すぐに腹が立ってしまったり とてもイライラしてしまったり

 

家庭でもご家族に言われた一言で腹が立ってしまう

仕事でも何かにつけてイライラしたり、

常に何か問題点が出てきてイライラしやすくなる方もいます。

 

気持ちの優しい人が多く、自分でもどうして腹がってくるのか

とにかくイライラがおさまらなくて苦しい。

 

ご家族とは言い合いもしても、職場では感情を抑えるようにしているかもしれません。

とても気真面目で自分の仕事はきちんとこなし、

その代わりダラダラ仕事をしている人をみると腹立たしいこともあるでしょう。

 

人にも厳しいけれど、自分にも厳しい方が多いです。

そう言うとおそらくそんなことはありませんと否定されるかもしれませんが、

自分でもできないことやミスがあったりすると、

いつまでも自分を責めてしまったり、

 

どうして気がつかなかったのか、

みんなに迷惑かけてしまったらどうしよう、

悪く思われていたらどうしよう・・など

気になってしまう人が多いかもしれません。

 

そうするとますます気持ちのおさまりどころがなくて

自分に腹立っているところへ ご家族兄弟に何か言われたとたん

腹が立つ出来事が起こってしまうかもしれません。

 

ご自分をもっとリラックスして、

過ぎてしまったことをクヨクヨせずにそして自分自身にも腹を立てずに、

やさしい自分を取り戻すことが大事です。

 

お参りなども気を変えてくれます。

心地よいと思うところは人によって違いますが、

ご自分がここと良く感じられる神社へ参拝して気を変えることも一つの方法です。

 

お部屋でお香を焚くなど(火の気には細心の注意を)も一つの方法です。

好きな香りと、お香の小さな煙に心が落ち着きますようにと気持ちを込めて願うこと。

すべての出来事が自分を育ててくれるための必要な出来事だったのです。

 

どう捉えて前向きに進んでいけるのかで次の出会いも変わっていきます。

感受性が強い方は仕事はあればあるで忙しすぎて大変で

辞めたくなるほど自分を追い込み過ぎてしまうので、限界を感じやすくなります。

 

パニックにもなりやすいし、

すべて背負い込まないでできる所からこなしていきましょう。

一呼吸、深呼吸、心と魂は連動しています。

 

本来の魂はとてもピュアであり日々の雑事に追われ過ぎると

ゆっくり感じとることもおろそかになりやすい。

腹が立つことやイライラして

相手に乱暴な思いをぶつけることもあるかもしれませんが(特にご家族には)

嫌なことばかり、腹が立つ、ムカつくの思いだけでは心が疲れてしまいます。

 

できるだけ元気が出る言葉を使う事も心がけていくようにしてください。

ありがとうございます。感謝しています。楽しい。可愛い。うれしい。

しあわせ(小さなことでも)

生かされて美味しく食べて生きることはとても幸せなことでもあります。

 

言葉には言霊があります。 言葉の力、 エネルギーです。

たとえ思っていなくてもよい言葉を口に出してみてください。

良きエネルギーに満たされてきます。

 

今日もありがとうございました。

 

寒川神社(神奈川県高座郡寒川)

 

クレーム対応のお仕事 体調を崩さないように

ご本人の承諾を得て掲載しています

お仕事頑張っているAさん

ある会社のクレーム対応もしなければならないため

 

日々急がしく働かれているAさんは、

 

「もうとても疲れ果ててしまって、体の細胞がこわれるくらいの

クタクタになってしまう事だってあります」

 

例えばクレームの電話をまず聞いていると、

 

クレームなのでもちろん文句を言ってくる。

 

怒ってくる。怒鳴ってくる。挙句の果てには〇鹿、〇ね、などといってくる人

 

もいるので気丈なAさんもマイってしまうのです。

 

それでも仕事なので投げ出すわけにもいかない・・・・

 

かなり体調を崩しやすくなっていましたから、

 

会社からほど近い神社へ毎日行くようにもお伝えして、

 

毎朝お参りしてから仕事に行くようになってから

 

