車を変えてからいろいろと起こったこと

 

あるご夫婦のご主人が車の購入の際、

 

一人で新車を見に行かれていきなり契約してきたのです。

 

奥さんは当然一緒に行って相談して決めるものだと思っていたのに

 

ご主人はすでに購入し手続きされてきたそうです。

 

その車をご主人が運転して間もなく自宅の駐車場で、

 

少しこすっってしまったり、

 

大事にはいたらないものの、

 

なんとなく小さなトラブルが多いのです。

 

奥さんが見ていても

 

「この車になって、主人の運転が荒くなっている、危ないと思う事が増えた・・」と感じられていました。

 

それでも事故もなく守られてきましたし守ってくれた車でもあります。

 

車は昔で言えば、人の足になってくれる馬にも例えることがありますが、

 

あえて言うならちょっとじゃじゃ馬な車がきたような状態です。

 

ただこの車でなくてはならなかったのは、

 

このご主人の過去世にも一つの理由がありました。

 

お家も武士の家系ですが、前世もまた武士でした。

 

何度かお会いしてご本人も納得して気づきがはじめたところで、

 

過去につながるやり残したことのために、

 

お参りや懐かしい場所へ行かれたり、

 

時には古戦場跡などもご夫婦で回られたりしました。

 

出かけるためにはこのような個性的なこの車が必要でした。

 

そしてあえて言うなら、この気の強い車だったからこそ

 

かなり大変な場所にも頑張って行くことができたり、

 

無事に帰ってこれたという捉え方もできます。

 

霊的にはそういう意味もあってこの車(馬)を

 

選ばれたという事でもあります。

 

そのためにもこの車は必要だったのです。

 

※もちろん車会社はあえてじゃじゃ馬をつくろうなどとは思われていません。

あくまでも性能の良い日本車です。霊的に例えるとそういう感覚であるというだけです。

最近ではご主人も「なんとなくこの車と相性が合わないような、どうして選んでしまったのか」という感覚もお持ちのようです。

 

そう感じる緊張感のような感覚が働いたことで感受性が強い方にはきつい場所へも出かけられたと思います。

 

この次に車を購入するときには、

奥さんとご一緒に選ばれて納得のできる車選びになると思われます。

穏やかな日々でありますように

 

 

鶴岡八幡宮(鎌倉) 旗上弁財天社にて 白鳩

 

電話のノイズなど 霊的な介在

 

ある方と携帯電話で話をしていると、

ものすごい雨音か砂嵐のような雑音と、

ブチブチ途切れてしまうこと、

ときには電話が完全に

切れてしまうこともあるのです。

 

また相手の方にこちらの声が

まったく聴こえなくなったりなどなど・・・

 

ただの電波異常でないことがはっきりわかるのは、

霊的な核心を突くお話しになったとたんにおこるのです。

 

例えば出張などのお話をしているときに

お家の場所を伺っているときなど

急に雑音が激しくなったりするのです。

 

霊も磁気を帯びていますから、

人の話を聞きながら霊たちの感情が動き出すと

エネルギーが集中してくるように、

 

言葉ではなくエネルギーで

答えがかえってくるようなこともあります。

 

霊的な介在にはいろいろありますが、

電話が切れてしまうようなときには、

マイナスエネルギー(負が多い)に満ちています。

 

不浄仏霊の固まりだったりします。

もしもみなさんがどこかに行かれたりした後など、

 

友人同士でも電話で話しているときに

そんなことが続くようなら、

神社かお寺へ出かけて参拝してください。

 

それほどひどくなければ、

それで波長が変わりますからおさまってきます。

 

気持ちの良い神社かお寺で、心から手を合わせて気を整えられると良いです。

 

鹿島神宮(御手洗池) 茨城県鹿嶋市

 

他人に対して敵か味方で判断してしまう

 

人が怖いとか視線が気になってしまうという

 

感覚が強い方もいるかもしれません。

 

例えば新しい職場でも人に対してこの人は自分にとって、

 

敵かな味方かなと考えてしまいがちになりやすいと

 

いつも緊張感にとらわれやすくなってしまいがちです。

 

あるいはひとたび敵だと思ってしまうと、

 

その人に近づくのさえ嫌で、

 

それが態度や顔に出てしまう事になってしまいます。

 

感受性が強い方はどうしても

 

霊的な感覚も鋭いので霊的な気配にも敏感です。

 

ご自分は見えないしわからない方でも、

 

