大山阿夫利神社(おおやまあふり神社) 神奈川県 伊勢原市

大山では古墳時代の遺跡などもでているようでとても歴史のあるところです。

 

ケーブルでも下社まで行けます。 ケーブル駅まで階段道がんばります。

 

登山道のひとつでは「やびつ峠」と呼ばれるところもあり、

 

むかし戦いの矢を櫃(ひつ)の中に入れて埋めておいたことから、やびつ峠と

いわれているそうです。

 

大山の麓まで行くと、すでに山の気につつまれて

 

あらためて深い呼吸をし直したくなります。

 

下社まで行きますと、山の中腹に荘厳なお社が迎えてくれます。

 

登山の方々もおられますが、

 

ゆっくり山の気、神気、を体中で受け止めて参拝してみるとよいです。

 

ご本殿の右脇にご神水がでています。

 

ここのお水を飲まれた方が、とてもおいしいお水で神気を感じられたと

 

おっしゃっておられました。

 

お水が自分の体の一部になっているということを改めて感じられて、感受性の

 

敏感な方はご神水の違いがわかるとおもいます。

 

また、これはあくまでも霊的な現象が激しい方のお話ですが、感受性の強いお

 

子さんの手の平の皮が真っ赤にただれ 痛がり 病院で ステロイドの塗り薬

 

をいただいたのですが なかなか治らず大山神社に行ってみてご神水もいただ

 

き 参拝してきたところ 2、3日して 手のひらの皮膚の赤みがおさまり 

 

皮膚がしっかりしてきて1週間くらいでおさまり その後そのような症状はな

 

くなった方もおられました。(個人差はあると思いますし、この方にはお水が

 

あったのでしょう)

 

それから後にその方が参拝に行った時に 近くに神主さん(禰宜さんかも)が

 

いたので この話をしたら「あ~そうでしたか~」とあえて驚きもせず お話

 

を聞いてくれたそうです。

 

ご利益というよりも霊的なものを清める気があるのだとも感じます。

 

晴れた日には遠く江ノ島も望めます。

 

またケーブルの途中駅の「不動前」に大山寺(おおやまでら)があります。

 

小さなお寺ですが神仏分離のときに下社からこの場所に移されたそうです。

 

小田急線の伊勢原の駅からバスで大山ケーブル駅へ

 

徒歩10分でケーブルに乗って大山阿夫利神社下社へ到着します。

 

大山阿夫利神社ホームページ

 

 

 

 

子供さんの感じてきたもの

*事例はご本人のご了承をいただいて掲載しております

子供さんが生まれて数ヶ月のころから、

 

赤ちゃんなのに、とても激しい泣き方をしたり、

 

幼い頃から非常に、感受性が強い、

 

それでも幼稚園や学校に行くようになると、

 

外(学校や友人)では普通におつきあいしている。

 

ただ、自宅に戻ると非常に乱暴な言葉を言ったり、

 

とり憑かれたように、「恨んでやる」

 

というようなことを言ってきたり、

 

感情のコントロールができないので、

 

ものを投げたりしてくる。

 

それも家の中だけで、

 

外ではまったくそんなことはないのです。

 

こういうケースの場合は、

 

家、土地の問題

 

ご先祖の問題

 

子供さんの霊的な問題と体質

 

いろいろな側面から理解をして

 

解決していく必要があります。

 

感受性の強いお子さんは幼いときから、

 

感情が激しいこともあります。

霊的な体質

霊的なことを感じとりやすい体質を持つ人でも、

 

霊が見えたり寒気がしたり、独特の気配を感じることもあれば、吐き気がする

 

ほど気分が悪くなる人もいます。

 

霊感体質の方では、出かけた場所によっては気分が悪くなったり、熱っぽくな

 

ったりすることもあります。

 

私が若い頃に友人と旅行に行ったときに、目的地に近づくほど体が重たくなって、

 

翌日は朝から微熱が出て、体は動けたのですが軽い寒気に気分が悪い。

 

タクシーで観光地を巡ろうという事になり、山やトンネルをいくつも抜けて車

 

が走っているのですが、友人と話をしていても、どこか上の空のように頭痛が

だんだんひどくなったりしたものです。

宿に戻って少し落ち着きましたが、どうも巡った観光地は開発によって、ずいぶん山は崩され、ダムもつくられ、古いお墓はつぶされてきたようなところが多かったのです。

なにができるという事ではないですが、旅行から戻ってからいっときのご縁で

 

