家を敷地内で新築してから起こった霊的現象

 

ある地方の農家の方が、

自宅の敷地内に新築し古い家から移り住み始めたころから、

 

外には誰もいないのに窓をたたく音がしたり、

昼間でも人が通る気配がする、ドアが勝手に閉まる、

ザワザワとした物音がする、

明け方に赤ちゃんの鳴き声が聞こえてくる

などなど現象が起こり始めたのです・・

 

娘さんは精神的に不安定な状態で、

非常に感情が高ぶってしまうことが多くなり、

ご家族も大事には至らないが、事故やケガが続けて起こってしまう。

 

娘さんは「新居を楽しみにしていたけれど、

移り住んでから気持ちの行き場が無くて、

叫びたくなるような感じでイライラすることが多いのです。

 

あと今まで家族にも話したことはなかったのですが、

もともと畑だったときにも夜中にこの畑のところで

何回か霊の姿を視たことがあったのですが、

特別いまのように音がしたり毎日不安になるようなことはありませんでした」

 

同じ自宅の敷地内でいままで畑として使っていたときには、

特別な問題もなく家を新築してからの出来事で、

今までは気になることは無かった。

 

新たに畑として使っていた土地に家を建てただけで、

ましてや同じ敷地内でもどうして霊現象が起こってくるのか?

 

人が住むとなると、本来あった問題点が浮上してくることもあります。

今までは人が住んでいなかったために、

ほとんど現象が起こることもなかったのです。

 

感じとることができなかっただけですが、

畑として使っていただけで住むわけでもなく、

 

自然の状態に近いために土地の問題があってもさほど気にならなくても、

土地を掘り起こしその上に家を建てて人が住み始めたことで

霊的な訴えを伝えてくることもあります。

 

娘さんだけではなくご家族全体が影響を受け始めてしまっていました。

このお住まいの周辺は周囲にお寺が多いところでもありましたが、

 

霊査をしていくと昔戦いで追い込まれて

お寺に助けを求めて集まった村の人たちの姿が出てきたのです。

 

女性も子供も赤ちゃんの姿もいましたが、

お清めをして浄霊をして土地にいる霊の供養をしていきました。

 

その後は現象が納まってきました。

 

※ある土木関係の会社に勤めている霊感の強い女性は会社が請け負う仕事で、

土地の問題がありそうな現場に下見に行くと

必ず足が重たくなってしまう人もいます。

 

土地は昔の出来事をそのままに伝えてきます。

合戦場などあった場所の近くの土地はきちんと

清めの供養をしていくことも大切です。

 

 

 

自然霊の気配

 

森羅万象、八百万の神が宿っています。

 

すべてに感謝しながら日々を送ることが理想的ですが、

 

忙しい日々でつい感謝や

 

ありがたさを忘れがちになってしまうこともあります。

 

不健康になってみると

 

健康であることのありがたさが、よくわかるものです。

 

最近は自然霊の存在を感じとる人も多くいます。

 

妖精や木の精霊がわかる方、

 

精霊は人間とはちがいますから物質的ではありません。

 

それでも自然界の気に満ちた、

 

変わらぬエネルギーをたたえています。

 

旅行に行かれたり、大自然に囲まれていると、

 

日頃のストレスから解放されるのは、

 

気に満ちた自然霊の力でもあります。

 

無理をしすぎないうちに、

 

自然霊の力を借りてリフレッシュは、

 

ご自分の健康を維持させてくれますよ。

 

そして感謝。

 

 

大雄山 最乗寺 (神奈川県南足柄市)

職場でも自分だけがんばっている気がする事

 

ご自分はきちんと仕事をこなしていても

職場の周囲の人たちを見ていると、

 

だらだらと仕事しているようにしか見えないと感じている方もいます。

 

同じ仕事を自分なら一時間でできてしまうであろうと思う事を、

一日かかってやっている人がいたりするかもしれません。

 

あるいは話し込んでいていつまでも仕事に集中していないなど。

どこの職場にも多かれ少なかれそういう人がいることも多少はあります。

 

それは本人の問題ですから、できるのにやらない人は

成長していないという事になります。

 

誰かがやるから・・とか

職場でもこれまでは我慢ができたけれど、

 

そういう繰り返しが何度もあるなど鬱積しすぎてしまったり

 

仕事に行くこともつらくなってしまう事が続いてきたら、

 

ご自分のステージが上がってきているときでもあります。

 

これまでは同じ場にいてどうにかできたものがどうにもできない状態。

 

でも明らかなのは仕事上でも自分に否はないなど、

とくに口煩いわけでもなくできない人の分まで

 

しっかり仕事をこなしてもきた方が心が折れるほど気になりはじめたら、

そこに魅力を感じないかもしれません。

 

あるいはそこから離れる時がきていることを知らされていることもあります。

 

