思うように生きられない 生きづらい

ご本人の承諾をいただいて掲載しております

人生でなかなかすべてが思い通りににはいかないものですが、

 

ご自分はいつも思うように生きられないと悩みを抱えたAさんのご主人は、

 

「いくつか事業もやってきたのですがことごとく失敗し、人に話せば自分のしていることを否定される。家族には理解されない。いつも精神的に追い込まれてしまったり、金銭的に苦しめられるのです。どうしたら良いのかわからないのです」そういう悩みをおもちでした。

 

ご家族に理解されないのは借金をつくるたびに、奥さんのAさんが働いて返していたのです。

 

そういう内容にはそれぞれの原因がありますが、

Aさんのご主人、は新しい仕事の話があると、霊的に取り憑かれたように相手の話に乗ってしまい、後先を考えられずに進んでしまいがちでした。

 

何故か冷静さを失い奥さんであるAさんの言葉もご家族や親しい人の助言や忠告も耳に入らないで邁進してしまう。

 

その結果勇み足で借り入れた借金だけが残るという事が何度もありました。

人への思いやりも欠如してしまい当然自分自身へも思いやりをもてなくなってしまうという悪循環です。

あらたな仕事の話がくると今度こそという気持ちばかりで冷静な判断もなくしっかりとリサーチもせずに進めてしまう。

 

このご主人は霊的な影響も強く先祖の守りも弱かったので、きちんとご先祖供養と神様をお祀りして、守りを強くしていけるように整えていただきました。

何度かお会いして浄霊もしていきました。

 

そして今後考え方を極力変えて一人で決断せず奥さんのAさんと話しあい借金はしないことと遅ればせながらご家族や人への思いやりと

十分な配慮の上で今後を生きることを大切にすることで幸せを見出していかれることを重視していただくことをお話ししました。

 

ご本人も「わかっていながら焦りばかり出ていたので今後は地道に進んでいきます」と自戒の念をもってお話しされてあらたなことに身勝手に話に乗らないようになってこられました。

*このご主人の場合には先祖代々のお墓も遠いのでしばらく行かれていなかったのですが、

良い機会なので、改めてお墓参りをご家族で行っていただきました。

 

このお話とは違い余談になりますが、

最近若い人たちの中で、ご両親の出身を知らない人もいます。

祖父母さんのこともほとんど知らない。

ご両親が何らかの理由で実家と疎遠なのでしょうが、どこの出身であるのかくらいは教えてあげておいてほしいものです。

ご先祖のお墓もどこにあるのか知らない人も多いので、すぐに行かれることはできないとしても、どこにあるとかくらいは教えて伝えておいてください。

ご先祖のお参りをしてきたことで良い守りを得られたり、気持ちが落ち着いてこられる方も多いです。

良き日々でありますように

石上神宮(奈良県)

ゆっくり解除

長引くコロナ禍の中で、お仕事が短縮されたり、

リモートワークで自宅仕事に変わってきたり、

またお仕事の内容によっては出勤しなければならない人もいます。

普通どおりでも、昨年から続くコロナ禍はいつもの人の流れを変えています。

夜は飲食店もほとんど閉店で、

これまでは当たり前の日常がいつもと違います。

友人と楽しく外出もできず、見えないストレスが溜まってしまいがちで、

社会の気が滞りがちですから、気が晴れないと感じている方もいらっしゃると思いますが、気鬱にもなりやすいです。

 

一生続くわけではない状況だということをあらためて考えていただいて、

 

お元気に頑張っていただきたいと思います。

ご自分だけ追い詰められた感覚で責めたりされないように。

悩みも一人で抱え込まないように、人に話を聞いてもらうなど心の内をお話しすることも必要です。

話しても解決できないことでも、気持ちを外へ吐き出すことであらたな気が入ってきます。

苦しいことも多いですね、聞いてくれる人もいてくれたら幸いです。
もうすぐ自粛解除にはなってきますが、世界中が大きな変わり目にきています。

ゆっくり日常が回復されていきますように。

 

