あれやこれやと変わり目 転換期

あれこれ考え事をしているうちに、過去の出来事のつまらないことを思い出し

 

ていたり、またそれを思い出したことで次々に思いが巡らされてくることがあ

 

ります。

 

体験した記憶とも違う情景が浮かんでくることや、いつもの場所にいながらど

 

こか違う場所にいる自分を感じとってしまうような現象を体験する人もいま

す。

 

最近は特に見えない世界の急速な進化の動きがありますから、体と霊体とのバ

 

ランスが崩れるように感じられる人もいます。

 

意識が離れた状態にもなりやすく霊界に足を踏み入れたのかも知れないという

 

錯覚をおこすこともあるかもしれません。

 

偶然は必然、思うことが無意識でも現実世界での共通性がつながりを持たらし

 

ていくことが大きく広がりはじめていますから、霊体と肉体の入れ替わりがお

 

こってくることになります。

 

人の体は本来、霊体と魂とつながっています。そしてその魂は肉体をとても必

 

要としています。

 

体が主(あるじ)の時代がチェンジしてきます。自分の霊が主(あるじ)であ

 

ることを感じとられる現象がはじまります。

 

(物質だけが主体でしたから)

 

焦って考える必要はなく、自然体で進んでいきます。

 

コロナ禍自粛で、自分と向き合う時間も増えて心と対話する時間も増えてこれ

 

まであまり気に留めなかったことも気づかされたりすることもあると思います

 

が、意識の上昇する転換期は心と向き合う時を大切に。

霊的ガイド

生まれつき「運」が強いとか弱いとか言われるように、数ある過去世から未来

 

へつながるための経過途中でこの時代に生まれて、宿命の違いはありますが自

 

身の使命(ミッション)を選択してきたのです。

 

その宿命の枠の中の人生を、どのように自分が支え、努力して乗り越えて生

 

き抜いていくのかが生きる意味でもあります。

 

どのような境遇に育つかは異なりますが、似たような境遇の人もいます。

 

それでもその状況に対しての選択肢はそれぞれ異なりますし、

 

どの方向にいくかは心の動きでもあります。

 

そのときに霊的ガイド(守護霊)はこうしたらよいのだということの

 

「意識」のアドバイスはしています。

 

その働きかけに気持ちを動かされ導かれるかどうかは、自身の感性がどの位置

 

にいるのかで受け取り方が微妙に変わってきます。

 

守護というのは必ず引き上げてくれて、強運を授けてくれるという神頼み的

 

な存在ではありません。常に働きかけはしていますが、ご本人が下ばかり見て

 

いるようでは守りにも限界があります。

 

できる努力は惜しむことがないように、後を(過去)振り返る時間をなるべく

 

最小限にしていくことが大切です。

 

そうでなければ守護霊がいくら導こうとしても自分が心を閉ざしていたのでは

 

どうにもならないのです。

 

守護は霊的ガイドとして、あくまでも案内役ですから意識下で必要なアドバ

 

イスはくれますが、決断するのは守護ガイドではなくてご自分自身でなければ

 

ならないのです。

 

例えば朝眠いあなたを駅まで担いでいくことが守護霊の役目ではありません。

 

100メートル走で先に走ってくれることでもありません。

 

後押しをして守ってくれます。

 

けれども気持ちが落ち込んでいるときにも、これ以上傷つくことがないように

 

霊的なあなたを内面の見えない世界から支えていくために守護は働きかけています。

 

そしてしあわせを願って導いています。

追いかけられたり追いかける夢

追いかけられる夢はいくつかの理由がありますが、

 

・現状の中に焦りがあるとき

 

・課せられた重圧から逃げたい、または逃げているようなとき

 

・忙しさからのストレスで不安が溜まっているとき

 

・目的や目標から離れていく状況を含んでいます。

 

人生は一生懸命に積み上げられていく問題を日々の生活でこなされて行かなければなりませんから、

 

その中で気付かないうちに目標や試練に立ち向かっているはずの自分が、

 

逆に追いかけられているような状態を霊的な存在が夢という形であなたに伝えてきているのです。

 

霊性と霊的守護があなたを精神的な側面の一部を、つなげて支えている事を、心に力強く働きかけてくれるために夢という存在があるのだと思います。

 

反対に何かを追いかける夢は、ご自分の目標に向かっていることは確かですが、追いかけても追いかけても手が届かない、

 

たどり着けないような場合には、思いと、気持ちと現実がともなっていないことになります.