体調を崩すようなことは減ってきたとのこと。

 

クレームの内容は製品だけのクレームでおさまらず多岐にわたって

 身の上相談のようにご自分の辛さを訴えてくる人もいます。

クレーム対応の方には何を言っても良いと勘違いしている人がいますから大変です。

 

それからクレームで嫌なことを言われて気分も悪いでしょうが、

電話を切った後に心の中でいいですから、

「もっと穏やかになりますように」「しあわせな気持ちになりますように」「笑顔が戻りますように」「ありがとう!」といってください。

 

思いつく良い言葉を投げるようにでも良いですから、心の中でとなえてください。

 

まだ気持ちの中はこちらも腹が立っていると思います。

 

あるいは責められてネガティブな気持ちになっていると思います。

腹が立つ波動のままでもよいです。

言葉には言霊がありますから

それが新たに波動を整えてくれます。

 相手にもご自分にも波動が伝わります。

 

そして中和してくれる力でもあります。

例えば「腹が立つ!」とかいう気持ちでいるとご自分もつらいままで終わってしまいます。

 

中和されずに破壊されてしまわないように、

 

よきしあわせ言葉で中和されて穏やかでありますように。

 

 

 

パラレルワールド マンデラエフェクト

 

パラレルワールドは現在の世界と並行世界に

 

同時に存在していると言われています。

 

マンデラエフェクトは多数の人が思っていたことが、

 

事実とは違っていたり、そうだと聞いたはず(確かに聞いた)のことが違っていたり・・・・

 

マンデラエフェクトというのは一般的にはある会社の社名が

 

多くの人が確かに変わったと思っていたら、変わっていなかった。

 

亡くなったと思っていた有名人がお元気だった。

 

確かに報道で聞いたのに・・どうして

 

自分はまるで異なる世界のことのように思う事もあるかもしれません。

 

世界線が交差しているように

 

日常の些細なことでも、

 

相手の言う事が違っていたりすることもあるという方は

 

約束事などはすぐに書き込んでおくことです。

 

すべてではなくても自分の勘違いかと思ってしまったり

 

または相手が勘違いしているのではないかと思う事で

 

ごまかし納得していこうとすることも経験されてきた方も多いと思います。

 

ちょっとした行き違いだから仕方がないと

 

すませておくしかないと心に納めている方もいらっしゃるかもしれません。

 

私も何度か経験しています。

 

「あれ言っていることがまったく違う」

 

「10名ほどいた集まりのときに、

次回これをやりましょうと言っていた人が

まったく違う事をやろうとしている、

しかし他の人はなんら疑問を生じていないこともありました」

 

自分だけがその一瞬時間軸がずれていたような感じです。

 

ある習い事の話をしていた時には、その日にちを相手がいっていたときに、

 

返事をしながらも、なにかおかしいなという感覚があったので

 

数日後に確認すると案の定相手の人は全く違う日にちをいうのです。

 

事前に確認してしっかりメールに残しましたら大きな問題にはなりませんが、

 

こうなるとどちらが勘違いかという話になってしまいますが、

 

大きな支障はないのですが、

 

あれっ あれっということが起こってくることもあります。

 

感性の強い方はパラレルワールドを

 

様々な形で経験されてくることも多いかと思います。

 

 

 

とても 感受性が過敏な方

 

自分はいない方がいい。

つらいことを思われていた方がいました。

 

みんなに嫌われている。

 

どうせ自分なんかダメだと思われている。

 

自分がいない方が、世の中がきれいになるのではないか・・・

 

追いつめてしまうとつらいですね

 

また特別なことで悩んでいるわけではなくても、

 

不安になったり落ち着かないような

 

イライラ感などが

 

突き上げてくる状態で疲れてしまう方もいます。

 

あるいは本当に些細なことでも、もちろん多少のきっかけはあるにしても、

 

「手が痛いから何か病気かしら」

 

「家族がご飯をおいしいといってくれないから」

 

「そっけない返事をされたから何か悪いことを言ったかな」

 

などとても気にし過ぎてしまう事もあります。

 

