同じところに留まってはいられない

 

たまたま電車で隣同士に乗り合わせただけなのに心地良い人がいるものです。

新幹線の肘掛一つでも隣の人を気使って肘をかけずに姿勢良くしている人など、老若男女の関係なくマナーのある人と接することは、お互いに居心地が良く快適に過ごせる時間を共有できます。

 

 けれども反対に平気で隣の人に肘がはみ出すくらい深く肘をかけてくる人、大声で携帯電話で話す人、足を思いっきり広げて座る人などは、隣の人も周りの人も不快ですし、疲れていたらなお一層まいってしまいます。

 

日常でも穏やかに心地良い人たちだけに囲まれて、できることならずっとそういう時間を過ごしていたいと思っても、穏やかで心地良い気持ちだけで過ごしていくことはむずかしいものです。

 

次の行動と約束や時間に移り過ぎてゆくのです。

マナーのない自分勝手な人とも電車から降りたら別れることになります。

良いことも嫌なこともその場に限りなく存在することはありません。

同じところにはいられないのです。

 

 毎日の出来事も一見同じようなパターンで日々過ごしているかのように思えますが、日常も違っていることに気づいてみると、なかなか面白いものです。

まず自分が考え方を変えてみるだけで見方も変わってきます。

 

どうせそうだからと自分でパターン化してしまうと、今日もまた同じでつまらないなということになります。惰性的に過ごすのではなく、日々何かを発見できるように意識を向けることです。空を見て流れる雲一つをとっても決して同じ雲は現れません。

生活している場はあまり変わらなくても、時間も人も自分の感情や思考は同じところにいることはないのです。  

 

 私たちの一生はそれぞれ皆異なります。

同じ環境に育っても同じではあり得ません。楽しくてもいつまでも楽しいわけではないし、同様に悲しいこと苦しいこともいつまでも続くことはありません。

 

ただ楽しいということ以外の苦しくて嫌な思い出は、尾を引くことが多く気持ちが乱されてしまいやすいのですが、自分の過去からの積み重ねをいかに受けるのか、重圧と受け止め立ち止まってしまうのか、あるいは強く賢くなるための経験として感謝できるかによって、先に進んでいくための瞬間瞬間の感情や思考はすべてが流動して存在しているのです。

 

体の細胞も流動して使命を果たしていることで、私たちの体は維持されています。すべての相互関係がうまく働いていかなければ、思うように人生は成し得ることができないのです。 

 

 人生が楽しいか、つらいかは価値観次第で変わることですが、どの時点で自分が支えられてきたかと考えるとつらいことが逆に自分を支えるパワーをくれていたりするものです。もっとも楽しいことばかりが続いたとして、自堕落なことになってしまうでしょうが、悲しく苦し過ぎても疲れ果ててしまいます。

 

いますぐの解決は不可能なことも山ほどあると思います。

けれどもほんのいっときでも、花を見て「きれい」とか、空を見上げて深呼吸できるゆとりを自身に与えていくことを意識して、次の流れに向かって進もうとすることで、心の時間が常に流動しトータルバランスがとれるのです。

 

この一瞬一瞬が同じところにはいられないのです。 

今できることからゆっくりと

 

石上神宮

 

 

流されすぎないように

 

テレビを始めマスコミという情報社会はなくてはならないもので、毎日さまざまな情報を得ることができます。

 

ニュースもファッション・旅行・健康などすべての知りたい情報は何らかの形で知ることができます。

 

健康にしても何を食べると身体に良いとかキリがないほど取り上げられて、翌週にはそれらを取り扱った商品等が売り切れ続出状態だったりします。

 

これは健康に皆さんが興味を持たれて楽しんでいる流れなのですが、とにかく良ということだけで摂取しすぎて検査の数値が上がってしまったという人もいます。

 

 さまざまなものが科学的に解明されてくると、さらに善し悪しが判明することでしょうが、本来はすべてのバランスがとれていれば問題ない存在だと大概の方はわかっています。

 

しかし健康食品に限らず、視覚、聴覚に訴えてうまくアレンジされて情報を伝えられるとついつい信じてしまう。それが流行りの原点であり商売が活性化することも確かですが、最近では新商品が次々と生み出されるために、

 

なじんでくる前にまた次のものへとすごい速さで流動しています。もっともキリのない前向きな需要と供給は必要と思います。いき過ぎもバランスを欠いてしまいます。

 

 私たち人の身体も細胞分裂で維持され、毎日、体細胞分裂が体内でなされ、古いものは新しいものにつくりかえられていますが、前述の需要と供給においても流行り廃りが生活にかかわることを考えれば、社会という世界での細胞分裂がやはり日々繰り返されているのではないでしょうか?