 

将来の希望に向かっていくために気持ちを再確認して安定した自分を取り戻していくように霊的なメッセージも込められています。

 

追いかけることは正義をあらわされていますが、追い続けてももしドンドン引き離れていく夢ならば、

 

いまは無理に追い続けるべきではないことを示唆しています。

 

ゆめは間違った方向へ行かないためのメッセージでもあります。

               

気持ちのコントロールがしづらくて

妙に突き刺さることを言う人、

 

また聞かされてしまうようなタイミングというのはありますね。

 

確かに過剰反応しやすいのはとてもつらいものですが、

 

そのときにそういう言葉をどのように受け止めるかで流れが

 

少しばかりチェンジしてきます。

 

自分に辛いことを言ってくる相手は

 

反対に相手自身が自分につらい人です

 

どこかにぶつけてみているだけです

 

もちろん人がどう思うかなどお構いなしです。

 

辛い言葉を聞かされて後に残るのは

 

何かを考えさせられるかもしれません

 

自分の反省点もあるかもしれません

 

もちろん相手にも問題あるかもしれません

 

あなたご自身の感受性が高すぎてバランスがとれないときがあるかもしれません

 

もしそれがすべて含まれているとしても、受け止める側の自分の問題になるとすべての事柄に対して

 

例えば他の人が、あなたを誉めてくれるようなよい言葉にも

 

胸に突き刺さるような言葉にも、

 

下を向きすぎて捉えて、そしてまた下を向いてうつむいての繰り返しではよくありません。

 

気持ちがざわついてくるのは霊的な問題があるかもしれません。

 

けれども反省ばかりし過ぎてはいけません。

 

見直して反省してみることはよいことですが、

 

食べ物に例えるとお酢が体に良いからととりすぎたら胃を荒らします。

 

反省ばかりが良いからといって過ぎたるは及ばざるがごとしということでもありますからご用心を。

 

良い言葉にも「どうせ自分なんか・・」と思っていると暗くなってしまいます。

 

*良い言葉も悪い言葉も心に残っていくものはなるべく出来る限り、感情で受けとらずに理性で受け取るようにすると少し楽ですよ。良き言葉には「心から理性でありがとう」、悪い言葉には「傷つくより先に、理性で判断」できるかぎり・・

そうすると良き言葉にも有頂天になりにくく、悪き言葉にも傷つきにくくなります。少しずつ

 

亡くなった方に思いを伝える

亡くなった親戚や友人の方が、夢に姿が現れたり夢の中で話をしたりすること

 

もあるかもしれません。

 

夢の中で亡くなった方と会っているときに、楽しい夢なら亡くなってからも、

 

まだ一緒にいたいという気持ちが残って、楽しい会話や思い出を共有し、感謝

 

喜びを伝えて来られています。

 

けれども夢で出会ったときに悲しそうであったり、表情や感情が伝わってこな

 

いようなときには、まだ亡くなったことに気付いていないか納得していないの

 

かもしれないのです。

 

もしそういうことが続いてくるようであれば、寝る前に亡くなったその方の姿

 

や名前を思い浮かべていきます。次に声を出す必要はありませんが、

 

「自分では貴方のことをこのように思うことしか出来ないけれど、どうぞ悲し

 

まないで苦しまないで、貴方が幸せになるための方法を出来る限り祈っていま

 

す」という思いを伝えてください。

 

供養とか浄化法は切り離していくことだけを考えるのではなくて、受け入れて

 