ものすごく悩んでしまったり不安になったりする方もいます。

 

ご自分でもなんでもないことに不安を感じてしまう。

 

精神的にとても人の評価が気になりやすくて、いろいろ

 

過敏になりやすいかもしれません。

 

しっかり自身のこころや魂と

 

向き合っていかれることが大事です。

 

些細なことがとても大きく感じとれてしまいますから、

 

なるべく良いことを

 

大きく感じとられる方向を見出していくことが大切です。

 

良くないことは思いからなるべく手放して・・・・・・・

 

何度も思い出したら何度も繰り返して手放していくことです

 

落ち込むとご自分の元気が低下してしまいます。

 

悪いことばかりを思い出したり、

 

悲しんでしまうと、体調も悪くなってしまいます。

 

ご自分に元気をもらえるところに出かけてみることも

 

エネルギーを満たしてくれるのです。

 

どこって?決まってはいません。

 

人によって違うからです。

 

例えば

 

おいしい食事だったり

温泉だったり、 山 海、花

映画だったり、 旅行だったり、

神社だったり、

 

ご自分が元気になれるところはその時によっては違っているからです。

 

天に向かって呼吸するだけでも、「気」が満たされることもできます。

 

ご自分に元気をもらえるところに

 

余談ですが私は薬にも反応しやすくある種類の薬で手や足がすぐにしびれたりすることもありました。医師に伝えても2回や3回であり得ないと笑われてしまう事もあります。

それ以来は西洋薬でなく漢方薬を飲むようにしています。

 

 

おまいりを邪魔されているのでしょうか?

 

気の良いところであれば神社やお寺は

おまいりにいらしていただくこともありますが、

ある方が神社の鳥居の前についたときから、

急に足が重たくなって、ようやく本殿に歩いていくと、

今度は参拝前にそばに誰もいないのに、

 

持っていたバッグを叩かれたように感じ、

 

首もとを引っ張られたりする感じがあって、

 

「ようやくお参りしたけれど、

 

誰もいないのに霊が依ってきたのでしょうか?

 

おまいりを邪魔されているのでしょうか?」

 

と不安でご連絡がきました。

 

これまであまり神社へ参拝したことがなかったため

 

とても不安になってしまったようでした。

 

これは霊たちの存在が、

おまいりに行くことを受け入れて喜んでいるものと、

畏れて受け入れがたい霊がいますから、抵抗をするのです。

 

はじめのうちは多少は仕方がありません。

 

ある方はお寺にいかれたとたんに、門前で足が止まってしまったり、

足がなまりのように重たくなってしまう人もいます。

 

霊的な反応を受けやすい方はこのような体験をされてしまいがちです。

 

そのためにも。浄化できることが必要です。

 

今後、何度かおまいりにいかれると、

だんだん落ち着いてきますので心配ありません。

 

自信をもって、

これだけ反応しているということは、

内在していたということでもありますから、

おもてに出て浄化していきます。

 

神社やお寺は気の流れを整えてくれるところですから、

気持ちがよいと感じられるところは出掛けてください。

 

 

真清田神社(ますみだ神社)愛知県一宮市

夢か現か誰もいないのに鳴るチャイム、電話

 

新しくマンションに移り住んだ方が、

 

寝ているとゴトゴトと天井から音がする、

 

壁もピシッ!パシッ!と夜中に寝ているとうるさい。

はじめは慣れない所で、上階の人や隣の人が夜に
物音をたてているのかと思っていたら、
そのうちに玄関でピンポーンとベルが鳴る気がする、

 

気がするというのは、

 

ご本人が寝かかっているときなので夢か現かわからない

 

寝ようとする起こされるように・・何日か繰り返される

今度は眠っているとけたたましい電話のベルの音で目が覚める、
電話をみても着信履歴には何もディスプレイがない、「夢か・・・・・・」。
同じ事が続くということで私のところに相談にこられたのでした。

「夢か現実かわからないような感じで、音に悩まされているのです。

 

それに毎日が寝不足でまいっています
周囲のイタズラかと見張ったこともありましたが違いました。」

 

