話すことをあきらめて孤独に引きこもらないように

友人とか親しい誰かのことを信頼して、「この人なら、自分のことをわかってもらえる」と思い信頼して心の内を話たはずが、相手の人は特別に気にするわけでもなく、それをまた他の人に話されて、裏切られたような気持ちになったりすることはありませんか?

 

ご自分が信頼して、心を開いて話をしていたつもりが裏切られたような感じでとても悲しいですね。人を信頼することはとても素晴らしいことだと思います。けれどもその信頼の意味がズレてしまうと、よい人間関係が保てなくなることもあります。

 

自分のこころをどこまでゆだねてしまうかが問題かもしれません。

 

人に自分のことをわかってもらえれば嬉しいものですが、反対にわかってもらえなくて当たり前なのだという気持ちでいるほうが楽でもあります。

 

人それぞれ霊界も魂も個性があってこそですから、人と似ているところはあるにしても、一人として同じであるということはありません。

あの人嫌い、この人嫌い」にならないように・・・・・・・

ご自分を心から好きになれますように・・・・・・・・・・・・

ひとり孤独に追い込まないように・・・・・・・・・・

 

自身の気持ちを上手く伝えられずに徐々にマイナス意識に入り孤独に引きこもってしまうことにならないために。

 

 

 

心の健康も大切に

普段私たちは体の健康は考えるけれど、心の健康は以外と考えていないかもしれません。

 

それこそ見えないからですが・・・・・・いつもいつも心が健康かどうかなんて考えたり意識を向けていくことは、気付いているようで気付いていないものではないでしょうか?

 

簡単に言ってしまえば、霊的には、霊体が良い状態で、心が健康であれば体を治せることにもなるのです。ときにはご自分の心と体の状態を俯瞰(ふかん)で考えてみることも大切です。

 

もちろん食事も大事です。

 

しかし、生まれ持った体の状態や抱えてきた因縁と言うか宿命はそれぞれに違いますから、同じ考え方をすれば同じように変わるかというと、それもまた個人によってちがって当然です。

 

みなさんそれぞれの方が個性の違う肉体を持っていますから、考え方や感じ方もそれぞれ微妙に違うけれど、鈍感な人もいれば 敏感な人もいます。

 

しかしそれでも自分が抱え込んできた、または抱えている状態に対して「自分の心」でどう考えてあげるかという、逆発想の思いをもつことは大切です。

 

 

「自分で自分を守ろう」という、気持の努力がなければ守護だけが一生懸命に守っても意味がありません。

 

体の状態はどうかと考えることも大事なことですが、「心の状態はどうかな?」と思いを巡らせてみることも大事なことです。

 

ときには機嫌が悪く、イライラしている自分を 自分の「心」 はどう捉えているかというと、そういうとき 心は 「傷ついているのです」 でもなんとか立ち直ろうとしている。

複雑な心境にあるのです。

 

温かいご自身の心の働きがある限り意識の高い守護もそこにいられるのです。

低級霊について

日常的なことではないですが、

「低級霊、動物霊」といわれたりすることがありますが、我々が思う低級霊の定義は、人は亡くなってから多くの場合はそうですが、順調にいけばまず肉体から霊体が離れます。

 

肉体から離れた自分が「自分は亡くなった」ということを気付いてきます。

気付くと同時に、先に亡くなった人たち(霊)が迎えてくれます。ご先祖父母、友人、守護が共に人生を生き抜いてきたことを心から祝福してくれます。そして霊界といわれる世界に成長した自分が戻っていくのです。

 

けれども生きているときの自分の思いや我欲が強かったり、人への思いやりももたず、ひたすら自分だけの欲にまみれて、憎しみや妬みなど必要以上に強いままに亡くなってしまうと、

 

体は無くしても、悔しい悲しい憎い欲しい恨みなど思う気持ちが強すぎると、生きたときの思いが残り強すぎるがために、先祖や守護が迎えようとしても霊体が帰るべき世界にも戻れずに、長いこと気付かないでいるうちにレベルの低いマイナスと波長が合ってしまいます。

 

「何で自分だけが苦労をしなければならないんだ」「自分さえよければ他はどうでもいい」という世界で、俗にいわれる「地獄」です。

 

自分がどういう姿なのか、愛もわからないし大切にも出来ない。そして「自分は生きているのか死んでいるのか」 それさえもはっきりわからないような世界、そのためにときどき現世で「心の隙」にはいりこんで悪さをしかけたり、体を自分のものだと勘違いして食べたり飲んだりすることも霊現象にはあるのです。

 

「低級霊」と呼ばれる世界の(霊)たちは、このようなことを辿っています。

 

ときには自分の姿がはっきりしませんから、尻尾がはえていたり、目だけがギラギラと光っていたり、動物の姿に化身していたり、いろいろな姿に変化します。

 