考える必要もあります。

 

 

霊を感じとると寒気がする

霊を感じとりやすい人、霊的気配がつよく出るような場所にいくと

 

体がゾクゾクしたり、鳥肌が立つような寒気を感じられることもあります。

 

違和感のある波長を感じとったために体が反応を起こしてくるのです。

 

それに霊の存在は、この世に思いや未練や無念を残しているので

 

現世から断ち切れずに、霊として残るくらいですから、

 

「さみしさ、悲しさ、悔しさ、苦しみ、無念さ・・・・・・・などなど」 

 

およそマイナス意識の塊であることも多いのです。

 

生きている私たちでも、あまり冷酷な冷たい言葉だけを

 

自分に投げかけていたら、とても心が冷えきってしまいます。

 

それを肉体のない霊(おばけ)は心をマイナスで覆っているような状態です。

 

そのような感覚を受けたり、とり憑かれたりしたときに

 

霊の気持ちが心の中に伝わってきて、

 

それが私たちには肉体がありますから、

 

体は寒さを感じられるほどのマイナス世界に

 

いっとき波長が遭ってしまうこともあります。

 

深呼吸したり、ご自分の干支のご真言を唱えてみたり

波動を変えていかれることもだいじです。

 

 

霊的な体質

霊的なことを感じとりやすい体質を持つ人でも、

 

霊が見えたり寒気がしたり、独特の気配を感じることもあれば、吐き気がする

 

ほど気分が悪くなる人もいます。

 

霊感体質の方では、出かけた場所によっては気分が悪くなったり、熱っぽくな

 

ったりすることもあります。

 

私が若い頃に友人と旅行に行ったときに、目的地に近づくほど体が重たくなって、

 

翌日は朝から微熱が出て、体は動けたのですが軽い寒気に気分が悪い。

 

タクシーで観光地を巡ろうという事になり、山やトンネルをいくつも抜けて車

 

が走っているのですが、友人と話をしていても、どこか上の空のように頭痛が

だんだんひどくなったりしたものです。

宿に戻って少し落ち着きましたが、どうも巡った観光地は開発によって、ずいぶん山は崩され、ダムもつくられ、古いお墓はつぶされてきたようなところが多かったのです。

なにができるという事ではないですが、旅行から戻ってからいっときのご縁で

 

したが、心を持って心を伝えることでしかできませんがお寺に参拝してお線香をたいてきました。

 

人によっては、霊的なことが抜けきれないで、どこにいても気分が悪く、吐き

 

気やめまいに襲われて、体調を崩してしまうこともあり、病院でも原因不明と

 

いわれて薬もあまり効果がないということもあるかもしれません。

 

その場所を離れたり、気持ちの良いところへ行くと落ち着く場所を見つけることも大切です。

 

水晶玉が重たくなったこと

*事例はご本人のご了承をいただいて掲載しております

ある旧家のお宅でしたが、昔からのお墓がわかるものだけで何十墓もあり、小

 

さな石の墓もいれるといくつものお墓がありました。

 

所有されている山の一画に古い代々のお墓をまとめようと言うことで新たに立

 

派なお墓をつくられたのです。

 

お墓はきちんと新たにされたのですが、ご家族のなかで霊感が強いご主人が

 

なんとなくご先祖の皆さんが入っていないような気がするということでした。

 

昔からの檀家のお寺で丁寧にご供養と開眼供養もしてもらっているけど、なぜ

 

か足りない気がしたそうです。

 

霊査していくとこのお家は古いのですが、それでももっと以前のようすをみて

 

いきますと、近い圏内ですが、ご先祖がご縁があって住んだところ戦ったとこ

 

ろ苦労したところなど、平和な時代になる前の情景がでてきます。

 

いまではその方々のお墓もわからないほど粗末にもなっているのです。

 

それをお話しして霊的にできることとして、そのご夫婦とともに清めるためと

 

ご先祖の霊に集まっていただくために水晶玉を2つ持ち、ご縁のある場所や土

 