 

 けれども古いものは新しく生まれ変わるというだけで、私たちの骨格や内臓、筋肉はいつもと変わらず我が身に存在しています。

 

我が身で起きている細胞分裂の自然さがすごいことだと感じます。自然の流れはすべての状態や条件が作用を起こしてつながっているのです。

 

 話を元に戻しますと、私たちの身体は自然な流れを自分の意識しない意思を持って毎日身体の内部で活動しています。

 

この瞬間にもウィルスと戦っているし、がん細胞とも常に戦い守って流れをつくっています。自力で頑張っているのです。

 

自然な流れを自分で知っているのですから、世の中の情報や流行にくれぐれも流されすぎないように。逆らいすぎても面白くはありませんが、みさかいなく流れに巻き込まれないように。

 

最低限の流れの中で自分が泳げる程度に巻き込まれるくらいがちょうど良いのかも知れません。 

 

 遺伝子が生涯を定義づけているかのように言われますが、自分自身にも遺伝子レベルで癒していける力を備えられている可能性があるのではないかと思います。

 

マスコミやyoutubuなど様々な情報も見聞きできますが、どれが正しいのか判断するのは自分自身でもあります。

惑わされないように

 

 

無我の境地で徳を積む

 

自分のことばかり心配していてもよくないですが、

 

人のことを思いやることは大事とは言っても

 

人の生活に入り込みすぎてしまうのもお節介。

 

相手の思うように動いてあげたとしたら喜ばれ感謝されますが、

 

例えば、相手が困っているときにお金を渡すことは

 

喜んでくれるのは確かです。

 

それでも精神的な感謝の受け取り方は

 

自分が思っているほどではないかもしれません。

 

手をさしのべてあげたいと思うなら、

 

自分が満足できることでなければならないのです。

 

徳を積むのは嫌々やってあげたのではつらいだけですね。

 

イヤならやらないこと、笑顔が残るならよき決断!

 

無我の境地で徳をつめるのです。

 

見返りを望まないで自然に出来ることが知らないうちに徳を積んでいます。

 

里山、山神 土地神、守り

 

最近は里山田舎暮らしにあこがれている人も多くなってきました。

実際に里山暮らしの為に都会から地方に引っ越していかれたご家族もいます。

 

そのご家族は地方の暮らしにも馴染むのが早く、

お仕事は会社までは車で一時間弱かかりますが、

ご主人は休日は自宅で家族用の畑仕事をする事が楽しみで

「大変だけど自然を感じられて力をもらっている気がしている」そうです。

 

ただしばらくすると畑仕事をしていると

となく誰かの声がするように感じるようになった。

 

誰かに声をかけられているような気配がして

振り返ってみても誰もいない・・・・・

そんなことが何度か続き、あるとき一緒に畑仕事をしていた奥さんに

「いま誰かの声がしなかった?」と聞いても

「いいえ別に、私は何も話していなかったし誰の声も聞こえなかったけれど」

と言われたり、そういうことが何度か続いたのです。

 

お話を伺っていると、声無き声の存在は悪い感じもしない、

けれども何を言いたいのかを思ったときに「山に来い」

という声なき声で伝わってきました。

 

霊的な姿は白髪の老人のようで毅然とした姿が出てきます。

山と土地の守りのようです。

 

「とにかく一度家の裏手側の一番近くの山へいかれてください祠があるはずです」とお伝えしましたら、

「そこにはまだ行ってないですが、小さな神社の祠がある」という話を

地元の人から聞いていたそうです。

 

山とこの土地を守る、昔からの山の土地神がいますから

一度ご挨拶にいって、お供えをして

お参りをしてくるようにお伝えしました。

山も土地も守る為の神霊もいるのです。

 

実際このご主人はお参りに出かけて、

お供えのお酒をもっていくと

その山で声がはっきり聞こえてきたそうです

「やっときたか。よーくきたな」と聞こえてきたのと、

「大切に暮らし土地を大事にすることを見守っているぞ!」

という気持ちも伝わってきたそうです。

 