肉体がありませんから思いが姿になってしまいます。生きている私たちの生活でも「あんまり怒ってばかりいると頭から角が生えてしまうよ」とか言われますが、人としての冷静さを失ってしまった状態をあらわすことでもあります。

 

低級霊はそれだけ自分が何者かなぜこうしているのかさえ見失っている存在でもあるのです。

 

できたら助けて欲しい、自分の存在を確認したい。そんな気持ちも複雑に入り混じっているから、人を茶化したりする。

 

本物の動物は素直ですが、人がこころを失ってくると人の姿ではありませんから動物に似せた姿をしてくるのです。

 

それでも低級霊は自分たちも迷いの中にいますから説得が効くのです。

心の力と、霊的な力と合わせて説得して浄化させていくために時間がかかることもあります。

加藤眞澄ホームページへ

卵食べたいとばかり言い出した子供さん

*事例はご本人のご了承をいただいて掲載しております

卵食べたい

30代のご夫婦が住んでいる家は親の代から受け継いだ土地と家ですが、

ご夫婦とも家に帰ると「暗くて重いような感じがするなぁ」と思っていたそうです。

 

私もご相談を受けて、ここの土地は水神様を祀っていたことがあるので、ご縁のある神社へお参りに行かれるように伝えて、ご夫婦は弁天様へお参りに行かれたのです。

 

弁天様のお使いが竜神様でもあり水神様にご縁があるためでした。

 

家の暗さはかなり良くなってきたのですが、しばらくすると子供さんが日ごろはあまり好きではないはずの卵をしきりに食べたがって、卵焼きでも目玉焼きでもゆで卵でも、

 

「なんでもいいから卵が食べたい食べたい」ということで「どうしましょうかと?」聞きにいらしたのですが、「しばらくそのまま好きなように食べさせておいてください」と伝え霊的に交信してもそれしか返事がないのです。

 

なんだか食べたほうがいいという感じでした。

 

一ヶ月ほどして、母親が弁天様のお礼参りをしていないことを思い出し、生卵を一ケースお供えしてお参りをしてきたのです。

 

それからぴったりと、子供さんのタマゴ食べたいは止まったのでした。

 

龍神様のお供えの一つに生卵があります。

 

今回はその意味もあっての卵、卵騒ぎもありましたが、しばらくは子供さんが食べたいようにしたほうが良いと感じたのはなんだったのかと思うと、

そのころちょうど子供さんはしばらく体調を崩して食欲があまり進まないときに、それも卵食べたいという状況でした。

 

だから食べたほうが良かったのと、当然食欲が下がっていたので卵のような陽性の食べ物が必要だったのだと感じます。

 

偏りすぎてはよくない頃に卵をお供えすることでとまったのです。

さまざまなことがこの世の空間で自然はつながりをもたらしています。

天と地とのあいだに生きる毎日を大切に

加藤眞澄ホームページへ

嫁いびりをされてきたお姑さんの葬儀には行きたくない

*ご本人のご承諾をいただいて掲載しております

 

A子さんは、30年前に結婚して子供さんにも恵まれて、一見普通に暮らして

 

いる主婦の方が、ご主人のご両親(義父母)とははじめから別に暮らしてはい

 

ますが、結婚してまもなくのころから、ご主人の実家で親戚が集まっている場

 

で嫌みをいわれたり、台所を手伝っていると、義母の妹が「ぐずぐずしないで

 

早くして!」と言いながら、腕や背中を小突いてきたり、それを見ていた親戚

 

が笑ったり・・・2度3度どころか、常に親戚が「嫁いじめ」のような状態

 

で、ご主人は何も言わず(台所は見ていないけれど)、常にご両親の味

 

方・・・・

 

それでも頑張って、親戚の集まりにはなるべく手伝いに行ったけれど。3年す

 

ぎた頃から、まったくつき合いをやめたのです。

 

ご主人だけときどき実家に帰るくらい・・・

 

A子さんいわく、「さんざんいじめられたから、義父母が亡くなっても葬儀も

 

行かない」とのこと。

 

そう言いながらもA子さんは、まだ考え迷っているのです。

 

この時点で散々に悪態をついた義父母さんは弱り、親戚もすでに亡くなった方

 

もいます。

 

義父母も自力では動けないほど年をとっていました。いまは当時の面影さえな

 

いようにおとなしくなっていたようです。

 

このまま恨みを引きずってしまうよりも、もしものときにはこの家に縁のあっ

 

たお嫁さんとして、葬儀には出られた方が良いと思います。そうお伝えしまし

 

た。

ご自身はできる限り心をつくされてその気持ちを受け取るか受けとらないかは

 

相手の勝手です。

 

その無理をしてみることで、ご自分が受けた恨みつらみを、手放すことも出来

 

ます。

そうでないと、のちのちまで心の中で、怒りや恨みを、引きずってしまうこと

 

も多いのです。

 

考え方はそれぞれですが、相手に伝わらないことでも、ご自分は道理を通せる

 

