調神社(つきじんじゃ)     <埼玉県浦和市>

つきのみや神社とも呼ばれています。
鳥居のない神社で、
普通は狛犬さんですが、
狛犬ではなく狛兎が両側にいます。

御祭神
天照大御神(あまてらすおおみかみ)
豊宇気毘賣神(とようけひめのかみ)
素盞嗚尊(すさのおのみこと)

御由緒
およそ2,000年前の第10代崇神天皇の勅命により創建。
伊勢神宮へ納める調物(みつぎもの)の
初穂を納めた倉庫群の中に造営されたため、

鳥居がないと伝えられているようです。

また、調(つき)の名が、月と同じ読みであるところから、
月の動物と云われた兎が神の使いとされ、
江戸時代は月読社とも呼ばれていたようです。

境内うさぎの手水舎
ほっこりしてしまいます。

七不思議といわれることだそうです

1. 表の参道に鳥居がない。
(境内へ伊勢神宮への貢物を運び入れる時に
邪魔になり鳥居を建てないことにした。)

2. 松の木がない。
(一説に弟神須佐之男命(すさのおのみこと)が
大宮へ出かけ、なかなか戻って来ないので
姉神の月読命(つくよみのみこと)が
「もうまつのはいやじゃ」といったのがその理由とのこと。)

3. 御手洗のひょうたん池の魚は片目になる。
(いまはひょうたん池はないです)

4. 狛犬のかわりにウサギ像が置かれている。

5. 日蓮上人駒つなぎのケヤキ。
(日蓮さんが佐渡へ流される途中、
難産の婦人のためこのケヤキに馬を繋ぎ、
祈ったところ男子を無事出産したので、
安産の守護神として今に信仰されている。)

6. ハエがいない。
(調神社の祭神が嫌うためとのこと。)

7. 蚊がいない。(ハエと同じ理由。)
「つき神社」だけに、
昔から「ツキを呼ぶ神社」として、
大変ご利益があると言われています。

境内のあちこちに置かれている
かわいいうさぎさんを探してみてください。

所在地: さいたま市浦和区岸町3
アクセス: JR浦和駅西口より徒歩10分

霊とは存在するかしないか

霊が存在するのか、しないものか。

実際に感じとることができる人や視たことがある人にとっては霊はいるとしか言えない世界でもありますけれど、

 

信じる信じないということよりも、まず私たちの体は3次元の物質的な存在です。

 

しかし思うこと心が感じることは3次元ではありません。

 

体が外面だとすると、こころは内面です。

 

形に表すことのできない世界でもあります。

 

目をつぶってみても、いま自分の体が無くなっても、自分の意識は残ります。

 

けれども通常は自身が「死んだこと」に気づくか受け入れていくことで帰るべきところ、(霊界と表現されています)に移行していきます。

 

「霊」」といわれている存在は体が無くなっても、この世へ執着が強かったり思いの意識が強い場合にはこの世に意識だけがのこってしまうことになります。

 

霊は姿だけではなく、感覚意識で伝わってくることもあります。

 

体はなくても、自分の思いが強すぎるために思いの世界を彷徨うことになるのです。

 

自分が亡くなったことに対して受け入れることに時間がかかる場合もあるので、

過去の時代の戦いや思い入れの強かった意識が「霊」として存在することが多かったのです。

 

じぶんの道

人生もらって 生きて 生まれて

 

なが~い道を つくって進む

 

自分で進む

 

人につくってもらうと 結局壊したくなる

 

自分ペースでかまわない

 

自分らしく 道づくり ゆっくりと

亡き人を語らうことや思うこともご供養です

ご供養は亡き方を偲んで、

楽しかった思い出などを語らうこと(思うこと)

がとても大切なことです。

亡くなられて

まだ数ヶ月も過ぎていない

故人の方には

なるべく話しかけてください。

心に思っていることも伝わりますが、

普段通りに話しかけても

喜んでくれます。

 

 