お守りが身代わりになり守ってくれることも

神社やお寺でいただいたお守りは持っているだけで安心できますし、

守られていることに意識を向けることもできます。

身につけていたお守りが切れたり、

いつの間にか無くなったりしてときには身代わりの役割もあります。

知人の女性が車の衝突事故に遭ったときに、

相手の車が自分の方へ向かってくるときに

車の内側の運転の邪魔にならないところに、

付けていたお守りが落ちたのをハッキリわかったそうです。

車が衝突する前にお守りが先に落ちたのです。

女性は軽傷ですんだのですが、

避けられなかった事故の中でも守られたことを強く感じられたそうです。

お守りが壊れたり無くなった時は身代わりでもあります。

より良き日々でありますように

自分だけついてない、運が悪いな

自分だけ

人と同じことをしていても自分だけが注意を受けたり、叱られたり目立つ・・

言い訳が下手なのか、逃げるのが下手なのか・・・ではないのです。

一見自分はツイていないと思えるようなことが、同じようなことをしていた周りの人や友人たちより先に注意を受けて「気づかされる」のです。

 

それだけ気づきは人間性も霊性も高めてくれることになります。

 

人より先に欠点に気がつかされ、悪いこと修正していかなければならないことを早く知らされるのです。

 

それでも、自分だけが悔しいとかついていなかったといつまでも思い続けていると、いつまでも立ち止まっているのと同じように、せっかくの修正するチャンスを後回しにしてしまうことにもなってしまいます。

 

周囲の人たちよりも目立って注意を受けることは、いち早く心と霊との浄化ができるチャンスでもあるのです。

 

酒気帯び運転で捕まった人が「何でっ自分なんだ!!あっちもこっち皆酒飲んで運転してるのに自分だけが捕まるんだ!ほんと運が悪いわ!」と怒りまくっていては、まさに反省なしの気づきなしになってしまいます。

 

運は自分の気持ちが前進し、内面の自分を見つめていける感性のバランスが整ってこそ開けてくる世界でも有ります。

 

ついてない、運が悪いというだけでは片付けられないくらい、悪い事が度重なるときには霊という邪魔な存在が介在していることもあります。

 

霊的感性が強い方でも感じ取る特徴が様々に異なっているものです

霊の姿が見えたり

陰のような気配だったり

電化製品や強く吹く風から声が聞こえたり

他人の気持ちの中まで感じ取ってしまったり。

人の表の意識と心の中の意識がちがっていることを思うといたたまれないですね。

それでもそういうことをはっきり言うことも出来ませんから大変です。

そういう感受性であるということ、一人で悩んで、感じ取ることは仕方ないけれど、

出来るだけ気にしないように気持ちを切り替えようと意識を高めていかれることです。

それに感受性が強いだけに、先にいろいろ察知していますから、

かなり危険なことを免れていたりしますから、悪い事ばかりではありません。

 

他の人が感じないことを受けとることが出来たのは、

その相手には裏表があるから気をつけようとも思えます。

早く気づくことが出来るとポジティブに捉えることも大切です。

ただ感受性が非常に強くてご自分で疲れてしまうこともあるかも知れません。

それにもし霊的に聞こえてきた声や言葉が、

ご自分を卑下したり横暴なものでしたらあまり良いものとは言えません。

取り込まれないように注意して、
高めていかれることも必要です。

まずはリラックス
軽く目をつぶって、

ゆっくり深呼吸を繰り返してから、
ご自分の眉間の上

(おでこの真ん中あたり第三の目といわれるチャクラ)に

意識をおいて、はじめは小さな玉を想像して、なれてきたら、

だんだんその玉が輝き光が出てくるイメージで集中していかれることで、

波動を変えていくこともなさってみてください。

 

見える世界から見えない世界へ意識の向上

 

とても静かに、けれども急速に見えない世界の動きが変化してきていることに

 

気づいている方も多いと思います。

 

鋭い感覚を持っている人は明らかに見えない何かを感じとっているでしょうし

 

感受性が強くて純粋な人は目には見えないし非常に表現しにくい不安にかられ

 

て、言葉では説明のしがたい感情に動かされてしまうようなこともあるかもし

 

れません。

 

まるで得体の知れない何かがわからないまま、心がこもりがちにもなってしまいます。

 

魂の世界に気づき始めた人が陥りやすい傾向でもあります。

 

霊的な世界(スピリチュアル)が変化を起こし始めています

 

決して悪い変化ではありませんが、怖く不安定な感覚に襲われるかもしれません。

 

変化が起きているのは自分の中にありながら目には触れることのない魂の世界、

 

自分の奥行きの世界ですが、確実に現実界とのつながりがあります。

 

自分の根源の世界でもあります

 

その世界が変わりつつあると言うのは今までは現世の肉体と魂の世界は

 