霊査すると、周囲にお寺が多かった場所のようでしたが、
急速な土地開発により
かなりお寺などが縮小されてきたようです。

 

もちろん今のような立派な建物ではありませんが、
墓地もあったのは確実でした。

 

「霊」にしてみると頼れる場所がなくなっても
その場に留まっている状態です。

 

ラップ音などは霊は壁もドアもすり抜けていきますし、
動きがあると反応しているようなものです。

 

電話やドアの音は

行き場がみつからない墓所もなくなり、

それでもいまだ現世から離れられない。

部屋のお清めもしていきました。
後日ラップ音もなく、落ちついてきたのです。

 

人はいつか自然に死を迎えます。

それにともなって肉体を離れて
霊的な(スピリチュアルな世界)に移行していくのですが、

その狭間でこの世への未練が残ると
しばらくはまだに限界に留まることもあるのです。

 

護王神社(京都)

 

日々の生活の中にも霊的なメッセージが満ちています

 

ご自分には霊的な感覚がないと思われている方がいるかもしれません。

 

その感性は誰にでもあるものですし、

 

私たちは日々感覚が研ぎ澄まされているから

 

危険を回避して毎日を暮らせてもいるのです。

 

守護もされています。

 

そして日常の何気ない事にもメッセージはあふれています。

 

朝目覚めたときにも一番で頭に浮かんだことも大事にして下さい。

 

例えば今日は実家に連絡してみようと思ったら

 

後回しにしないで連絡してみたり、

 

たいした用事はないかもしれませんが、

 

つながりはおろそかにしないことです。

 

現実的なことも霊的なこともつながっています。

 

友人知人と会話したりしているときに

 

相手のひとことがとても気になったり・・・

 

何気なく手に取った本や雑誌、

 

目にしたり、耳にした言葉に

 

一言がとても気になって自分も気をつけておこうとか、

 

街で目に付いた広告や言葉が

 

心に印象的に残ることもあります。

 

それはご自分にとって意味のあることが多いこと。

 

何度も同じようなことが気にかかるときには

 

自分にとって必要とすることが含まれていて、

 

守護からのメッセージでもあります。

 

日々日常の中で、

 

心に浮かび伝わることにも大きな意味が含まれています。

 

小さなことも大切に見逃さないように

 

カルガモ親子

焦っても苛立っても逃げても仕方がないとき

 

私が若い頃、霊的なこととは全く違う仕事をしていました。

 

人間関係の問題、家庭の問題、

 

これからのことなどで迷いや悩みを抱えていたころなので40年も前になります。

 

家にいても大通りが近いため車の音が気になって落ち着かず、

精神的にも滅入ってくるのでたまには環境を変えて2,3日ホテルを予約して

リフレッシュして仕事へもホテルから通う事にしようと思ったのでした。

 

そのころはこのような霊的な仕事をするべきかどうかも

とても悩んでいました。

 

精神的にどうしても追い込まれてしまう事が立て続けに起こっていましたか

 

ら、とにかく少し気を変えようと思ったのです。

 

ゆっくり旅行をしている日にちはなかったので都心のホテルを予約して静かな

 

部屋で、ゆっくり眠りたいと単純な考えからでした。

 

予約したホテルは部屋も広くて静かですっきりしていたのでリフレッシュでき

 

ると安心して早めにベッドに入りました。

 

怖いお話ではありません。

ベッドに入りウトウトしかかると部屋の電話が鳴り、

半分寝ぼけて電話に出てみると「間違えました」と切れました。

 

小一時間後にまた電話が鳴るので出てみるとまた「間違えました」と・・・

 

これではゆっくり眠れない、

休まらない・・・・あまり眠れないままの1泊目になってしまいました。

 

さて2泊目の夜は、今日こそゆっくり休めると思って眠りにつきました。

眠れるー

と思いきや、

深夜にドアノブがガチャガチャと誰かがあけようとしているのです。

 

そしてすぐにドアがドンドンと大きく叩かれて、

おさまったかと思うとまたドンドンと叩いている。

 