霊体は自由に

病気で寝たきりの方が、

 

亡くなる数日前に、

 

いま誰かの家に行ってきたとか、

 

大好きな温泉に行ってきた

 

気持ちが良かったぁ~と

 

話したりすることもあります。

 

寝たきりで体が動かせないので、

 

現実的にはあり得ないことでも

 

魂が肉体から離れはじめると、

 

霊的な体が

 

自由に動きやすくなります。

 

強く思い願うことで瞬間的に、

 

霊体は肉体を抜けて出かけていくのです。

 

私の母親も亡くなる一週間ほど前に、

 

「いまお風呂に入ってきたの気持ちよかった~」

 

「みんなで旅行に行っておいしいもの食べてきた」

 

などと話していました。

 

それに、「すごくきれいな、きものを着ている

 

3人の人たちがいて良い香りがして、笑ってこちらをみているのよ」

 

などとも話していました。

 

母親は助からない病でしたが、

 

お迎えの方々(霊)が見えていたのでした。

 

加藤眞澄ホームページへ

 

土地に礼を尽くして

大きくて有名な神社も大きなエネルギーに満ちて素晴らしいですが、パワースポットはお近くにもあるものです。

 

お住いの町の氏神様へお詣りをされることもよいですし、

新しい場所に引っ越されたり、お仕事を始めていくときには

 

引っ越しをされてまったく新しい土地に住むことになったり、新しい場所(土地)でお仕事を始めることになったときには、その土地の氏神様へお参りをされることも大事です。

 

「御地(おんち)に縁があってこちらにまいりました」というご挨拶です。

 

長い歴史の中で、多くの人たちが生活してきたところであったり、開発造成されてきたりと

土地はさまざまな歴史をもっていますから敬意を表すためにもご参拝。

 

お近くに氏神様があるけれど、「なんとなく暗い雰囲気がしてどうしてもお詣りに行きづらい」と感じる場合には多少離れていてもご自分が行きやすいところにおまいりしてください。

 

感受性が強い方は時折気の入れ替えに心地よいと感じられるところへいかれるようにしていくことも大事です。

 

家のお清めにお塩をまいたり盛ったりする方もおられますが、まずは土地の神様にご挨拶も大切になさってください。

自分がわからなくなる感覚になる前に

日常生活の中で周囲と

うまく合わせていかなければならないことも多いものです。

 

けれども自分が思うことを言えないままに、

人の意見に合わせ

家族の意見に合わせ

 

いつも相手の気持ちを考えて気を使いすぎてしまうと、

ご自分の心のゆとりがなくなってしまうかもしれません。

 

人にばかり合わせすぎていると、

自分がわからなくなって疲れてしまうことにもなります。

 

霊的にも自分の意志ではない感情に影響されることにもなってしまいます。

人が好きなことばかりに気にかけすぎないで

 

自分が好きだったこと

自分が好きなもの

自分が楽しいと思うこと

ご自分を大切に

 

加藤眞澄ホームページへ

大国魂神社(おおくにたまじんじゃ)  <東京都府中市>

夏至もすぎて、もうすぐ今年も夏越しの大祓いの時期になってまいりました。

大国魂神社

ご祭神

<大国魂大神>出雲の大国主神とご同神

景行天皇の時代41年(111)5月5日、

武蔵国の護り神として大国魂神を祀ったのが始まりとされていますから

歴史は1900年以上の古社です。

平安時代には武蔵国の総社でもありました。

平安末期には著名な六か所の神社を合祀して「武蔵六所宮」と呼ばれるようになりました。

 

武士の戦勝祈願の話も多く残っています。

毎年5月の例大祭、くらやみ祭りが有名でたくさんの観光客で賑わいます。

夏越の大祓いは30日です。

早々と茅の輪くぐりをさせていただきました。

アクセス  京王線府中駅
JR武蔵野線・南部線府中本町駅より 各徒歩5分

府中市宮町3-1
TEL 042-362-2130
HP http://www.ookunitamajinja.or.jp/ 
縁結びの神様としても広く知られています