たまにお願いしても忙しいと言われたり、

なにも手伝おうともしない人たち・・・・

ご自分だけが傷ついてしまいます。

 

だとしたらご自身の居場所ではないかもしれません。

笑えない、語り合えない、幸せを感じないときには

次のステージに移るべきときでもあったりします。

 

ご自身が刺激がある職場やりがいのある内容、親しみのある上司や同僚など

毎日平凡でも大きな波風も立たずに、

好きなことをしながら楽しいのであれば平凡も幸せですね。

 

より良き流れに導かれますように。

 

鞍馬寺(京都市 左京区)

 

車を変えてからいろいろと起こったこと

 

あるご夫婦のご主人が車の購入の際、

 

一人で新車を見に行かれていきなり契約してきたのです。

 

奥さんは当然一緒に行って相談して決めるものだと思っていたのに

 

ご主人はすでに購入し手続きされてきたそうです。

 

その車をご主人が運転して間もなく自宅の駐車場で、

 

少しこすっってしまったり、

 

大事にはいたらないものの、

 

なんとなく小さなトラブルが多いのです。

 

奥さんが見ていても

 

「この車になって、主人の運転が荒くなっている、危ないと思う事が増えた・・」と感じられていました。

 

それでも事故もなく守られてきましたし守ってくれた車でもあります。

 

車は昔で言えば、人の足になってくれる馬にも例えることがありますが、

 

あえて言うならちょっとじゃじゃ馬な車がきたような状態です。

 

ただこの車でなくてはならなかったのは、

 

このご主人の過去世にも一つの理由がありました。

 

お家も武士の家系ですが、前世もまた武士でした。

 

何度かお会いしてご本人も納得して気づきがはじめたところで、

 

過去につながるやり残したことのために、

 

お参りや懐かしい場所へ行かれたり、

 

時には古戦場跡などもご夫婦で回られたりしました。

 

出かけるためにはこのような個性的なこの車が必要でした。

 

そしてあえて言うなら、この気の強い車だったからこそ

 

かなり大変な場所にも頑張って行くことができたり、

 

無事に帰ってこれたという捉え方もできます。

 

霊的にはそういう意味もあってこの車(馬)を

 

選ばれたという事でもあります。

 

そのためにもこの車は必要だったのです。

 

※もちろん車会社はあえてじゃじゃ馬をつくろうなどとは思われていません。

あくまでも性能の良い日本車です。霊的に例えるとそういう感覚であるというだけです。

最近ではご主人も「なんとなくこの車と相性が合わないような、どうして選んでしまったのか」という感覚もお持ちのようです。

 

そう感じる緊張感のような感覚が働いたことで感受性が強い方にはきつい場所へも出かけられたと思います。

 

この次に車を購入するときには、

奥さんとご一緒に選ばれて納得のできる車選びになると思われます。

穏やかな日々でありますように

 

 

鶴岡八幡宮(鎌倉) 旗上弁財天社にて 白鳩

 

電話のノイズなど 霊的な介在

 

ある方と携帯電話で話をしていると、

ものすごい雨音か砂嵐のような雑音と、

ブチブチ途切れてしまうこと、

ときには電話が完全に

切れてしまうこともあるのです。

 

また相手の方にこちらの声が

まったく聴こえなくなったりなどなど・・・

 

ただの電波異常でないことがはっきりわかるのは、

霊的な核心を突くお話しになったとたんにおこるのです。

 

例えば出張などのお話をしているときに

お家の場所を伺っているときなど

急に雑音が激しくなったりするのです。

 

霊も磁気を帯びていますから、

人の話を聞きながら霊たちの感情が動き出すと

エネルギーが集中してくるように、

 

言葉ではなくエネルギーで

答えがかえってくるようなこともあります。

 

霊的な介在にはいろいろありますが、

電話が切れてしまうようなときには、

マイナスエネルギー(負が多い)に満ちています。

 

不浄仏霊の固まりだったりします。

もしもみなさんがどこかに行かれたりした後など、

 

友人同士でも電話で話しているときに

そんなことが続くようなら、

神社かお寺へ出かけて参拝してください。

 

それほどひどくなければ、

それで波長が変わりますからおさまってきます。

 

気持ちの良い神社かお寺で、心から手を合わせて気を整えられると良いです。

 

鹿島神宮(御手洗池) 茨城県鹿嶋市

 

恋愛関係 お付き合いしている相手の影響

 

男女問わずにお付き合いする人の影響というのは

多かれ少なかれあるものです。

 

相手の方の良い影響であれば、

自分も得るものが沢山あるでしょうが、

 

ネガティブな傾向が強いと

それを精神的にも霊的にも受けてしまう事もあります。

 

そういうネガティブな傾向が強い人とお付き合いしていると、

これまでと違ってとてつもなく悩んでしまうことや

考え込んでしまう事が増えたりすることもあります。

 