何か違和感があると自然に回避していたりできることが多いのです。

敵か味方という気持ちで

 

人をある意味「仕分け」してしまう感覚が強い場合は、

敵か味方の判断は戦いで思うようなことです。

性格も明るい方なら

敵味方で見るよりも苦手だと感じた人とは感性で

自然に当たり障り無くお仕事でも進められるはずです。

それでも敵か味方と判断しがちな時には

 

背後に霊的な邪魔がいる時があります。

 

あるケースでは守ろうという気持ちが強い霊の場合もありました。

 

守ろうとする真摯な気持ちは残っているのですが、

 

不成仏霊でした。

未だに戦いから守ろうとしている気持ちが

色濃く残ってしまっていたのです。

過去からの意識が残像エネルギーのように残っていましたから

 

霊的にも対処して意識も変化していくことで

 

敵味方の判断が和らいできます。

 

調神社(つき神社)埼玉県さいたま市浦和区

 

毎日掃除してもどうしてもきれいになった気がしない

 

掃除が好きで毎日きちんと掃除をして、

 

拭き掃除から掃除機がけもしたにもかかわらず、

 

何故だか掃除をしてもスッキリしない。

 

それどころかまだ汚れているのではないかと思うような感覚。

 

それほど神経質ではないのにもかかわらず、

 

掃除してもきれいになった気がしない

まだどこかほこりがあるような気がする・・・・、

 

気の流れが悪かったり、霊的な影響があるようなときには

 

このようなことを感じる方もいます。

 

対処の一つとしてお部屋の4隅にお塩をおいてみてください。

 

もしお塩が見えるとまずいようでしたら、

 

紙か封筒にお塩を入れて4隅に置いてください。

 

アロマなど心地よい香りで満たしておくこともよいです。

 

ご自身が落ち込んでいるときなどもそうですが、

 

霊的なものを感じたときに、

 

お掃除をしてもすっきりしないこともあります。

 

掃除とは反対に片づけられなかったり、

 

ものをため込んでお部屋が物置のようになって

 

しまっているようなところは、

 

気の流れも悪く波動がよくないので

 

負のエネルギーがたまりやすくもなってしまいます。

 

ネガティブ思考になりやすくいつもスッキリしないままの

 

悪循環にもなってしまいます。

 

出来る限り無駄なものは手放して、

 

心地よい空間にされていることは

 

良い気の流れを生み出してくれます。

 

鞍馬寺(京都府)

 

 

自分の存在を否定しないように

 

仕事でうまくいかなかったり、

 

自分個人だけの問題ではないことでも

 

感受性が強い方は自分が悪かったからと

 

思い込みやすい方がいるかもしれませんが

 

例えば車を運転していても、

 

他の危ない運転の車に出会った時でも

 

自分が悪いんだとさえ思ってしまう事になります。

 

何か事あるごとに自分が悪いからだとか考えてしまうのでは

 

他者を責めるよりはいいからという考えもあります。

 

ちょっとした出来事にも、

 

自分が悪かったからだと思い悩んでしまわないように。

 

自分を責めてしまうという事は、

 

結果的にあの時自分は、

 

こうしなければよかったという事と同じですから、

 

意識が過去にばかり行ってしまいます。

 

過去を振り返って、

 

ご自分を責めていてはとてもつらいものです。

 

落ち込んでしまいがちです。

 

大切なのはいつも言いますが、今からこれからです。

 

ご自分の存在を否定しないで

他人の言動に流されないで

心強く

自分を責めず

人も責めず

ご自分を愛すること

ご自分を好きでいること

大切に守られてください

 

一瞬一瞬が再スタート 今からこれからです

 

 

 

前世で悪いことをしたからいまが悪いと考えないほうがよいです

 

日々の生活の中で

何か悪いことがあると、自分が過去に悪いことをしたから

嫌なことばかり起こってしまうのかもしれない。

 

前世や過去世の自分が悪いことをしたから

人生がよくないのだろうかと考えてしまう人もいます。

 

前世や過去世の問題だとしたら、

あなたの生まれた家系や

土地のご縁の中で大きな意味での縁がつながってのことですから、

全体が影響を受けることが多いです。

 

個人的に前世や過去世が問題であっても、

この現世界で何をしてどう生きて思いやれるかによっても、

運勢はドンドン変わっていきます。

 

前世や過去世が悪いことばかりと考えがちなところが問題で、

前世や過去世で喜怒哀楽をたくさんの学びをしてきているからこそ、

苦難を乗り越えていく力があるということに気がつくべきです。

 