金縛り

夜中に寝ていて金縛りに会うことは

 

疲れているために、じゅうぶんな呼吸ができないために脳からの指令で、

 

その現象を怖いお化けが押さえつけていると脳が見せてくる、

 

金縛り現象を起こすのだとも言われます。

 

確かに金縛りに合うということは緊張状態でもあります。

 

それも一理あるでしょうが、しかし何人かの人が、

 

同じ場所で同じもの(同じ姿のお化け)に金縛りに合うというケースはどうで

しょうか。

金縛りにあったときに同じ霊的な姿をみたり声を聞くこともあります。

 

感受性が強い方は経験されたこともあるかもしれませんが、

 

寝ていなくても急激に周囲の空間の「気」が変わりだして、

 

瞬間的に首や体が縛り付けられた感覚が金縛りです。

 

私も寝ていなくてもその状態になることもありました。

 

金縛りはときには先に悪寒がして、恐怖感もあるかもしれませんが、

 

身動きもとりづらいでしょうが、もし頻繁に金縛りに合うなら、

 

金縛りを感じた時点で心の中か眉間の間に、明るい光をイメージしてくださ

い。

どちらかに浮かべた光のイメージ一点に気持ちを集中させて、

 

意識を霊的に運ばれないようにします。

 

できるなら息を吐きすことに意識を向けて、

恐怖をとらえるよりも光のイメージに集中したほうが金縛りがとけやすくなります。

 

加藤眞澄ホームページへ

誰もいないのに誰かがいる気配

人の視線が気になったり、誰もいないのに

自分のそばに誰かがいるような感覚がする人もいるかもしれません。

私は10代の頃が一番そういうことが多かったのです。

現実に誰かがいるわけでもないのに、

自分の後ろに誰かがいるような感覚に悩まされていたこともありました。

歩きながら何度も後ろを振り向いてみるけれどもちろん誰もいないのです。

自宅でも誰かがいるようで振り向いたり・・・気配なのです

時には白い影や黒い影が見えたり・・・

多感な時期ですから感受性が強くなり霊的にも不安定になり過ぎたのでしょうが、

一時期他人の目を見ることが怖いと感じたこともありました。

何かが映し出されてくるような、霊的な何とも説明しがたい感覚でした。

そういうときにはお参りに出かけたり、

ご祈祷を受けたりそのときどきで対処して行きながら

おさまってくることもできました。

人それぞれですが、落ち着く音楽で安定する事もあります。

浄霊することでおさまる事もあります。

不安は不安を呼んでしまわないように。

 

ホームページへ

  真清田神社(ますみだ神社) 

  真清田神社(ますみだ神社)     愛知県一宮市  真清田

 ご祭神

天火明命(あまのほあかりのみこと)  天照大御神の孫神

 鎮座は、社伝によれば神武天皇33年(紀元前)

この地域はいまは繊維の街で有名ですが、昔は木曽川の灌漑用水による水田地

帯として、清く澄んだ水によって水田を形成していたため、

真清田(ますみだ)と名付けられたといわれているそうです

 

手水舎のところにかかれていますが、平安時代の昔に

弘法大師が雨乞いを祈願した際、

ご祭神が八頭八尾の大きな龍に乗って現れ雨を降らせたといういわれのある

真清田神社。真清田の森に棲む水神さま。

 

ご神水をいただけるのでうれしいですね。(きれいな井戸水)

右には重軽石があります。

軽いと感じたら願い事が叶う!

私はちょっと重いけれど持てる!大丈夫!(笑)

町中にある神社ですが、境内も広く眺めているだけでも気持ちがよいところです。

境内のカラスや鳩ものんびり歩いていたり人を怖がらずに穏やかなところです。

山の気 水の気がよい神社です。

真清田神社ホームページへ

http://www.masumida.or.jp/

名鉄一宮から徒歩10分ほど