は痛いし、熱は出るし・・・・・でお子さんと似たような状態になったようです。

 

数日でおさまって来られたようですが、やはりはじめは感受性の強い、そして無邪気なお子さんが親の代わりに表現をしてくれたようです。

 

加藤眞澄ホームページへhttps://www.dimension-shin.com/

霊的なことでもいろいろな感受性

感受性や霊感が強い人の体験では、霊の姿をみたり光や影を感じたり、人に見えないものが視えたり感じとられることもあります。
かといって見えていない人に伝えても怖がられるか、気のせいじゃない?と言われてしまう。

 

視えたりすることに関しては言わないでおけば日常的にはそれで済むでしょうが、それ以外の自分の内面である感受性が強い部分はかなりうまくコントロールされなければ、バランスがとれていかないことがあります。

 

自身のコントロールがしずらいというのは、霊的な感覚がほとんどない人から言わせると精神的に弱いからだといわれることさえあります。
つらいですよね。

 

かといって感覚が鋭い人同士でも感受性が強すぎてぶつかってしまうこともあります。最近はこの感受性が強すぎてという人も多くなってきました。
霊が視えることに関しては意外と自然に受け止めている人も多いのですが、視えるよりも感覚が鋭く受け止めてしまうこともあります。

 

対人関係や人との感情問題、それも相手はなんとも思っていなくても、自分が人と話していたり社会と向き合って生きているはずなのに、ものすごく不安感とか、あるいは相手の感情が入ってくるような感覚に捉われてバランスを欠くこともあります。

 

心の状態を霊的に感受してしまうような、心が定まらない状態の人が多いですね。
全体の乱れをすばやくキャッチしてしまう人が増えている気がします。
弱いのではなく、やさしく感性が豊かなのです。

 

そして影響を受けやすい自身を受け止めて強めていかれることも大切です。

 

とりあえず、ひと呼吸してください。常にひと呼吸はとても大事です。

 

