お稲荷様 白狐さん T子さんの話

ご本人の承諾を得て掲載しています。

T子さん(40代主婦)は最近疲れているせいか何となく落ちこんでくる。

とくに大きな悩みでもなく、いつもと同じ日常の中で

 

だんだん落ちこんで鬱のような心境でした。

それでも仕事にも行けるし家事もできる。

けれどもだんだんと、とても落ちこんできて、

 

そのうちに仕事のとき以外では首も下を向いてしまい。

考えることもマイナス思考ばかりで何もおもしろくないし、

心の中が日々ネガティブになってしまう。

 

そんなある日、T子さん自分の右肩に白いものが見えた気がして、

はじめは気のせいかと思って確認するとまたも白いものがみえる。

 

顔だけでしたがふっくらした白狐の顔が見えるのでした。

そういえば毎年行っていたお参りに今年お詣りに行ってない!

事を思い出しました。

 

T子さんご家族はご主人のご実家を手放して引っ越しをしました。

手放したご実家の土地では周囲も

お稲荷様を祀っているお宅も多かったのですが、

しかし時代と共に敷地にあった外宮も無くされて、

のかわり毎年きちんと本社へお詣りしましょうという話しをしていました。

それが今年はいけないまま忘れていたのでした。

T子さんがだんだん落ちこんできていた理由なのです。

 

ようやく思い出して参拝に出かけたT子さん、

早速ご本殿でお詣りして、気持ちが晴れてきて

落ちこんで下を見ていた気持ちも

首も上に上がってきたのには自分でも驚いたそうです。

 

いくつもあるお社の中に自分の右肩にみえたのと同じ

姿をした白狐のお社がありました。

 

今回はご祈祷も受けて、これからは忘れないように

年一度は参拝に来なければと思い帰路についたのです。

 

※ご先祖代々家の氏神様として恩恵を受けてきた神様を

形は違うかもしれませんが大切にしていくことが必要なこともあります。

 

 

 

里山、山神 土地神、守り

 

最近は里山田舎暮らしにあこがれている人も多くなってきました。

実際に里山暮らしの為に都会から地方に引っ越していかれたご家族もいます。

 

そのご家族は地方の暮らしにも馴染むのが早く、

お仕事は会社までは車で一時間弱かかりますが、

ご主人は休日は自宅で家族用の畑仕事をする事が楽しみで

「大変だけど自然を感じられて力をもらっている気がしている」そうです。

 

ただしばらくすると畑仕事をしていると

となく誰かの声がするように感じるようになった。

 

誰かに声をかけられているような気配がして

振り返ってみても誰もいない・・・・・

そんなことが何度か続き、あるとき一緒に畑仕事をしていた奥さんに

「いま誰かの声がしなかった?」と聞いても

「いいえ別に、私は何も話していなかったし誰の声も聞こえなかったけれど」

と言われたり、そういうことが何度か続いたのです。

 

お話を伺っていると、声無き声の存在は悪い感じもしない、

けれども何を言いたいのかを思ったときに「山に来い」

という声なき声で伝わってきました。

 

霊的な姿は白髪の老人のようで毅然とした姿が出てきます。

山と土地の守りのようです。

 

「とにかく一度家の裏手側の一番近くの山へいかれてください祠があるはずです」とお伝えしましたら、

「そこにはまだ行ってないですが、小さな神社の祠がある」という話を

地元の人から聞いていたそうです。

 

山とこの土地を守る、昔からの山の土地神がいますから

一度ご挨拶にいって、お供えをして

お参りをしてくるようにお伝えしました。

山も土地も守る為の神霊もいるのです。

 

実際このご主人はお参りに出かけて、

お供えのお酒をもっていくと

その山で声がはっきり聞こえてきたそうです

「やっときたか。よーくきたな」と聞こえてきたのと、

「大切に暮らし土地を大事にすることを見守っているぞ!」

という気持ちも伝わってきたそうです。

 

里山も古くから何代も大切に暮らしてきたところを、

守ろうとする意識も強く残っていることもすくなくありません

新しいところへいったら、

まずは氏神様からお参りをして住まい始めていくことも、

新たに住む土地の縁とつながり

過去の歴史への崇敬の念をもって

大切に住まうことの意味でもありますから

ご縁をいただいた土地の神様も大切に。

 

※写真は本文とは関係ありません

空回り

 

別のことを考えながら話を聞くから頭に入らない

自分否定をしすぎて常に畏れをいだいてしまう

誰かに叱責を受けるか、期待をされていないのではないか

苦と生

身に起こるすべてのことが陰(ネガティブ)の気に覆われたように、

暗い森の中に心魂を閉じ込めてしまうような・・・・・

 

陽(ポジティブ)を閉じ込めているのは何のせいか? 

