霊的な影響が出ていたお家

いまから40年も前のことですが、

 

知人の実家に一度遊びにお邪魔したことがありました。

 

そのお家は少し郊外のところでしたが、曾祖父さんの時代からその土地で庭石

 

や墓石の販売をしているお宅でした。

 

広く大きな家でしたが、大家族で、

 

とても忙しそうでとても和やかなファミリーでした。

 

ところがその家に泊まった晩に、眠れない一晩になったのです。

 

2階の一部屋に通されて眠ろうとすると、部屋のタンスや天井から、

 

すさまじいほどの音で「バキッ! バシッ!!」と音がしてくるのです。

 

再度眠ろうとしても今度はヒソヒソと人の話し声と、

 

悲しそうな泣き声が聴こえてきたり、

 

霊の影と姿がちらついて、なんだかとても落ち着ける状態ではありません。

 

もちろんその部屋も隣の部屋も誰もいません。

 

家のお仕事が墓石の販売をされていましたから、心を持って対処しなければな

 

らないご商売でもあり、いろいろな霊との関わりも強いはずです。

 

翌日知人に家の仕事柄、お参りをしたり供養や清めを続けたほうが良いという

 

話をしましたが、

 

ほとんどとりあってくれませんでした。

 

まだ私も霊的な仕事をしていませんでしたから

 

それ以上お話しできませんでした。

 

立派な神棚もありましたが、おそらく先代からのもので、

 

いまはあまり大切にされていないしお掃除もされていない状態が

 

一目でわかります。

 

浄化される力がありません。

 

その後そのお仕事は後継ぎがいなくて、ご商売をやめたのですが、

 

そうなるべく要因があったのですから仕方がないかもしれません。

 

それでも代々続けてこられたのは、ご先祖からの徳もあったでしょうし、

 

その前の代までは神様のお祀りもきちんとされて守られていたのです。

 

神霊に携わるお仕事の方は特に大切になさることでよき巡りにもなるのです。

霊的な感受性 気配ばかり

子供のころから、誰もいない道を歩いていても、なんだか気配がして

 

後ろばかり振り向いてしまう。

 

やはり誰もいない。

 

それでもししばらくするとまた気配を感じて後ろを振り向いてしまう。

 

子供でしたから自分が何か思い悩んでいるわけでもなければ、

 

不安もない時でもそのような「気配の感覚」にずいぶん悩まされたことがあり

 

ました。

 

単純に言ってしまうと「気のせい」

 

気がきになるのは仕方がありません。

 

確かに目でみると何もいない・・・

 

霊的にみると浄化していない霊たちが集まってくる感覚です。

 

一人で神社やお寺にでかけられる年齢になってから、

 

神社やお寺をたびたび参拝するようになると、

 

気配はだんだん消えてきたのです。

 

人によって感受性はことなりますが、ときには気配と同時に話し声のように聞

 

こえてしまうこともあるかもしれません。

 

「いう事を聞け!」などど命令口調で伝わってくるような存在は決して良い影

 

響を与えてきません。

 

意識をコントロールされないように。魂が守られますように。

 

頑張って乗り越えてくださいますように 大事な準備の時

緊急事態宣言がまた延長されてしまいました。

 

いつものことができないもどかしさで、

 

かなりストレスもかかってくる時でもあります。

 

先を考えすぎて不安も重なってしまいがちにもなりやすいことも

 

あるかもしれませんが、

 

こういう時に何もできないとがっかりしたり、風潮に流されないように。

 

またどうせダメだろうではなく、準備をしておく大切なときでもあります。

 

再開されたときのために今やっておかないとうまく時流に乗れなかったり、

 

遅れをとってしまうことや、

 

例えば営業ならば今何ができるかを考えて再開されたときに、

 

いかに行動し活動できるかを準備の時でもあります。

 

かといってどこの会社も自粛でテレワークや

 