3次元に生きる自分と4次元に生きる自分の意識と心を守りましょう。

加藤眞澄ホームページへ

人も霊やお化けも意識でリンクされていることも多いです

霊といわれる存在を視えたり感じたりする人も多くいます。
見えなくても聴こえなくても、人の感性や意識の中に入ってくることもあります。
その中でも生きることを助けてくれる、あるいはその人の人生を影ながら守っていくために守護の意識が働きかけてくることもあります。(善き働きかけをしてくれる存在)
けれども逆に、人の意識の中にその人以外の守護とは異なった、霊の意識が入り込むこともあるのです。
通常はそれが良いか悪いか自分自身の考え方と、心の中で振り分けて判断できる状態ですが、あまりにも霊的な意識が強く、幾重にも連なっているような場合には、人の感覚が気づかないうちに徐々に取り込まれて感覚意識が、自分なのか自分ではないのかが上手に判断できなくなることもあります。
はじめのうちはなんとなく変だなと違和感を感じることも多いのですが、意識が捉われてしまうと、人の気持ちが奥底に閉じ込められてしまったようになってしまい、内面の自分自身の気持ちが身動き取りにくくなり、まるで自分ではない「何か」に意識を使われてしまうような現象も現れてしまうこともあります。
自分の体も心も魂も自分のもので自分自身でなければならないはずですが、その支配権をまるで誰かにコントロールされてしまったような感覚が出てくることもあるのです。
よく霊的な現象を起こされて、自分ではない自分の中の意識に悩まされてしまうケースがありますが、これは俗に霊に憑かれたともいわれます。
ここで「霊とかお化け」とか言われている不浄仏霊のことをご説明しますと、人は体を失い物質的には「死」を迎えたことになり、肉体は無くなり霊体の存在になりますが、通常は多くの場合、しばらくしていくと霊体も肉体と共にいたころの感覚としがらみから開放されて、いわゆる霊界に戻っていくことになります。
けれども何らかの理由で生きているときの「思い」が強く残り、肉体が終わったことに気付かないでいたり、気付いてはいても「思い」があり過ぎるがために、この世に「意識が強く残る」こともあります。
もちろんそれにはそれ相応の理由があってのことではあります、「悲しみ」「恨み」「苦しみ」「恐怖感」「裏切り」「執着心」などなど、心の悲哀が幾つもいくつも重なり「霊体と意識が強くこの世に残ってしまうのです。
そういう霊に影響されて長いこと続いてしまうと、人も霊も幸せなことではないですし、いつまでも何処にいてこれからどうしたら良いのかもわからなくなってしまうこともあります。
そういう意識に入りこまれてしまうと人は落ち込んでしまったり、自分自身の感覚が鈍くマヒしているようになり、自分の前に自分でない意識が立ちふさがってしまうこともあります。
霊という存在は私たちよりももちろん過去には人として生きて、しかし確実に「存在していた」。過去においては人です。
けれども亡くなってから、思いの意識を残し続けてこの世に残った時点から人間ではありません。しかも霊界にもいかず、霊体にもなりきれていませんから意識が彷徨ってしまうことになります。
思いの残ったままの意識が、現在を生きている人の意識に影響されてくると時間の感覚にズレが生じてくることもあるのです。
霊といわれる意識存在は、亡くなった時点から時間が止まってしまった状態でもあるのですから、過去になくなったときの状態、時間の空間のまま、あまり動いていないようなものです。
人間世界でも、例えば5年前に嫌なことがあって、そのことを思い出すときに過去の時間に戻ってしまったような独特の感覚があるようなことです
お話は少しそれますが、霊的な影響を受けやすい人はときには「自分は霊的な影響を受けてしまうと、自分自身の過去のあった嫌なことばかり思い出してしまい、何時間もそのことを思い出して、何時間も捉われてしまう、過去のせいにしてしまったり、人のせいにしてしまうことから気持ちが抜けられなくなったり」そういうこともあります。
強弱はあるもののこのような傾向はあるものです。
けれど人は誰もがいろいろな記憶を持っていますから、マイナスな出来事も、楽しいプラスな出来事も経験しています。
ただどこまで自分を責め続けるのか、あるいは過去の出来事を払拭しようとするのか、前向きに考えようとするのか、自分以外の意識と向き合い自身の心の主導権を取り戻していくのかが、一つの課題でもあります。
ときによって自分との戦いでもあります
そういう影響を受ける人が悪いのでもありません
そこに居座る意識の霊たちが悪いのでもありません
苦しみや恐怖が長すぎてしまったのです
不安に苛まれてしまうために、人を責めてしまう
自分の存在を見出したいためにも人をせめてしまうこともあります
霊的なお仕事していると、過去の戦国時代の状況や因縁が出てくることもいまだにあります。
そろそろ古き出来事の因縁が断ち切れてくる時代ではありますが、今しばらく残っています。
けれどもこのままでは不幸なことがリンクしていくことは避けていかなければなりませんから、お互いに出来ることを模索していかなければならないのではないでしょうか。
時間が気になったり、昼も夜も関係なくなったりさまざまですが、ひどくなるとおよそ通常の感覚意識が当てはまらないことにもなります。
そしていま人の社会は精神的に大きく変わろうとしていますし、霊的な世界そのものも変化しています。霊界にいかれない「思いの意識が強く残る霊たちの世界でも」おそらくその変化を感じ取ることはできているはずです。
供養されていかなければならないことは片付けていかなければならないですし、浄化されていかなければなりません。
そして同時にそういう影響を受けてしまわれた方ご自身も、ご自分の状態に気付いていかれることも大切なことです。霊であろうと人であろうと自身の意識と体(肉体も霊体も)であることが真理につながります。

 

加藤眞澄ホームページへ

 

家の外から自分の悪口を言われるように聞こえる

*ご本人のご承諾をいただいて掲載しております

家の外から自分の悪口を言われるように聞こえる

A子さんは新築の一軒家に住み始めてから、家の外で歩いている人や立ち話をしている人たちが自分の悪口を言っているときこえるのです。

「この家の奥さんはおかしいんだ」「ほんとだ」などと話が聞こえるのです。

夜中でも道路を通る人が外から私のことを話しているのです。

「ああこの家の奥さんか」と言っている・・・

ご主人に話しても、何も聞こえないしおかしなことを言わないでくれっ!と家の中までおかしなことになってしまったのです。

そのうち遠くへ外出していても

「あの人がA子さんか」と言われた声が聞こえて、何度も振り返ったりしたそうです。ご自分でも本当に聞こえているのかおかしくなってしまったのか?と考え込まれてしまいご相談にこられました。

どうしてもお家のお住まいの土地が気になって仕方ありません。

いまは住宅地になったそうですが、近くには古墳があったり歴史のある土地柄でした。

少しずつ土地を造成されていくうちにもともと祀られてきた、小さな石だったり、昔は大事にされてきた神聖な場所が無視されてきたことも原因の一つでした。霊的な怒りもあったのと、気がついて来るように感受性の強いA子さんに訴えてもきたのです。

お家のお庭を大事に清めて、何度土地の氏神様をお参りをして、自宅にお祀りしていただくようにしました。

悪く言う声はおさまってきました。

ただとても感受性の強いA子さんは霊的に背負い込みすぎてしまうと声のようなざわついた波長を受けやすかったり物をなくしやすくなってしまいがちです。

感受性が強い方は疲れもためすぎないように。

でもA子さんのように聞こえなくても、この方が聞こえたように誰に対してもあまりよい感情を持つ霊ではないので近隣全体が疎遠になりやすいこともあります。

加藤眞澄ホームページへ