霊能者 スピリチュアルカウンセラー 加藤眞澄 かとうますみ ご相談 神霊 心霊 悩み 不安 霊 精神世界 霊視

加藤眞澄 霊能者 スピリチュアルカウンセラー

ご相談の方は、お電話もしくはお問合せフォームからご連絡ください
042-712-5058 お問合せフォーム ※ご相談は基本的に女性限定とさせていただいています。
※男性の方も相談内容によってはお受けすることもあります

霊能者 スピリチュアルカウンセラー 加藤 眞澄(かとうますみ)

このサイトは精神世界・霊視・霊能をとおして、あなたのお悩みや不安のご相談をお受けする霊能者・スピリチュアルカウンセラーの加藤眞澄の公式ホームページです。
関東(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県など)はもとより、全国からのご相談もお受けしています。

感受性が強いと疲れてしまいやすいです

 

一概に感受性と言っても、霊的に受けてしまう感受性や人の思いや意識を感じ

とってしまう感受性などありますが、霊が憑きやすい人、周りには見えなくて

も本人だけは見えていたり、人と会った途端その人の感情が伝わってきてしま

ったり、時には会う前から予感があったり、

そういう感受性が強い人はとても神経が張り詰めて疲れやすかったり、

エネルギーの消耗が激しいこともあります。

 

人よりも余計なことまでキャッチしやすいので

クタクタにもなりやすいかもしれません。

それなら思ったり感じなければよいのですが、

生まれながらにキャッチできる精度の良いアンテナをもっているように、

敏感に反応してしまいます。

 

本来はそのおかげで危険なことも回避できているのですが、

どうしても現実の辛いことに意識が行きやすくなるので、

気がついていないだけです。

過敏で脆そうですがとても芯が強くて頑張り屋さんが多いものです。

敏感な感受性を備えて生れてきた人は

それだけ危険回避ができる技も携えているのですが、

現実社会では人と比べてしまいがちになるので、

現実ではないことに引け目や自分に異質感を持ってしまいがちです。

 

霊的に言えば見えないものを、

抱え込んだりため込んでしまいがちでもあります。

体も丸めがちにもなります。

深呼吸や手足を伸ばしてストレッチして

溜め込んだ気を吐き出すように。

なるべく空を見上げて意識を上に向けることも心がけてください。

より良き日々でありますように。

 

 

嫌なことを思い出してばかりいると
呼吸は乱れやすいですが、
楽しかったことを思い出すと
深く楽な呼吸がしやすくなります。

亡き人を思い出したとき、
温かな気持ちにつつまれたら魂は安らかです。
心配ありません。

人生は流動しています

苦を知ることから幸せを知り感謝が生まれます。
気持ちやその日の気分や同じ情景でも
空がきれいと思える日もあれば、
どうでもいいと思う日もあるものです。
意識は同じところにはとどまっていないように
必ず変化してきます。
人生は流動しています。

霊的に匂い(臭い)で感じることもあります

霊を匂いで感じることもあります。
なんとなく気配を感じたら、タバコの煙のそばを通ったわけでもないのに匂ってきたり。

花の香りがしてきたり、お線香の匂いがしてきたり。
私が学生のころ母親と亡くなった祖母の話をしていたときに
急にお酒の匂いがしていたことがありました。
家にはどこにも置いていません(母親もまったくお酒は飲まないので)
「いますごくお酒の匂いがする」というと、
母が「亡くなったおばあさん、お酒が好きだった・・」
と言うのです。

さっそくお酒をお供えしたことがありました。
皆様のなかでも、気のせいかとも思うようなこともあるかもしれませんが
霊がそばを通ると独特の匂いを感じる方もいます。
敏感な方は、誰かの噂話をしているだけで匂いを感じる方もいます。

また、私の知人の亡くなった祖母さんの3回忌の法要の日に親戚の人たちが集まり、お寺で僧侶がお経を読んでいる間に、
お寺の本堂ですから何も食べ物は置いてないのに、
焼きたてのケーキの匂いがしたそうです。

それをご家族がはっきり「おいしそうなケーキを焼いている匂いがずっとしていた」と話したそうです。
亡くなられた祖母さんが生前、ケーキを焼いておもてなしをすることが大好きだったようで、祖母さんが法要に集まってくださった方々にご馳走したかったのでしょう。

いろいろな話がありますが、匂いというのも人の思いも分子に乗ってくることも考えられますが、このように心地よい匂いであれば問題ないのですが、
頻繁に心地悪い臭いが気にかかるのでは何らかの霊的な影響を受けやすくなっているかもしれません。

※霊的な匂いにもさまざまありますが、悪臭が強く感じられたりするのは、浄化をしていく必要があります。

霊的な相続のことについて

「相続ではお金を相続したら因縁も相続してしまったらこわいから親の相続もするのはどうしよう」と心配される方もおられます。

因縁めいたお家で一番問題がでやすいのが、
相続の段階で、自分だけのものだとか、非常にお金に貪欲になる人がでて、揉め事になったりする場合、遺言書もないのに、遠くの親戚が、自分がお金を貸したことがあるから、財産分けなどと、わけのわからないことを言う人がいることが因縁でもあります。

確かに相続は霊的にも受け継ぐことも多いですが、
もめ事もなく、穏やかな相続の場合には問題はないのです。
受け継いだあとにどう使うかの方が大事です。

家の因縁もなにもかも受け継ぎたくないから、いらないー。
と避けることよりも、もし相続されたら、今後最低限に必要な金額はいただいて、それでもご自分にとって多額で使い道どころか人生が狂うほどなら、寄付していくことだってできます。

お金は執着しすぎずに、正しく使っていかれることで、生かされたものに変化します。
使い方次第で生かせるものであれば、因縁を引きずることはありません。
お金は生き方に役立てことに使われることが大切です。

霊的な相続のことについて

これまでの
スピリチュアルメッセージ

↑ PAGE TOP