おそらく「自分のせいだ」と答えてしまうかもしれません。

「すべて自分が悪いのだろう」と片付けてしまうとしたら、

その考え方そのものが人の意識に入り込んだ霊的存在の可能性もあります。

 

自分がすべて悪いのだという理由で

あきらめようとする意識を持たないように。

生きるという人生を獲得してきたからには

自然に先に進んでいこうとすることが出来るはずなのです。

 

コロナ禍で落ち込みやすいときでもありますから

確かに日々の出来事の中に原因やきっかけはあったにしても、

人生がやるせないほど生き方に「苦」だけを見出してしまう

そんなことが続いてしまうのは

霊的な影響で気持ちが前進できないこともあります。

 

生まれて生きて、自分自身の意識だけではなく霊たちの

意識を伴って往往にしてその霊の意識に

心が左右されてしまこともあります。

動かされないように

 

助けられたり助けたり ご縁

いくつもの過去世を生き抜いて

 

愛別離苦も経験されて

 

さらに強くより穏やかに

 

魂はいくつもの試練を越えて

 

たどり続けて光を受けて見つけた世界

 

日々の出来事に

 

自分を責めることなく 心を傷つけないように守り

 

常に目に見えるものばかりにとらわれ過ぎず

 

過去からのつながり

 

あるがゆえの今の人生たいせつに

 

助けられたり    助けたり   もご縁です

 

 

出会うこと 思うこと

良きことが自分の周りに集まる人は

心が後ろ向きにはなっていないときです。

良くない出来事ばかりだと

どうしてもあれがいけなかったからだ、

過去の後ろを振り返ってばかりになりやすく、

 

自分は今日もダメな一日だと思うと

本当にダメな一日となってしまうことが多く、

たとえ誉められても

「ダメな自分がどうして誉められるのか、

どうせお世辞かからかわれているんだ」

と捉えてしまうことになります。

 

苦しいこと探しで一日が

終わってしまうことがあるのなら、

自分の心の置き所をお参りに出かけるなどして

神仏にゆだねることも大切です。

 

見えるところだけで生きているわけではありません。

自分の心の中だってすべてみえるわけではありません。

けれどもその自分が鮮明に自分の良いところ、

他人の良いところを見つけ出さないことには

人生苦しみ探しの旅になってしまいます。

 

怖いと思っているとすべてがそのように見えてしまう心の不思議。

犬が大好きな人はどこに行っても犬に出会い

猫が好きな人はどこに行っても出会うことが多い。

 

物事はどこにもあるものに、

どの気持ちがあるかで

「出会うか、出会わないか、出会っても気づかないか」

になってしまいます。

 

良き流れに出会えることは

霊的な影響次第でも変わります。

そして大事なことは自分自身の気持ちが

マイナスを呼び込むほど落ち込む前に

見えない力に頼りゆだねることを奢らずに忘れないこと。

よき日々でありますように。

 

夢の一つに入浴やトイレで排泄をしている夢というのもあります。

 

夢から覚めても、

排泄している夢の中の自分が

恥ずかしいような気がする方もいるかもしれません。

 

けれどもこの夢は霊的なことを現していますし

浄化されている夢ですから心配しなくて大丈夫です。

神社にお参りにいったり、

先祖のお墓を訪ねたりしただけでも浄化の夢をみることもあります。

夢はスピリチュアルなメッセージです。

 

特に浄化を表している場合

そのメッセージを排泄などで現わされたときには

霊的な浄化でもあり、わかりやすいメッセージのひとつでもあります。

 

 

心穏やかに

朝目覚めて気持ちが晴れ晴れとしている日もあれば、

今日も1日過ごすことが大変だと思う日もあるかも知れません。

低気圧だと心身も重たくなりがちでもありますが、

それでも今日も1日がんばらなければなりません。

 

身の回りのひとつひとつに気持ちを向けてみることも良いですね。

 

例えば部屋に飾っている花の写真があるとしたら、

改めて見直してきれいだと思えるように

気持ちを少し変化させていくことも大事です。

 