メールのやり取りなどが中心でもあるでしょうが

 

いまなにができるか、今後生活が戻ったときに何が必要か大事な勉強と準備

 

のときでもあります。

 

再開されたときにしっかり進めますように

 

さらに力をつけていかれますように。

 

頑張って乗り越えて下さいますように。

嫌われていると思いがちになる人

他人から「嫌いわれているとか、自分は良く思われていない」と思いがちにな

 

ることもあるかもしれません。

 

受け止めてしまう感覚が強すぎてどうしても悪いことにばかり

 

意識がつながってしまいがちになりやすくなったり、

 

ご自分を常に責めてばかりになってしまいます。

 

自分は相手から嫌われて憎まれていると思い不安を抱えてしまったり・・・。

 

自分が辛くて抱える問題や悩みに辛くて、

 

太刀打ちできないことが続いてしまうと、

 

心も霊的にも弱っていますから

 

余計に過敏に受け止めてしまうことになります。

 

感受性が強い方は物事をとても深く心の痛みで受け止めてしまいがちです。

 

また誰かに恨まれている、嫌われている、

 

呪われているのではないかという思いが強すぎて

 

悩まされているケースの場合、問題点の発生したままの

 

過去の時空間に霊的な心が留まってしまっているのです。

 

いつも人の言動や霊、生き霊に悩まされてしまう場合には、

 

見ないものの影響も考えたほうが解決の糸口にもなりますが、

 

あくまでも他人に支配してもらうのではなく、

 

自身の魂も心も他の誰のものでもありませんから人生までコントロールされな

 

いように。

 

感情を動かされないように。

自らを大切に好きになること。

 

時には空に意識を向けてみてください

今回の自粛で活動が制限されている中で、

 

ご自分と向き合うことがよぎなくされている時間が増えていますが、

 

精神的な向上も高まってきているときでもあります。

 

昨年あたりから写真を撮ると空や自然界に龍神の姿や龍雲が映っていたり、

 

鳳凰のように見える雲や、UFOを見たりされる人も増えてきています。

 

表現しづらいですが霊的な世界との壁が薄くなってきたような

 

次元が上昇してきている状態ですから、

 

この世界は物質的な世界だけではない世界と共存していることを

 

あらためて知らされてくることが今後も多くなってくることになります。

 

神を信じるという一つの概念ではなく、

 

そうある世界であたりまえなのだというように

 

自然界のもつ意識やエネルギーがときには形となって

 

表れても来ることになります。

 

落ち込みやすい時期でもあります。

 

ときには空に意識を向けてみてください。

 

見上げた空や雲や光に何を感じられるでしょうか?

 

夜空ならUFOかもしれません・・・

 

 

 

 

自粛により街が静かな日が続いています

不要不急 以外の多くの方はご自宅にいらっしゃるのですから

 

いつものように出かけたくても出かけられないのが現実です。

 

パンデミックにより行動制限されることは初めての経験です。

 

時間を持て余されたり、このような時だから家の片づけをしたり、長い間読め

 

ずに本棚の飾りになっていた本を読み始めたり、

 

日々時間との追いかけっこで、時として時間に振り回されていた自分をリセッ

 

トするように自然と自分心の対話も増えてきます。

 

日々目的をもって動くことの大切だったこと

 

いつも楽しむ友人との食事や会話

 

いつもできることができない。

 

反対に家族と過ごす時間が増えて、会話ができたり。

 

一緒に食卓を囲む回数が多くなっているでしょう。

 

いつもできることができない反面、いつもできないことに

 

今後の社会への不安も生じてくるかもしれませんが、

 

自粛から解放されてもしばらくは世界的な経済の落ち込みも出てくることに

 

ますから安定してくるまでには時間がかかってきます。

 

世の中の巡りがこれまでとは変化してくる時代に

 

私たちは出会っているのです。

 

あらたな価値観はこれまで陰に隠れていた才能や輝きを見出してくることにも

 