例えばどうでもいいようなことでも

悩んでしまったり落ち込んでしまったり・・・・

 

まるで底なし沼に入ったように気持ちが深みに入ってしまうようになる。

おつき合いしている相手の影響がすごく重くなってしまう事もあります。

 

とくに恋愛関係では相手のことを思う気持ちが強いですから

受けやすくもなりますし、

他人事ととしてほおっておけないので気持ちも深く入り込みやすいのです。

 

ネガティブすぎる場合には自分で物事を決めることがしずらい人で、

決断の前に右往左往しているような人であったりする傾向が強いかも。

霊的には邪魔が入り込みやすい感じです。

 

自分で決断できなくて、

本人も苛立ってくると喧嘩になってしまうかもしれません。

 

お付き合いしているお相手の影響がないか

落ち着いて考えてみることも大事です。

 

自分は幸せか、イライラしていないか、

喧嘩が増えたか笑顔が増えたか。

幸福度が増えたか大切です。

 

厳島神社(広島県)

 

すぐに腹が立ってしまったり とてもイライラしてしまったり

 

家庭でもご家族に言われた一言で腹が立ってしまう

仕事でも何かにつけてイライラしたり、

常に何か問題点が出てきてイライラしやすくなる方もいます。

 

気持ちの優しい人が多く、自分でもどうして腹がってくるのか

とにかくイライラがおさまらなくて苦しい。

 

ご家族とは言い合いもしても、職場では感情を抑えるようにしているかもしれません。

とても気真面目で自分の仕事はきちんとこなし、

その代わりダラダラ仕事をしている人をみると腹立たしいこともあるでしょう。

 

人にも厳しいけれど、自分にも厳しい方が多いです。

そう言うとおそらくそんなことはありませんと否定されるかもしれませんが、

自分でもできないことやミスがあったりすると、

いつまでも自分を責めてしまったり、

 

どうして気がつかなかったのか、

みんなに迷惑かけてしまったらどうしよう、

悪く思われていたらどうしよう・・など

気になってしまう人が多いかもしれません。

 

そうするとますます気持ちのおさまりどころがなくて

自分に腹立っているところへ ご家族兄弟に何か言われたとたん

腹が立つ出来事が起こってしまうかもしれません。

 

ご自分をもっとリラックスして、

過ぎてしまったことをクヨクヨせずにそして自分自身にも腹を立てずに、

やさしい自分を取り戻すことが大事です。

 

お参りなども気を変えてくれます。

心地よいと思うところは人によって違いますが、

ご自分がここと良く感じられる神社へ参拝して気を変えることも一つの方法です。

 

お部屋でお香を焚くなど(火の気には細心の注意を)も一つの方法です。

好きな香りと、お香の小さな煙に心が落ち着きますようにと気持ちを込めて願うこと。

すべての出来事が自分を育ててくれるための必要な出来事だったのです。

 

どう捉えて前向きに進んでいけるのかで次の出会いも変わっていきます。

感受性が強い方は仕事はあればあるで忙しすぎて大変で

辞めたくなるほど自分を追い込み過ぎてしまうので、限界を感じやすくなります。

 

パニックにもなりやすいし、

すべて背負い込まないでできる所からこなしていきましょう。

一呼吸、深呼吸、心と魂は連動しています。

 

本来の魂はとてもピュアであり日々の雑事に追われ過ぎると

ゆっくり感じとることもおろそかになりやすい。

腹が立つことやイライラして

相手に乱暴な思いをぶつけることもあるかもしれませんが(特にご家族には)

嫌なことばかり、腹が立つ、ムカつくの思いだけでは心が疲れてしまいます。

 

できるだけ元気が出る言葉を使う事も心がけていくようにしてください。

ありがとうございます。感謝しています。楽しい。可愛い。うれしい。

しあわせ(小さなことでも)

生かされて美味しく食べて生きることはとても幸せなことでもあります。

 

言葉には言霊があります。 言葉の力、 エネルギーです。

たとえ思っていなくてもよい言葉を口に出してみてください。

良きエネルギーに満たされてきます。

 

今日もありがとうございました。

 

寒川神社(神奈川県高座郡寒川)

 

パラレルワールド マンデラエフェクト

 

パラレルワールドは現在の世界と並行世界に

 

同時に存在していると言われています。

 

マンデラエフェクトは多数の人が思っていたことが、

 

事実とは違っていたり、そうだと聞いたはず(確かに聞いた)のことが違っていたり・・・・

 

マンデラエフェクトというのは一般的にはある会社の社名が

 

多くの人が確かに変わったと思っていたら、変わっていなかった。

 

亡くなったと思っていた有名人がお元気だった。

 

確かに報道で聞いたのに・・どうして

 

自分はまるで異なる世界のことのように思う事もあるかもしれません。

 