ゆっくりがんばって
お休みなら、体を動かさなくても、心はいろいろ考えます。

心は動いていますから、負の思いで満たさないように、

願うことご家族への思いお気に入りの置物へ意識を向けたり、

鉢植えの花を見つめたり、心が尖らないように、

 

リモートワークが増えていますが、

人とのコミュニケーションがとりづらいこともあり

ストレスを抱え込みやすくもなってしまいます。

 

散歩など気分転換も気持ちを変えてくれるものです。

生きることは何をしたかも大切ですが、見えない心が何を思うかが大事です。

思いの粒子はつながって行くことになります。

 

自分にも環境にも満足できない。
つらいと感じるときもあるかも知れません。

都会の中で不自由はなくても

自然環境とかけ離れていることも原因かも知れませんね。

お部屋にポトスなどあまり手間のかからない植物でも置かれて

育ててみることも良いですね。

とくにマンションなど3階以上くらいになると、

地の気が届きにくくなりやすいので、

植物も大切にしてください。気を補ってくれます。

 

心穏やかに

 

 

人(相手の)のことを思いすぎてしまう人の弱点

人のことを思いやることは

やさしい気持ちがあるからこそですが、

その思いやりの心が、

情が深すぎてしまいときに

相手から弱点を攻撃されてくるような出来事も

人生の中で起こることもあります。

 

例えば、落ち込んでいる相手に心配のあまり、

良かれと思ってメールや電話で毎日のように

話し相手になって上げてそれが当たり前になり過ぎてしまったり、

 

親しい人に困っているからお金を貸してほしいといわれて、

何度か貸しているうちに、少額であっても

借りる方も当たり前のように借りにくるようになってしまい、

貸せないというと「いままで貸してくれたのにどうしてだ!」と

逆ギレさえされるように、

よかれと思いやってあげたことが

結局相手の弱点を増長してしまう結果にもなり、

自分自身も苦しむことになってしまうこともあります。

 

お金に限らずですが

相手の要求だけを満たしすぎて、

その結果何もお互いのためにならないこともあります。

霊的にも相手の霊に負けてしまうのですから、

人にも霊にも入り込まれる隙をつくらないように。

内面の自分(霊的な自分の真我)を見失わないように。

 

 

 

つらい

つらいときはっきり原因がわかっているときと、

原因がはっきりしないつらさがあります。

 

原因がはっきりしなくても、

ちょっとしたきっかけで「つらい」という気持ちの落ちかたを

してしまうこともあります。

 

自分の心が自由を失ったように「つらい」。

病院に行くほど問題なく生活はできるけれど「つらい」。

 

そのような心の状況下に霊的な影響がかかわっていることもあります。 

霊的といっても霊だけが憑くという原因だけではありません。

心の深い部分はご自分の霊魂でもあります。

 

「つらさ」は霊的な自分と、

肉体的な自分とのバランスが少し乱れているときかもしれません。

たとえば人間的な肉体の自分は「こういう生き方をしなければいけない。

 

あれもこれも欲しい、まだ足りない。」などと思っているとしても、

本体である霊的な自分はそこまで望んでいないし

本来の生き方をはずれようとしている考え方を

引き戻そうとしているかもしれません。

 

「つらさ」に疲れたら、なるべく上を見上げて

心と向き合える空間と時間をつくってください。

人と比べすぎないことも、人の言葉にとらわれすぎないことも大事です

 

 

神棚やご仏壇の中は整っていますか

お家で神棚やご先祖のおまつりをされている方も多いと思います。

毎日手を合わせ祈る、

ご先祖や亡くなられたご家族の霊に祈ることは大切なことです。

これまでの経験でお家に伺ったときに、

ご仏壇も見せていただくことも多いですが、

そのご仏壇の中にお家の方もわからないほど

古いお位牌がいくつも入っていたり、

写真だけしか入っていなかったり、

埃がたまっていたりするご仏壇では

お家の運も下がってしまうものです。

ご先祖のご仏壇の中を触ることが怖くて

何年も掃除をしたことがないというのはかえってよくありません。

お掃除をして綺麗に保つというのは浄化でもありますし、

気持ちがよいものです。

神棚やご仏壇は整えてください。

 

綺麗にした後には神棚での柏手も響きます。

ご仏壇のお輪もよい音でひびきます。

 

お輪がもし錆びていたら、金属磨きできれいに磨いてください。

小さなことから波動が整っていくので、心地よくいられます。

運気も上がりますから面倒くさがらず、

 

怖がらず感謝を込めてきれいにしてください。

 

 

加藤眞澄ホームページへ