したが、心を持って心を伝えることでしかできませんがお寺に参拝してお線香をたいてきました。

 

人によっては、霊的なことが抜けきれないで、どこにいても気分が悪く、吐き

 

気やめまいに襲われて、体調を崩してしまうこともあり、病院でも原因不明と

 

いわれて薬もあまり効果がないということもあるかもしれません。

 

その場所を離れたり、気持ちの良いところへ行くと落ち着く場所を見つけることも大切です。

 

感受性が強いので精神的にとてもダメージを受けやすい

*事例はご本人のご了承をいただいて掲載しております

ときおりご相談にこられる50代の女性はとても霊感がつよく、

 

霊の姿や霊聴がきこえてしまうこともあります。

 

ご家族がまったく感じないことを言ってしまうと、

 

邪険にされてしまうこともあります。

職場でも定期的に仕事でも問題が起こったり、

 

何より感受性が強いので精神的にとてもダメージを受けやすくもあります。

疲れたり、波長が会わなかったり、話が噛み合わなくなってしまったり、

 

波動が乱れやすくもなるのです。

お会いしたときは浄霊もしますが、

 

感受性が強いので霊的だけでなく人の気も受けやすいので、

 

気が乱れやすくもなります。

 

普段はできるだけ気を整えるためにも、

 

職場近くの氏神さまもお参りして

 

(ただ近いだけでなく気持ちもいきやすいところ)

 

いただくようにお伝えしていますが、

 

忙しすぎていくことが出来ないとトラブルも出やすいということも出てしまい

ます。

人それぞれですが、霊的にもそうですが、

 

職場や同僚の言動に波動を乱しやすい方は、気を入れかえたり、

 

浄化させていかれることも大切です。

 

まったくなにも感じない人を羨むこともあるかもしれませんが、

 

感受性が強いからこそ、危険回避ができているので、

 

大事にならずに済んでいることも沢山あるのです。

穏やかに進んでいかれますように。

気持ちを落ち込ませないように

ここしばらく新型コロナウィルスで公共機関が時間短縮など

 

制限が多かったり、

 

毎日の報道で精神的にダメージを受けがちになる方もいらっしゃるかもしれま

 

せん。

 

職場に行っても街にでてもいつもの活気がなかったり、

 

周囲の欠点ばかりが目立つように

 

負の感情が気になることも出てくるような時は確かに元気が足りない。

 

けれども必ず収束してきますし、気持ちを歪ませてしまうよりも、

 

こういうときこそ気持ちをできるだけ前向きに、

 

「元気なご自分」が落ち込んでも仕方がないのです。

 

意識や思いは繋がっていくことができます。

 

ネガティブにとらえすぎて気持ちが落ち込んでばかりに ならないように。

 

意識を高めて乗り越えていくべき時間でもあるのです。

 

このようなウィルスで恐怖ばかりを受けているより

 

皆さんが健康になりますように祈りの力や一人一人の

 

意識を高めていくことで、人間界の意識の次元も変化してくることに善き拍車

 

をかけてくれます。

 

さまざまなイベント中止も影響しているかもしれませんが、平日でも神社参拝

 

の方の人数が多いです。

 

もちろん閉鎖的な換気の悪いところへでかけないほうがよいですが、

 

どのような形かは人それぞれですが、

 

気持ちのリフレッシュと心を解放されますように。

 

人の思念や思いが世界の流れを構築していく力も持っています。

 

身も心もお大切に

水晶玉が重たくなったこと

*事例はご本人のご了承をいただいて掲載しております

ある旧家のお宅でしたが、昔からのお墓がわかるものだけで何十墓もあり、小

 

さな石の墓もいれるといくつものお墓がありました。

 

所有されている山の一画に古い代々のお墓をまとめようと言うことで新たに立

 

派なお墓をつくられたのです。

 

お墓はきちんと新たにされたのですが、ご家族のなかで霊感が強いご主人が

 

なんとなくご先祖の皆さんが入っていないような気がするということでした。

 

昔からの檀家のお寺で丁寧にご供養と開眼供養もしてもらっているけど、なぜ

 

か足りない気がしたそうです。

 

霊査していくとこのお家は古いのですが、それでももっと以前のようすをみて

 