そこに支えてくれる先祖、守護霊

ハイアーセルフ等の支えの力が加わってこそ

今までこられたということに意識を向けていかれることが大事です。

良い方向へ進ませていくためには過去にとらわれ過ぎているよりも

 

今からこれからが大切です。

 

前世で悪いことをしたからなどど考えるより、

自分を責めない 他人を責めない生き方をすることが

解決方法を早めてもくれます。

過去も大事ですが、変えられるのは「いまから、これから」

 

生き生きとした人生でありますように。

笑顔には笑顔がもたらされてきます。

 

 

 

 

浄化の夢の一つ

 

ときおりご相談に来られるA子さんが、

 

最近なんとなく体調がすぐれないとのこと。

 

けれども食欲もあるし検査してもどこも問題がない・・・

 

「体調が変なのは霊的かもしれないと感じます」とのことで、

 

ご相談に来られました。

 

浄霊後は視界が明るくなった感じがわかりますといわれました。

 

それから数日後にこの方が、

 

「人や自分が亡くなってしまう夢をみたのです」

 

そして目覚めるときにひどく頭痛がしたそうです。

 

起きてしまうと頭痛はまったくありません。

 

見た夢、そのままに解釈したら

 

こわいと感じるかもしれませんが、

 

この方のみた夢の中で人が亡くなってしまうのは

 

自分にとっては不必要な相手(霊)の死を意味します。

 

霊が霊の死というのは矛盾していますが、

 

亡くなっても意識が亡くなったたことに

 

気がつかない霊もいましたから・・・不成仏霊でした。

 

現実的な意味ではなくて、霊的な存在に対して。

 

悪いことではありませんが、

 

霊的なことで、肉体と霊体が反応して、

 

起きたときに頭痛がしたのです。

 

大抵は落ち着いてくると収まります。

 

亡くなったり死の夢は霊的なものが

 

浄化されていくときにみることも多いです。

 

それほどA子さんは霊的な影響があり、

 

たまっていたような状態だったのです。

 

大宮氷川神社(埼玉県大宮市)

加藤眞澄ホームページへ

 

 

恋愛関係 お付き合いしている相手の影響

 

男女問わずにお付き合いする人の影響というのは

多かれ少なかれあるものです。

 

相手の方の良い影響であれば、

自分も得るものが沢山あるでしょうが、

 

ネガティブな傾向が強いと

それを精神的にも霊的にも受けてしまう事もあります。

 

そういうネガティブな傾向が強い人とお付き合いしていると、

これまでと違ってとてつもなく悩んでしまうことや

考え込んでしまう事が増えたりすることもあります。

 

例えばどうでもいいようなことでも

悩んでしまったり落ち込んでしまったり・・・・

 

まるで底なし沼に入ったように気持ちが深みに入ってしまうようになる。

おつき合いしている相手の影響がすごく重くなってしまう事もあります。

 

とくに恋愛関係では相手のことを思う気持ちが強いですから

受けやすくもなりますし、

他人事ととしてほおっておけないので気持ちも深く入り込みやすいのです。

 

ネガティブすぎる場合には自分で物事を決めることがしずらい人で、

決断の前に右往左往しているような人であったりする傾向が強いかも。

霊的には邪魔が入り込みやすい感じです。

 

自分で決断できなくて、

本人も苛立ってくると喧嘩になってしまうかもしれません。

 

お付き合いしているお相手の影響がないか

落ち着いて考えてみることも大事です。

 

自分は幸せか、イライラしていないか、

喧嘩が増えたか笑顔が増えたか。

幸福度が増えたか大切です。

 

厳島神社(広島県)

 

すぐに腹が立ってしまったり とてもイライラしてしまったり

 

家庭でもご家族に言われた一言で腹が立ってしまう

仕事でも何かにつけてイライラしたり、

常に何か問題点が出てきてイライラしやすくなる方もいます。

 

気持ちの優しい人が多く、自分でもどうして腹がってくるのか

とにかくイライラがおさまらなくて苦しい。

 

ご家族とは言い合いもしても、職場では感情を抑えるようにしているかもしれません。

とても気真面目で自分の仕事はきちんとこなし、

その代わりダラダラ仕事をしている人をみると腹立たしいこともあるでしょう。

 

人にも厳しいけれど、自分にも厳しい方が多いです。

そう言うとおそらくそんなことはありませんと否定されるかもしれませんが、

自分でもできないことやミスがあったりすると、

いつまでも自分を責めてしまったり、

 