地をまわり、神社やお寺が近くにあるところへはおまいりして、新しいお墓の

 

一角にその水晶玉を埋めましょうと言うことで、二日間かけてご夫婦と出かけ

 

ました。

 

そしてお墓に戻り持っていた水晶を袋から開けて手のひらに乗せると、途端に

 

「痛い  熱い 痛い重い❗️」と私が声を出すほど熱く痛いのです。火傷したかと思

 

うほどの手のひらの熱さと針を刺されたかのような痛みでした。

 

もちろん火傷もしていないですし、傷もありません。

 

ご主人と奥さまにもお渡ししてみると、「ほんと熱い痛い重たい」と奥さます

 

ぐにご主人に渡されてご主人「熱いわ、痛くて重いけどこれだけ集まってくれ

 

たことを感じるしはやく埋めてお墓の供養をしていきます。すごいなこんな形

 

で集まることってあるんだ」と感じられていました。

 

霊感が強いご主人もいらしたので感受する力も高まったと思います。

 

その後、ご主人はやり終えた感じがして不安はなくなったそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*お守りやブレスレットにも、水晶や様々な天然石が使われていますが、

古来より宝石、石の持つ神秘なエネルギーは活用されてきました。

歴史のある神社では、磐座(いわくら)と言われる岩に神が宿るご神体とされていたり、依り代(よりしろ)神霊のいるところとして石が祀られていたりします。

心残りがないように

ご夫婦ご家族はもちろんのこと、親戚のかたなど、

 

親しくされていた方を亡くされたあとから、体調をくずしてしまうこともあり

 

ます。

 

疲れだけならしばらく休んでいれば回復できますが、人一人が亡くなった、

 

悲しみもつらさもさみしさもあります。心の回復も時間が必要ですし、

 

いなくなってしまった、空間のエネルギーは修復されてくるまでに、

 

過敏な方はバランスを崩してしまうこともあるのです。

 

人一人の存在エネルギーは、とても大きいのです。

 

いままで穏やかだった空間が波立つように、

 

凪におさまるまで変化の時間です。

 

昔は、一家のご主人を「大黒柱」といって、家を支える大事な柱といわれまし

 

たが、

 

一人一人もそれぞれが、大事な柱でもあります。

 

亡くなられた方と、同じことは出来ない、生き方も考え方も違います。

 

体調を崩されるほどに過敏な方は、

 

亡くなった方の気持ちが伝わって来ていることもあります。

 

怖がらないで、何かを伝えてきているだろうか?

 

何かを望んでいるだろうか?

 

何かしてあげられるだろうか?

 

心の中で、感じ取ってみてください。

 

霊的な世界はつながっています。

 

すべてが見えなくなったら終わりではありません。

 

残された方も心残りがないように

元気なのに自分が死ぬ夢をみたら

元気なご自分が「自分が死んでしまうゆめ」は印象からすると気持ちのいいも

 

のではありませんが、

 

多くの場合は、霊的な意味が大きく、

 

一つの段階を越えていることをあらわしています。

 

これまでの悩みごとや、考え方やとらえ方に対しても

 

変わっていく時期が来ていることを知らせています。

 

古い考え方やこだわってきた思いを手放すことができるのです。

 

ひとつ見えない衣を脱いで浄化されていく意識のあらわれですから、

 

自分が死ぬ夢ということは悪い夢ではありませんし肉体は生きています。

 

一言でいうなら霊的な成長を伝えています。

 

それとは別に、人に追いかけられるような夢だとしたら、

 

人間関係で悩まされていることが現実的に近い部分で夢に見てしまっているこ

 

ともあります。

 

人の意識にさいなまれている場合もありますが、自分との葛藤が心の中でもが

 

きすぎています。

 

怖さを感じたときには、

 

肩の力を抜いて人と争うことを避けるようにというメッセージでもあります。

 

リラックスして眉間の上の、第三の目に光が入ってくるイメージをするように

 

してください。