なってきます。

 

人の意識も高まってきますから、欲だけで動かされるよりも、心地よい生き方

 

を選択していく方向に進んでいくことにもなってきます。

 

自粛疲れにならないように

日々の自粛で、ニュースもほとんどが

 

コロナウィルスの情報や人数の報道ばかりです。

 

もちろん情報は必要ですが、

 

一日中聞いているととても不安も強くなってしまいます。

 

最低限のお仕事や用事の外出にして、

 

これ以上自粛できないというほど

 

頑張っていらっしゃる方にとっては、つらいですね。

 

ニュースを聞いているだけで精神的にダメージを受けてしまいがちです。

 

落ち込んでしまいます。

 

仕事もいかれない、遊びにも行かれない、友達とも会えない、

 

テレビかスマホか。

 

それもあきてしまいます。

 

自然とご自分と向き合って心の対話をされてきてもいる時期です。

 

ご自分が生きる意味 価値観 文句もでてしまったけれど日常の大切なこと

 

当たり前のことができないもどかしさ 

 

感謝すべきことはたくさんでてきます。

 

感受性が強い方は、ニュースなど必要最低限に情報をきいておくようにして、

 

負をかかえこみ過ぎないようにして、ダメージを受けないことも必要です。

 

例えばあの人も陽性になったから大丈夫かな、

 

怖い、不安が出てしまうからです。

 

免疫力を下げないように。しっかりお食事して、

 

肝腎要の大切な肝臓に負担をかけないようにお酒を飲み過ぎないで、

 

体全体の流れを整えてください。

 

散歩やストレッチも血流を良くしてくれます。

 

どうぞ皆さんお心大切にご自愛ください。

 

守られますように

金縛りの対処法

金縛りは疲れたときと言われますが、金縛りに本当にあう人にとっては疲れた

 

ときも疲れていないときもあまり関係ないほどおこりますから、世の中の基準

 

では図れないものです。

 

この世界は理屈や理論だけでは説明できなくなります。

 

とにかく金縛りは声が出なかったり、体が重く抑えつけられたり、首を絞めら

 

れたりという感じが多いです。

 

私も以前はよく遭いましたが、やっとの思いで目を開けると黒い影に覆われて

 

いたりしました。

 

金縛りに遭ったときの対処法は身動き取れない状態ならば、

 

自分の眉間に気持ちを集中させてそこに「光」を感じるようにイメージを深く

 

していくと良いです。

 

小さな明るい白いパワーのこもった光を集中してイメージしていくことで、

 

マイナス霊の想念の意識を撥ね返すことができます。守護霊に願うことも良い

 

です。

 

いつも唱えている祝詞やご真言を心の中で一心に思い出して唱えることも効果

 

的です。

 

金縛りがとけて少し落ち着いたら深い呼吸をして体の気を整えて落ち着けてか

 

らゆっくり休んでください。

 

落ち着かない時にはお守りを持たれたり、

 

お塩を置いたりして清めてください。

 

 

思いの世界と霊

霊というと暗いイメージで、

 

が立ててあるような怪談めいた情景を思う方が多いかもしれません。

 

霊的な世界はそういう世界だけではなく、霊というのはもともと人間だったわ

 

けですから、物質的な肉体の無くなった世界の存在です。

 

肉体が無くても、死んだという認識が無い場合や、執念や思いが強すぎてしま

 

うとその意識だけがこの世に残ってしまうのです。

 

亡くなっても気持ちだけが強くこの世に残りますから、いつまでも亡くなった

 

時間のままに存在しています。

 

同じ空間にいますが私たちのように時間の進んでいく世界と、時間の進まない

 

霊の世界が同時に存在しているのです。

 

このように霊とは時間の感覚はちがってはいますが、ひとつだけ霊とつながり

 

やすい要素が人間にはあります。

 

