純粋な魂を守るために

最近の子供さんは頭も良いし、おしゃべりも達者です。少子化でもありますから子供さんの教育にかける時間も多いと思います。知人の子供にも会いますが遊ぼうという好奇心と元気さはいつの時代でも、成長力を感じます。

霊的な感覚で思うことは子供は常に純粋ですが、最近のお子さんはとても純粋で、しかも魂はいわゆる過去世にさまざまな体験をして磨かれてきている魂のレベルが高いと思います。

人の痛みを理解できる、思いやりがある、強さがある、愛を知っている、とても容量が深く、そして純粋さを保っていることを感じます。

けれども純粋であるがために、人間的な生活と社会の中において、成績を重視されすぎたり物質的なことばかりに比重がかけられたりすると、まず人間的にバランスを崩しはじめます。魂のレベルが高くても、純粋であるがゆえに社会の物事への判断が流されてしまい、自身をとらえることができなくなります。

気持ちの居場所がないような状態で、その状態が続くと心と意識をつなぐ精神的な存在の霊的な自分(霊体)が傷ついてきます。悪くすると、その弱ったところに霊的なものが憑くということになります。

ニュースでも親子のトラブルや、傷ましい事件沙汰が増えています。
親御さんも社会生活について行かれることで大変だと思いますが、子供さんも純粋であるがために、いまは特に霊的に暗雲が立ち込めている時代ですから、心をつなぎとめていかれる会話とふれあいを大事に考えることが大切です。

子供さんにどのように接していいかわからないと思う方は、ご自分ならどう接して欲しいのかを想像されて心から伝えて行くことも必要ではないでしょうか?
親子で空を見上げて深呼吸する・・・・・・。
そんな時間はとても大切ではないでしょうか。
純粋すぎることはとても傷つきやすいことでもあります。
魂と呼ばれる世界で磨かれてきたからこそ、この社会で耐えられる精神的な力もあることを信じられますように。

霊の影響は複雑に心に絡んでくることもあります。行き場を失わないように。