感覚で言うならば、少し離れた位置で存在していたような感覚のところがありますが

 

肉体も魂もより同一化されてくることになります。

 

霊的な世界も今までは特殊な人しか受け取ることのできなかった世界観だと思われていたことが

 

広がってくることになり、見えない世界のことが想像でしかとらえることができなかった状態から、

 

それぞれの人が直接に感じ始めていく世界に変化して行きます。

 

いきなりすべてが変わるのではありませんが、

 

ゆっくり上昇していくように気づきが起き始めてもいます。

 

このコロナ禍のステイホームが多い中、

 

生き方をいろいろ考えさせられたと思いますが、

 

ご自分を見直していくための時間にならざるを得なかったかもしれません。

 

今回のパンデミックを繰り返すことがないように意識や霊性の向上が高まったみなさんが、

 

国作り地球と共存をより一層、大切にされて行かれることでより進化されて行かれます。

 

とはいえ生きるというのは小さな問題にも悩まされることもあります。

 

つらいことが起こってしまうこともあります。

 

つらいときにはご自身が心地よいと思われる情景を浮かべたり、

 

音楽を聴いたり波動を変えていくことも必要です。

 

余り辛すぎるとそういう事さえできない時にはだれかに話してみることです。

 

ひとりで抱え込み過ぎてしまうと荷物が重くなり過ぎてしまうので

 

抱え込まずに解放されて行かれますように。

 

神社のご分霊(お御魂)

ご本人の承諾を得て掲載しています。

全国の神社やお寺まいりをよくいかれていた方が、

 

神棚のお札は毎年決まった神社でいただいていました。

 

ご祈祷も毎年していたのです。

 

ある年にその神社でお御魂(ご分霊)をいただいてきたそうです。

 

それでその方の経営する会社でお会いしたときに見せていただいたのですが、

 

 

きれいな朱の布に包まれていました。

 

不思議なことにそのお御魂がデスクの上に置かれていました。

 

「神棚に入れないのですか」とお聞きすると

 

「会社を守ってもらうためにいただいたから自分の部屋(社長室)がよいと思ってということでした。

 

会社の神棚は従業員さんがいる所に祀っています。

 

神棚に納められた方がよいとお話ししたのですが、

 

なかなか頑固な社長ですから、その日はそこまでの話しになりました。

 

2、3日後に私が見た夢の中で、その会社のデスクが現れて、

 

そのデスクの真ん中から太い光の柱が天に向かって光が伸びていました。

 

神柱です。

 

お御魂(ご分霊)の光です。

 

翌日さっそくその社長にお話しして「ご自分のデスクではなく、

 

皆さんを見守ってくれる神棚にお納めしてお祀りしてください」とお伝えして

 

無事に神棚におさめていただいたのです。

 

その社長は自分以外大事に出来ないのではないかと思ってしまっていたようでした。

 

ただ私が夢で神柱を見たころに社長も息苦しい圧迫感を感じていたようです。

 

 

必要なところに必要なものをきちんとおさめることは大切です。

 

 

 

神域の石を持ち帰ってから

ご本人の承諾を得て掲載しています。

神様のお祀りが地域地域で盛んな所に生まれ、

 

霊的な経験も多い女性が、

 

あるとき その地元に住む知人といかれ参拝してから、

 

神様をお祀りしているすぐ近くの海にでて、とても綺麗な石が沢山ある

 

 

岸壁で、知人が手のひらサイズの綺麗な石を女性に渡されたそうです。

 

「みんな持っていっているから大丈夫よ」と押されるように渡され、

 

 

 

「神様をお祀りしている周辺の石を、

もっていってしまっていいのかしら?」

 

そう思いつつも勢いに押されて、

 

けっきょく関東の自宅に持ち帰り、大切に置いていました。

 

ただその後の日常生活でとても気になることが続きました。

 

水道の調子が悪かったり、

 

お風呂の排水が詰まったり、直してもらってもまた流れが悪くなったり、

 

なにげない物事の段取りがスムーズに運ばないことなど・・・・・

 

気になるとしたら持ち帰ってきた石!