どうして気がつかなかったのか、

みんなに迷惑かけてしまったらどうしよう、

悪く思われていたらどうしよう・・など

気になってしまう人が多いかもしれません。

 

そうするとますます気持ちのおさまりどころがなくて

自分に腹立っているところへ ご家族兄弟に何か言われたとたん

腹が立つ出来事が起こってしまうかもしれません。

 

ご自分をもっとリラックスして、

過ぎてしまったことをクヨクヨせずにそして自分自身にも腹を立てずに、

やさしい自分を取り戻すことが大事です。

 

お参りなども気を変えてくれます。

心地よいと思うところは人によって違いますが、

ご自分がここと良く感じられる神社へ参拝して気を変えることも一つの方法です。

 

お部屋でお香を焚くなど(火の気には細心の注意を)も一つの方法です。

好きな香りと、お香の小さな煙に心が落ち着きますようにと気持ちを込めて願うこと。

すべての出来事が自分を育ててくれるための必要な出来事だったのです。

 

どう捉えて前向きに進んでいけるのかで次の出会いも変わっていきます。

感受性が強い方は仕事はあればあるで忙しすぎて大変で

辞めたくなるほど自分を追い込み過ぎてしまうので、限界を感じやすくなります。

 

パニックにもなりやすいし、

すべて背負い込まないでできる所からこなしていきましょう。

一呼吸、深呼吸、心と魂は連動しています。

 

本来の魂はとてもピュアであり日々の雑事に追われ過ぎると

ゆっくり感じとることもおろそかになりやすい。

腹が立つことやイライラして

相手に乱暴な思いをぶつけることもあるかもしれませんが(特にご家族には)

嫌なことばかり、腹が立つ、ムカつくの思いだけでは心が疲れてしまいます。

 

できるだけ元気が出る言葉を使う事も心がけていくようにしてください。

ありがとうございます。感謝しています。楽しい。可愛い。うれしい。

しあわせ(小さなことでも)

生かされて美味しく食べて生きることはとても幸せなことでもあります。

 

言葉には言霊があります。 言葉の力、 エネルギーです。

たとえ思っていなくてもよい言葉を口に出してみてください。

良きエネルギーに満たされてきます。

 

今日もありがとうございました。

 

寒川神社(神奈川県高座郡寒川)

 

クレーム対応のお仕事 体調を崩さないように

ご本人の承諾を得て掲載しています

お仕事頑張っているAさん

ある会社のクレーム対応もしなければならないため

 

日々急がしく働かれているAさんは、

 

「もうとても疲れ果ててしまって、体の細胞がこわれるくらいの

クタクタになってしまう事だってあります」

 

例えばクレームの電話をまず聞いていると、

 

クレームなのでもちろん文句を言ってくる。

 

怒ってくる。怒鳴ってくる。挙句の果てには〇鹿、〇ね、などといってくる人

 

もいるので気丈なAさんもマイってしまうのです。

 

それでも仕事なので投げ出すわけにもいかない・・・・

 

かなり体調を崩しやすくなっていましたから、

 

会社からほど近い神社へ毎日行くようにもお伝えして、

 

毎朝お参りしてから仕事に行くようになってから

 

体調を崩すようなことは減ってきたとのこと。

 

クレームの内容は製品だけのクレームでおさまらず多岐にわたって

 身の上相談のようにご自分の辛さを訴えてくる人もいます。

クレーム対応の方には何を言っても良いと勘違いしている人がいますから大変です。

 

それからクレームで嫌なことを言われて気分も悪いでしょうが、

電話を切った後に心の中でいいですから、

「もっと穏やかになりますように」「しあわせな気持ちになりますように」「笑顔が戻りますように」「ありがとう!」といってください。

 

思いつく良い言葉を投げるようにでも良いですから、心の中でとなえてください。

 

まだ気持ちの中はこちらも腹が立っていると思います。

 

あるいは責められてネガティブな気持ちになっていると思います。

腹が立つ波動のままでもよいです。

言葉には言霊がありますから

それが新たに波動を整えてくれます。

 相手にもご自分にも波動が伝わります。

 

そして中和してくれる力でもあります。

例えば「腹が立つ!」とかいう気持ちでいるとご自分もつらいままで終わってしまいます。

 

中和されずに破壊されてしまわないように、

 

よきしあわせ言葉で中和されて穏やかでありますように。