それは「思いの世界です」、人が悩んだり落ち込んだりするときに

 

霊と波長が合いやすいこともあります。

 

なぜなら霊としてこの世に思いを残している存在は、マイナス意識に包まれて

 

いるような状態ですから、人も落ちこんでいるときにはマイナス意識と波長が

 

合いやすいものです。

 

長いこと人を恨んでいたりすると、マイナスと同化してしまうこともあります

 

からご用心。

 

自分自らの精神的なコントロールがうまくいかないときには、少なからず霊の

 

影響を受けていることもあるかもしれません。

 

人間界は人の持つ意識や想念が次の時代を構築していくことにもなります。

 

一人一人がつながり思いが集まってきたときに流れもつくられてくることも

 

現実世界に反映されてくることにもなりますから、

 

できるだけ希望をもって心強く

 

住みやすい地球であることを願い思うことも大切です。

 

以前より霊的な世界と現世の壁のような厚みが薄くなってきている時代でもあ

 

りますから、

 

良いものも悪いものも、

 

非常に霊的なコンタクトもしやすい時代でもあります。

 

ここしばらくは自粛のためお家にいることが多いでしょうが、落ち込んだり不

 

安ばかりが強くなってしまうとマイナス要因を引き寄せやすくなってしまいま

 

すから、感受性が強いかたは、気持ちを左右され過ぎないように意識しておく

 

ことも大事です。

 

意識を向けるだけでも違います。

加藤眞澄HPへ

大山阿夫利神社(おおやまあふり神社) 神奈川県 伊勢原市

大山では古墳時代の遺跡などもでているようでとても歴史のあるところです。

 

ケーブルでも下社まで行けます。 ケーブル駅まで階段道がんばります。

 

登山道のひとつでは「やびつ峠」と呼ばれるところもあり、

 

むかし戦いの矢を櫃(ひつ)の中に入れて埋めておいたことから、やびつ峠と

いわれているそうです。

 

大山の麓まで行くと、すでに山の気につつまれて

 

あらためて深い呼吸をし直したくなります。

 

下社まで行きますと、山の中腹に荘厳なお社が迎えてくれます。

 

登山の方々もおられますが、

 

ゆっくり山の気、神気、を体中で受け止めて参拝してみるとよいです。

 

ご本殿の右脇にご神水がでています。

 

ここのお水を飲まれた方が、とてもおいしいお水で神気を感じられたと

 

おっしゃっておられました。

 

お水が自分の体の一部になっているということを改めて感じられて、感受性の

 

敏感な方はご神水の違いがわかるとおもいます。

 

また、これはあくまでも霊的な現象が激しい方のお話ですが、感受性の強いお

 

子さんの手の平の皮が真っ赤にただれ 痛がり 病院で ステロイドの塗り薬

 

をいただいたのですが なかなか治らず大山神社に行ってみてご神水もいただ

 

き 参拝してきたところ 2、3日して 手のひらの皮膚の赤みがおさまり 

 

皮膚がしっかりしてきて1週間くらいでおさまり その後そのような症状はな

 

くなった方もおられました。(個人差はあると思いますし、この方にはお水が

 

あったのでしょう)

 

それから後にその方が参拝に行った時に 近くに神主さん(禰宜さんかも)が

 

いたので この話をしたら「あ~そうでしたか~」とあえて驚きもせず お話

 

を聞いてくれたそうです。

 

ご利益というよりも霊的なものを清める気があるのだとも感じます。

 

晴れた日には遠く江ノ島も望めます。

 

またケーブルの途中駅の「不動前」に大山寺(おおやまでら)があります。

 

小さなお寺ですが神仏分離のときに下社からこの場所に移されたそうです。

 

小田急線の伊勢原の駅からバスで大山ケーブル駅へ

 

徒歩10分でケーブルに乗って大山阿夫利神社下社へ到着します。

 

大山阿夫利神社ホームページ