里山も古くから何代も大切に暮らしてきたところを、

守ろうとする意識も強く残っていることもすくなくありません

新しいところへいったら、

まずは氏神様からお参りをして住まい始めていくことも、

新たに住む土地の縁とつながり

過去の歴史への崇敬の念をもって

大切に住まうことの意味でもありますから

ご縁をいただいた土地の神様も大切に。

 

※写真は本文とは関係ありません

空回り

 

別のことを考えながら話を聞くから頭に入らない

自分否定をしすぎて常に畏れをいだいてしまう

誰かに叱責を受けるか、期待をされていないのではないか

苦と生

身に起こるすべてのことが陰(ネガティブ)の気に覆われたように、

暗い森の中に心魂を閉じ込めてしまうような・・・・・

 

陽(ポジティブ)を閉じ込めているのは何のせいか? 

おそらく「自分のせいだ」と答えてしまうかもしれません。

「すべて自分が悪いのだろう」と片付けてしまうとしたら、

その考え方そのものが人の意識に入り込んだ霊的存在の可能性もあります。

 

自分がすべて悪いのだという理由で

あきらめようとする意識を持たないように。

生きるという人生を獲得してきたからには

自然に先に進んでいこうとすることが出来るはずなのです。

 

コロナ禍で落ち込みやすいときでもありますから

確かに日々の出来事の中に原因やきっかけはあったにしても、

人生がやるせないほど生き方に「苦」だけを見出してしまう

そんなことが続いてしまうのは

霊的な影響で気持ちが前進できないこともあります。

 

生まれて生きて、自分自身の意識だけではなく霊たちの

意識を伴って往往にしてその霊の意識に

心が左右されてしまこともあります。

動かされないように

 

助けられたり助けたり ご縁

いくつもの過去世を生き抜いて

 

愛別離苦も経験されて

 

さらに強くより穏やかに

 

魂はいくつもの試練を越えて

 

たどり続けて光を受けて見つけた世界

 

日々の出来事に

 

自分を責めることなく 心を傷つけないように守り

 

常に目に見えるものばかりにとらわれ過ぎず

 

過去からのつながり

 

あるがゆえの今の人生たいせつに

 

助けられたり    助けたり   もご縁です

 

 

出会うこと 思うこと

良きことが自分の周りに集まる人は

心が後ろ向きにはなっていないときです。

良くない出来事ばかりだと

どうしてもあれがいけなかったからだ、

過去の後ろを振り返ってばかりになりやすく、

 

自分は今日もダメな一日だと思うと

本当にダメな一日となってしまうことが多く、

たとえ誉められても

「ダメな自分がどうして誉められるのか、

どうせお世辞かからかわれているんだ」

と捉えてしまうことになります。

 

苦しいこと探しで一日が

終わってしまうことがあるのなら、

自分の心の置き所をお参りに出かけるなどして

神仏にゆだねることも大切です。

 

見えるところだけで生きているわけではありません。

自分の心の中だってすべてみえるわけではありません。

けれどもその自分が鮮明に自分の良いところ、

他人の良いところを見つけ出さないことには

人生苦しみ探しの旅になってしまいます。

 

怖いと思っているとすべてがそのように見えてしまう心の不思議。

犬が大好きな人はどこに行っても犬に出会い

猫が好きな人はどこに行っても出会うことが多い。

 

物事はどこにもあるものに、

どの気持ちがあるかで

「出会うか、出会わないか、出会っても気づかないか」

になってしまいます。

 

良き流れに出会えることは

霊的な影響次第でも変わります。

そして大事なことは自分自身の気持ちが

マイナスを呼び込むほど落ち込む前に

見えない力に頼りゆだねることを奢らずに忘れないこと。

よき日々でありますように。

 

いつまでも過去のできごとに心が引きずられないように

 

感性がつよくて霊的な影響を受けやすい方の中でも、

 

非常に自分の過去の出来事から思いが抜け出せないかたもいます。

 

あのときこうしなければこうならなかった・・・・

 

それを考えても自分の判断と決断を

 

いつまでも責めてしまってなにも完結できないままで苦しんでしまいます。

 