いきますと、近い圏内ですが、ご先祖がご縁があって住んだところ戦ったとこ

 

ろ苦労したところなど、平和な時代になる前の情景がでてきます。

 

いまではその方々のお墓もわからないほど粗末にもなっているのです。

 

それをお話しして霊的にできることとして、そのご夫婦とともに清めるためと

 

ご先祖の霊に集まっていただくために水晶玉を2つ持ち、ご縁のある場所や土

 

地をまわり、神社やお寺が近くにあるところへはおまいりして、新しいお墓の

 

一角にその水晶玉を埋めましょうと言うことで、二日間かけてご夫婦と出かけ

 

ました。

 

そしてお墓に戻り持っていた水晶を袋から開けて手のひらに乗せると、途端に

 

「痛い  熱い 痛い重い❗️」と私が声を出すほど熱く痛いのです。火傷したかと思

 

うほどの手のひらの熱さと針を刺されたかのような痛みでした。

 

もちろん火傷もしていないですし、傷もありません。

 

ご主人と奥さまにもお渡ししてみると、「ほんと熱い痛い重たい」と奥さます

 

ぐにご主人に渡されてご主人「熱いわ、痛くて重いけどこれだけ集まってくれ

 

たことを感じるしはやく埋めてお墓の供養をしていきます。すごいなこんな形

 

で集まることってあるんだ」と感じられていました。

 

霊感が強いご主人もいらしたので感受する力も高まったと思います。

 

その後、ご主人はやり終えた感じがして不安はなくなったそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*お守りやブレスレットにも、水晶や様々な天然石が使われていますが、

古来より宝石、石の持つ神秘なエネルギーは活用されてきました。

歴史のある神社では、磐座(いわくら)と言われる岩に神が宿るご神体とされていたり、依り代(よりしろ)神霊のいるところとして石が祀られていたりします。

孫悟空のような?

 *事例はご本人のご了承をいただいて掲載しております

スピリチュアルなこと(霊的)にとても関心をもたれている奥様が、そういう

 

事にはあまり関心の無いご主人に「人は内面的な部分がとても大切なことだと

 

思う」ことを話しても「関心が無い!そんなことは勝手に信じてろ!」といわ

 

れていたそうです。

 

かといってこの奥さんは宗教にのめり込むようなことをしているわけでもな

 

く、精神的に穏やかになって欲しいと願いご主人に話されていたのです。

 

それでも何年かして、ご主人も一緒に神社にもお参りに行くようになり少しず

 

つ変わってきたそうです。

 

ある日ご主人が一人でイライラして言いたい放題で話しかけてくるので、隣の

 

部屋で無視していると一人でブツブツ怒っていたそうです。

 

しばらく様子を見ていたら「頭が締め付けられる、痛い!」と大きな声で言う

 

ので、具合でも悪いのかと思い、驚いて行ってみると

 

「俺が悪いとこうなるのか~」っと言っていたそうですが、

 

それ以来ご主人が少しずつ精神的にも穏やかに落ち着いてきたのでした。

 

後日、ご主人が「あの時は、まるで物語でいうことを聞かない孫悟空が頭に輪

 

をつけられるが、まるでそんな感じみたいで不思議だった」と話していたそう

 

です。

 

もともと感受性の強いご主人でしたから、いろいろ受けてしまうところもあり

 

ましたから、感情的になりやすくなったりしやすいことが多かったのです。

 

お参りにも行かれるようなってきて浄化できるようにもなってこられて、

 

守護の力も働いていたし、なにより一番奥様の思いがご主人を変えていくため

 

のパワーになったはずです。

 

持って生まれてきた心身は取りかえることはできませんが、どんどん修復して

 

いくことはできますし小さなことにも感謝としあわせを見つけ出していくこと

 

は先の道が次々に明るく照らされてくることになります。

 

*お話は変わりますが、新型コロナウィルスで春節以前より懸念されていたのですが、3月から休校や自粛営業が増えています。

マスクの品切れに、昨日はトイレットぺーパー類まで連鎖的に不安にされてしまいます。

日本は守られていますからご心配しすぎずに、きちんと手洗い消毒されて火を通した食物をたべるようにして大切にしてください。

完全な収束までには多少時間がかかるかもしれませんが、夏前にはおさまってくると思います。

石上神宮

心残りがないように

ご夫婦ご家族はもちろんのこと、親戚のかたなど、

 