世界線が交差しているように

 

日常の些細なことでも、

 

相手の言う事が違っていたりすることもあるという方は

 

約束事などはすぐに書き込んでおくことです。

 

すべてではなくても自分の勘違いかと思ってしまったり

 

または相手が勘違いしているのではないかと思う事で

 

ごまかし納得していこうとすることも経験されてきた方も多いと思います。

 

ちょっとした行き違いだから仕方がないと

 

すませておくしかないと心に納めている方もいらっしゃるかもしれません。

 

私も何度か経験しています。

 

「あれ言っていることがまったく違う」

 

「10名ほどいた集まりのときに、

次回これをやりましょうと言っていた人が

まったく違う事をやろうとしている、

しかし他の人はなんら疑問を生じていないこともありました」

 

自分だけがその一瞬時間軸がずれていたような感じです。

 

ある習い事の話をしていた時には、その日にちを相手がいっていたときに、

 

返事をしながらも、なにかおかしいなという感覚があったので

 

数日後に確認すると案の定相手の人は全く違う日にちをいうのです。

 

事前に確認してしっかりメールに残しましたら大きな問題にはなりませんが、

 

こうなるとどちらが勘違いかという話になってしまいますが、

 

大きな支障はないのですが、

 

あれっ あれっということが起こってくることもあります。

 

感性の強い方はパラレルワールドを

 

様々な形で経験されてくることも多いかと思います。

 

 

 

日々の生活の中にも霊的なメッセージが満ちています

 

ご自分には霊的な感覚がないと思われている方がいるかもしれません。

 

その感性は誰にでもあるものですし、

 

私たちは日々感覚が研ぎ澄まされているから

 

危険を回避して毎日を暮らせてもいるのです。

 

守護もされています。

 

そして日常の何気ない事にもメッセージはあふれています。

 

朝目覚めたときにも一番で頭に浮かんだことも大事にして下さい。

 

例えば今日は実家に連絡してみようと思ったら

 

後回しにしないで連絡してみたり、

 

たいした用事はないかもしれませんが、

 

つながりはおろそかにしないことです。

 

現実的なことも霊的なこともつながっています。

 

友人知人と会話したりしているときに

 

相手のひとことがとても気になったり・・・

 

何気なく手に取った本や雑誌、

 

目にしたり、耳にした言葉に

 

一言がとても気になって自分も気をつけておこうとか、

 

街で目に付いた広告や言葉が

 

心に印象的に残ることもあります。

 

それはご自分にとって意味のあることが多いこと。

 

何度も同じようなことが気にかかるときには

 

自分にとって必要とすることが含まれていて、

 

守護からのメッセージでもあります。

 

日々日常の中で、

 

心に浮かび伝わることにも大きな意味が含まれています。

 

小さなことも大切に見逃さないように

 

カルガモ親子

引っ越してから落ち着かない

 

引っ越しをされて、どうしても熟睡できないし

 

気持ちが落ち着かない感じになることもあるかもしれません。

 

引っ越しをして環境が変わっただけで

 

馴染んでいないからだとも思えることもあります。

 

霊的なことであればラップ音がするとか、

 

気配を感じる、夢を見る、霊を見る、声が聞こえる、金縛り・・・などの

 

現象が出てくるので明らかに霊的な理由があるのだとも考えられますし、

 

あきらかに事故物件では確かにありえることです。

 

それでも事故物件でもないし、

 

過去に事故があったこともない場所のばあいで、問題があるとしたら、

 

その土地の場所がご自分にあまり合っていないかもしれません。

 

急いで探してしまうと重要な要素ではありますが、

 

便利さだけで決めてしまう事もあります。

 

あとは以前に住んでいた方の思いや意識が

 

残像エネルギーのようにお部屋に残っていることで

 

敏感な方は感受してしまいやすいかもしれません。

 

まずはお塩をお部屋全体の四隅に置いてください。

 

お皿か、厚めの紙にお塩を乗せて4カ所に置いてください。(一週間ほど)

 

そして次のような気持ちで心の中で(声に出してもよいです)

 

「縁があってここにしばらく住むことになりました。よろしくお願いします。ありがとうございます。」

 

とお部屋と土地とお部屋に挨拶をしておいてください。

 

良き言葉は善き波動を持っています。

 

そして本来は土地の氏神様へのお参りもされたほうが良いです。

 

お部屋を決められる時に、

 

一時的にしてもご自分が住んで生活していくところを決めるために

 

環境や利便性ももちろん大切なことですが、

 

その場所のもつ波長がご自分と合っているかも考えて、

 

ご自分がとても気持ちが良いと感じる所か、

 

便利なだけや外観だけでもなく、ご自分の感覚でも感じとってみてください。

 

自分はここに住んでみたいと感じられるか

 

内面の気持ちも感受してみましょう。