必要なのはだからこれからどうするべきなのか

 

自分を責めない

 

人を責めない

 

過去を責めない

 

過去にたたずまない

 

今から未来へ

 

進むべき方向を見つめること

 

心も同じ

 

自分の心に引きずられないように

心穏やかに

朝目覚めて気持ちが晴れ晴れとしている日もあれば、

今日も1日過ごすことが大変だと思う日もあるかも知れません。

低気圧だと心身も重たくなりがちでもありますが、

それでも今日も1日がんばらなければなりません。

 

身の回りのひとつひとつに気持ちを向けてみることも良いですね。

 

例えば部屋に飾っている花の写真があるとしたら、

改めて見直してきれいだと思えるように

気持ちを少し変化させていくことも大事です。

 

ゆっくりがんばって
お休みなら、体を動かさなくても、心はいろいろ考えます。

心は動いていますから、負の思いで満たさないように、

願うことご家族への思いお気に入りの置物へ意識を向けたり、

鉢植えの花を見つめたり、心が尖らないように、

 

リモートワークが増えていますが、

人とのコミュニケーションがとりづらいこともあり

ストレスを抱え込みやすくもなってしまいます。

 

散歩など気分転換も気持ちを変えてくれるものです。

生きることは何をしたかも大切ですが、見えない心が何を思うかが大事です。

思いの粒子はつながって行くことになります。

 

自分にも環境にも満足できない。
つらいと感じるときもあるかも知れません。

都会の中で不自由はなくても

自然環境とかけ離れていることも原因かも知れませんね。

お部屋にポトスなどあまり手間のかからない植物でも置かれて

育ててみることも良いですね。

とくにマンションなど3階以上くらいになると、

地の気が届きにくくなりやすいので、

植物も大切にしてください。気を補ってくれます。

 

心穏やかに

 

 

見える世界から見えない世界へ意識の向上

 

とても静かに、けれども急速に見えない世界の動きが変化してきていることに

 

気づいている方も多いと思います。

 

鋭い感覚を持っている人は明らかに見えない何かを感じとっているでしょうし

 

感受性が強くて純粋な人は目には見えないし非常に表現しにくい不安にかられ

 

て、言葉では説明のしがたい感情に動かされてしまうようなこともあるかもし

 

れません。

 

まるで得体の知れない何かがわからないまま、心がこもりがちにもなってしまいます。

 

魂の世界に気づき始めた人が陥りやすい傾向でもあります。

 

霊的な世界(スピリチュアル)が変化を起こし始めています

 

決して悪い変化ではありませんが、怖く不安定な感覚に襲われるかもしれません。

 

変化が起きているのは自分の中にありながら目には触れることのない魂の世界、

 

自分の奥行きの世界ですが、確実に現実界とのつながりがあります。

 

自分の根源の世界でもあります

 

その世界が変わりつつあると言うのは今までは現世の肉体と魂の世界は

 

感覚で言うならば、少し離れた位置で存在していたような感覚のところがありますが

 

肉体も魂もより同一化されてくることになります。

 

霊的な世界も今までは特殊な人しか受け取ることのできなかった世界観だと思われていたことが

 

広がってくることになり、見えない世界のことが想像でしかとらえることができなかった状態から、

 

それぞれの人が直接に感じ始めていく世界に変化して行きます。

 

いきなりすべてが変わるのではありませんが、

 

ゆっくり上昇していくように気づきが起き始めてもいます。

 

このコロナ禍のステイホームが多い中、

 

生き方をいろいろ考えさせられたと思いますが、

 

ご自分を見直していくための時間にならざるを得なかったかもしれません。

 

今回のパンデミックを繰り返すことがないように意識や霊性の向上が高まったみなさんが、

 

国作り地球と共存をより一層、大切にされて行かれることでより進化されて行かれます。

 

とはいえ生きるというのは小さな問題にも悩まされることもあります。

 

つらいことが起こってしまうこともあります。

 

つらいときにはご自身が心地よいと思われる情景を浮かべたり、

 

音楽を聴いたり波動を変えていくことも必要です。

 

余り辛すぎるとそういう事さえできない時にはだれかに話してみることです。

 

ひとりで抱え込み過ぎてしまうと荷物が重くなり過ぎてしまうので

 

抱え込まずに解放されて行かれますように。