親しくされていた方を亡くされたあとから、体調をくずしてしまうこともあり

 

ます。

 

疲れだけならしばらく休んでいれば回復できますが、人一人が亡くなった、

 

悲しみもつらさもさみしさもあります。心の回復も時間が必要ですし、

 

いなくなってしまった、空間のエネルギーは修復されてくるまでに、

 

過敏な方はバランスを崩してしまうこともあるのです。

 

人一人の存在エネルギーは、とても大きいのです。

 

いままで穏やかだった空間が波立つように、

 

凪におさまるまで変化の時間です。

 

昔は、一家のご主人を「大黒柱」といって、家を支える大事な柱といわれまし

 

たが、

 

一人一人もそれぞれが、大事な柱でもあります。

 

亡くなられた方と、同じことは出来ない、生き方も考え方も違います。

 

体調を崩されるほどに過敏な方は、

 

亡くなった方の気持ちが伝わって来ていることもあります。

 

怖がらないで、何かを伝えてきているだろうか?

 

何かを望んでいるだろうか?

 

何かしてあげられるだろうか?

 

心の中で、感じ取ってみてください。

 

霊的な世界はつながっています。

 

すべてが見えなくなったら終わりではありません。

 

残された方も心残りがないように

元気なのに自分が死ぬ夢をみたら

元気なご自分が「自分が死んでしまうゆめ」は印象からすると気持ちのいいも

 

のではありませんが、

 

多くの場合は、霊的な意味が大きく、

 

一つの段階を越えていることをあらわしています。

 

これまでの悩みごとや、考え方やとらえ方に対しても

 

変わっていく時期が来ていることを知らせています。

 

古い考え方やこだわってきた思いを手放すことができるのです。

 

ひとつ見えない衣を脱いで浄化されていく意識のあらわれですから、

 

自分が死ぬ夢ということは悪い夢ではありませんし肉体は生きています。

 

一言でいうなら霊的な成長を伝えています。

 

それとは別に、人に追いかけられるような夢だとしたら、

 

人間関係で悩まされていることが現実的に近い部分で夢に見てしまっているこ

 

ともあります。

 

人の意識にさいなまれている場合もありますが、自分との葛藤が心の中でもが

 

きすぎています。

 

怖さを感じたときには、

 

肩の力を抜いて人と争うことを避けるようにというメッセージでもあります。

 

リラックスして眉間の上の、第三の目に光が入ってくるイメージをするように

 

してください。

 

霊的な現象

地元の人すら怖がって「良くないところだからあの場所にはあまり近づかない

 

ほうがよい」と言われるところが未だに数多くあります。

 

心霊スポットでもいろいろ取り上げられたりするところもありますが、それ以

 

外でも古いいわれのある場所は存在します。

 

迷信など信じないと言って踏み込んだ人が熱を出してしまったりということも

 

聞かれたことがあるかもしれません。

 

歴史的に不幸が多く続いた所や戦いがあったようなところなどマイナス要素が

 

多いところはどうしても、意識が強く残ってしまい、まるで動きの悪い空気感

 

が漂うようなものです。

 

霊は形としては居ない存在ではあっても、体を亡くしても意識は人に近い状態

 

のままに残っていますから、人の感覚に入り込んでしまうことになります。

 

面白半分に出かける心霊スポットは、マイナス要因を引き出してしまうことも

 

あります。

 

出かけてから体が重くなったり、

 

夢にうなされたりさまざまなケースがあります。

 

それは霊感がある人霊感がない人でも関係なく、代償の違いはあるにしても何

 

がしかの影響をうけてしまうことになってしまいますからご注意ください。

 

強烈な合戦場だと残像エネルギーが強く残っていることもあります。

 

あとからでもきちんと神社やお寺にお参りに行かれたりすることがたいせつで

 

す。

 

20代のころ旅行で親戚の車に乗って後ろのシートでうたた寝をしていたら、

 

突然背中とお腹の痛みで「痛い!」と言って目が覚めました。一瞬でしたが、

 

まるで戦ったような感覚だったのです。

 

ここどこ?と訪ねると「いま〇〇古戦場」を過ぎたところとのこと。

 

眠っている意識が一瞬過去とリンクしてしまったのでした。

 

その後もちろんお参りにもいきました。