昔は大事にされてきた家のお稲荷様のこと

 

ある女性が、ときどき夢の中でお稲荷さんのキツネが出てきて目の前で座って、

 

「何も言わないし、どんな気持ちかも伝わってこないけれど

毎年数回は見てきた夢で、

 

もしかしたら自分はキツネ憑きとか、

良くない霊に影響されているのかと思っていたそうです」

 

実際ある霊能者のところに行ったときに

 

「それは大変な狐が憑いているから、とるのに時間がかかる。

狐とかたくさん低級霊が視える」

 

そう言われて怖くなってしまったそうです。

 

それでも気になって仕方がないのでいらしていただいたのですが、

霊査していくと小さな鳥居が視えてくるのと

 

その前にたくさんのお供えものや

祈っている人たちの姿が出てきたのですが、

 

相談に来られた女性は

「自分の家ではそういうことはしていないのでわからない・・・」。

 

しばらく考えて

「でも、父方の先祖が昔に大きな商家を営んでいたことを聞いたことがあります。

自分も小さい頃にその家のあった場所に連れて行かれたことがありますが、

 

そのときにはもう住む人もいなくて広い敷地でしたから、

すごく寂しい感じがしたのを覚えています。

 

今では過疎化してしまった村なので土地もそのままに残ってはいます。

 

お話をしていて思い出したことがあるのですが、

そこの庭に小さな祠と古びた鳥居のようなものがありました」

それを思い出してくれました。

 

商家では今でもよく、お稲荷様をおまつりすることがありますが、

 

このお家のように誰も継ぐ人がいなければきちんとお礼を伝えて

 

お清めをして神ごとを終わらせることが必要です。

 

それを伝えるためにときどき夢に出てきたのと、

 

昔は大切にお祀りしてきたので神霊の怒りはないものの、

 

未だ不十分なことを知らせてきたのです。

 

その後お稲荷様を祀っていた神社へお礼参りとその神社できちんと御祈祷をしてい

 

ただいて夢も見なくなったそうです。

 

お迎えした神様はお返しされるときにも大切に。

 

どうぞ感謝を込めて