ドアもガチャガチャ開けようとしています。

 

時計を見ると深夜1時過ぎ、びっくりしてフロントに電話をしてすぐにホテル

の人がきて廊下にいた人を連れて行ってくれました。

 

連絡がきて「先ほどの方はご宿泊客でお部屋を間違えられていました。

申し訳ありませんでした」と報告してくれました。

 

対応はしっかりしてくれたのですが、

さて気分転換どころではなくなった私は、この二日間で起きたこと、

日常から逃げてきたつもりが、間違え電話、

部屋間違えが続けて起きたことで、逃げて逃げられるものではない事、

 

素直に考えて間違えているという事が一つのヒントでもあるのでしょう。

 

焦っても苛立っても逃げても仕方がない。

迷いを捨てなさいというメッセージと思えたのでした。

 

これまでの仕事も辞めて霊的なお仕事も始めていくための時でもありました。

本当に転換期や変わり目には様々な形で知らせが訪れることもあります。

 

ご自身の生きるための方向性が見えてくる時でもあるときは、

大変なことをかかえているときもあるかもしれません。

 

できるだけポジティブに考えを進めてみることも大切にしてください。

 

 

亡くなった方の思い出を思うことはご供養です

 

親しい方を亡くされることはとてもつらいですが、

あとから後からもっとやってあげられたらよかった、

 

もっと話しもしたかった、やさしくしてあげるべきだった。

きりが無いほど思いが湧いてきます。

きちんと看護なさって見送っても、

 

多くの方がそういう気持ちにもなります。

時間が経過してくれば、思いがあっても

 

それ以上は出来なかったことを納得して落ち着いてくるものですが、

何年間も引きずってしまう思いは、つらすぎますし、

 

亡くなった方もつらくなって後ろ髪を引かれる思いになってしまいます。

誰にでも寿命がきたら亡くなるときはきます。

年齢は関係なく寿命は人それぞれ違います。

若くてもご年配でも生まれ持ってきた寿命は異なるのです。

 

コロナ禍では、病院で会えないままに

 

お別れをせざるを得なかった方もいらっしゃいます。

 

いたし方ない状況下でわかってはいるものの

 

最後くらい立ち会ってお別れをしたかったこととお察しいたします。

 

それでも心が悼んでどうしようもない時には、

故人との生前の思い出の楽しかった出来事や旅行の思い出、

会話、おいしい食事など 

心が和んでくることをたくさん思い出してみることで

故人とつながりやすくなります。

 

どうぞご自分を責めるようなことをされませんように

 

 

 

山の旅行から戻ってから不安定

ご本人の了承を得て掲載しております

山歩きが趣味のAさんは2日間、トレッキング旅行から戻ってから、

いろいろなことが起こりはじめたそうです。

 

穏やかなAさんがとてもイライラするようになった。

寝てばかりいるし

いつもは几帳面なAさんが、

 

小さなものをなくすことが何度もある。

 

部屋でラップ音がするようになったり、

 

誰もいないのに人の声が聞こえるような感じがしたり、

 

うっかりミスが続く。

体が重たい・・・

 

どこか具合が悪いというのでもなく、いつもの元気の気力が出てこない。

友達と出掛けるのが大好きなのに、鬱陶しいと感じはじめた・・・・

そういうことでのご相談でした。

 

山のトレッキングで山道を間違えてしまい

 

30分ほどで引き返す事ができたのですがその時に空気が違うような

 

違和感を感じたそうです。帰り道も重たい感じがしていたとのこと。

 

山では霊的遭遇も多いのですが、

Aさんの感受性が霊たちにとっては

救いの輝きにみえたので憑いてきてしまっていたのです。

 

浄霊したところ、Aさんの体の重さもとれていきました。

今後山へ旅行へ行かれるときには、

必ずお守りをもっていくことを忘れないように

 

感受性が強い方はとても頼られやすかったりもしますから

 

外出から戻られたら、お香を焚いたり アロマの香りで清めたり

 

体にため込まないようにしてください。