 

なんとなく気になっていながら、粗末にはしていない、しかし・・・・

 

この女性は元々神様をお祀りしていたお家に生まれ育ってこられ、

 

今も地元を大事に、神様のことも大切にされていますし、

 

石を持ち帰ってきたあたりのことも神聖な場所であることも知っていたので、

 

「やはり持ち帰ってはいけなかった。

 

地元に帰るときにまた海にお返ししましょう」ということになりました。

 

それまではお塩を盛って大事にしまっておいていただくことになりました。

 

この女性は神様をお祀りし大切に守られる役目もありますから、

少しでも神聖なことに対しては反応が強かったと思われます。

 

神様からのメッセージでもあったでしょう、

 

普通は観光に行かれて、

 

小さな石など持ち帰ることもあるかも知れません。

 

もしもその後に問題など起こるようでしたら、

 

再度気にかけて見直してみてください。

 

※別のお話し
20年以上前にNHKの取材班が某有名な神社へ取材に行ったときに、

神社でお祓いと禊ぎをして無人の島まで渡り、

無事に島の神社の取材を終えて帰りの小舟が穏やかな海だったのに急に揺れたそうです。

島からは「一木一草たりとも何も持ち帰ってはいけない」と聞いていたため取材班は何も心当たりがないが舟は揺れる・・・

再度確認してみると、一人の靴の底に島の草が絡まっていたのでそれを取り除いて、海に戻したところ舟の揺れがおさまったという話がありました。

守られるべきことは大切に。

 

加藤眞澄ホームページへ

何度も同じような夢をみることも  

 

夢をみる中でときどき似たような夢をみることがあるかもしれません。

 

人によって内容は異なるでしょうが、

 

どこかへたどり着かなければならないけれど、道を探していたり、

 

急に暗いドームの中に入り込んで行ったり、

 

探し物が見つからないで夢の中の自分がひどく困惑していたり・・・・

 

人間的な生活では支障をきたしていなくても、

 

このような夢を頻繁に見る方もいます。

 

夢は現実界と霊界、魂の世界をつなげているために、

 

自分自身の魂の約束事を思い出させられるのです。

 

そういう夢から目覚めたときに、気持ちがスッキリしない、

 

自分がやるべきことがある気がするが、わからない・・・

 

この生き方でいいのだろうか?と

 

その都度に考えさせられてしまうかもしれません。

 

それは夢で通じていることですから、

 

必ずやらなければならないことにいずれたどりつくことも出来ます。

 

霊的な示唆を受けているのですが、

 

3次元に波及してくるまでには(人間の成長もふくめて)

 

多少の時間がかかってきます。

 

霊的な自分と肉体的な自分とがバランスととれたときに

 

現実的にもはっきりしてくるのです。

 

焦らずにいま出来ることを片付けて進んでください。

 

これからの時代は幸せを構築していくべき時代でもあります。

 

ご自分に否定的にならないで、自分を大切に

 

 

霊に匂いはありますか

 

霊を匂いで感じることもあります。

 

なんとなく気配を感じたら、

 

タバコの煙のそばを通ったわけでもないのに匂ってきたり。

 

私が以前に自宅で母親と亡くなった祖母の話をしていると、

 

お酒の匂いがしていたことがありました。

 

家にはどこにも置いていません(母親もまったくお酒は飲まないので)

 

いますごくお酒の匂いがするというと、

 

母が「亡くなったおばあさん、お酒が好きだった・・」

 

と言うのです。

 

さっそくお酒をお供えしたことがありました。

 

皆さんも、気のせいかとも思うようなこともあるかもしれませんが

 

霊がそばを通ると独特の匂いを感じる方もいます。

 

敏感な方は、誰かの噂話をしているだけで匂いを感じる方もいます。

 

また、私の知人の亡くなった祖母さんの3回忌の法要の日に

 

親戚の人たちが集まり、お寺で僧侶がお経を読んでいる間に、

 

お寺の本堂ですから何も食べ物は置いてないのに、

 

焼きたてのケーキの匂いがしたそうです。

 

それをご家族がはっきり「おいしそうなケーキを焼いている匂いが

 

ずっとしていた」と話したそうです。

 

亡くなられた祖母さんが生前、ケーキを焼いて

 

おもてなしをすることが大好きだったようで、

 

祖母さんが法要に集まってくださった方々にご馳走したかったのでしょう。

 

いろいろな話がありますが、

 

匂いというのも人の思いも分子に乗ってくることも考えられますが、

 

頻繁に霊や匂いが気にかかるのでは

 

何らかの霊的な影響を受けやすくなっているかもしれません。

 

※霊的な匂いにもさまざまありますが、悪臭が強く感じられたりするのは、浄化をしていく必要があります。

 

 

加藤眞澄ホームページへ