ことがなによりも大事なときもあります。

加藤眞澄ホームページへ

どこにも水漏れもないのに腕に落ちてきた水滴

*事例はご本人のご了承をいただいて掲載しております

Aさんは自宅でくつろいでテーブル上のコーヒーカップに

 

手を伸ばしたときに、手の甲に一滴の水が落ちてきたのでした。

 

「コーヒーでもなければ、天井から漏れているわけでもない」

 

湿度が高いわけでもないし、

 

おかしなこともあるものだと思ってもそれ以上のことはなかった。

 

今度は数日後にトイレに入っていると、腕に水滴がおちた。

 

トイレの天井も調べても、湿気もないし水漏れもまったくない。

 

Aさん気がついたのは、数年前に義父さんが池と井戸を埋めたときに

 

何のお祓いもせずに埋めて、

 

その義父さんはその後数日高熱で寝込んでしまった。

 

ご家族も体調を崩してしまい、ご相談を受けたときに、

 

しばらくの間、毎月池と井戸があった場所の

 

お清めをしていただくことをお伝えしていました。

 

それをついうっかり忘れていたときに起こった現象でした。

 

きちんとされてから治まりました。

 

家を建てるときに地鎮祭も行いますが、

 

土地もそれぞれたくさんの歴史をもっています。

 

土地をさわるときには

 

きちんと礼をつくされることは大切なことです。

加藤眞澄ホームページへ

霊感の強い子供さん

*事例はご本人のご了承をいただいて掲載しております

幼い頃に、大人が見えないものや人(霊)が見えることはよくあります。

 

大人になってそれが徐々に薄れてしまうことも多いのですが、疳(かん)が強

 

すぎて夜泣きなどに悩まされる親御さんもいます。

 

子供は常に親御さんの影響や環境を映し出している場合もあるのは確かです。

 

霊が見える子供さんに対しては、否定的にならずに「あ、そうなの」と自然体

 

で受け止めてあげておくことのほうが良い結果にもなります。

 

ただし霊感の強いお子さんは見えるだけではなくて、「霊的な意識が感情に入

 

りこまれやすい」のです。そのためにときには必要以上に我を張って、わがま

 

まになりやすいこともあるかもしれません。

 

わがままになりやすい傾向があるのです。

 

親が何度も何度も注意しても、いうことを聞かないようなときには、

 

しっかり「悪いことは悪い、 我がままを言っても出来ないことはできない」

 

ということをしっかりと、子供さん本人に教えていくことも大事です。

 

教えていくことでしっかりした意思と意識が出てくると、ものの捉え方

 

受け取り方をしっかりと覚えていくようになります。

 

霊にも感情が左右されにくくなるでしょう。

 

*しかし躾けや、良い事悪い事を教えていくことは言葉でしっかり伝えてあげることです。

 

10年、20年後のお子さんへの内面のプレゼントです。

加藤眞澄ホームページへ

自分の周りが敵ばかりに感じることも

ご自分がいつも人の意識を受けやすかったり、人の感情をすごく感受しやすく

 

て人に疲れてしまいがちなこともあるかもしれません。

 

感受性が人一倍強くて、頑張って仕事に出て働いてきても非常に疲れしまうく

 

らい、感性が強すぎる方もおられるかもしれません。

 

それからいつも自分の周りに敵ばかりになってしまうと感じることの中に、霊

 

的なことを感受してしまうこともあります。

 

始めは人の面倒をみてあげるのと、感謝もされたりして良い関係であればいい

 

のですが、相手の霊的な気を受けやすくなってしまうこともあります。

 

独りでいることが非常に解放感と自由でいられるようにリラックスできる時

 

間・・・

 

緊張しやすい方は呼吸も浅くなってしまいがちで、体も張りつめてしまいがち

 

です。

 

仕事のちょっとした休憩でも深呼吸をしてリフレッシュしながら次の仕事の続

 

きをがんばりながら上手くご自分のコントロールを心がけていかれますよう

 

に。

加藤眞澄ホームページへ スピリチュアル

元気なのに 池を埋めてからいろいろ

*事例はご本人のご了承をいただいて掲載しております

Aさんの子供さんが熱を出し、母親がさわると体が異常にあつく子供さん本人も「あついアツイ」と言う。数時間もすると熱が下がり元気に遊びだす。翌日も熱を出す、半日もすると治まる、熱が出るおさまる。

 

その都度に病院にも連れて行くけれど、「検査をしても何の問題もありません、先生も首をひねって苦笑い」 何より熱が高い何時間だけはお子さんがグタ~ッとするものの、すぐに元気に回復するのですが、あまりにしょっちゅう繰り返すので相談に来られたケースがあります。

 

不思議現象といわれる中でも、家を建て替えたり井戸を埋めたり、池をつぶしたりしたことで、災いのように熱を出したり腰が抜けたようになってしまったり、妙な夢を続けてみることがあったりというように霊的な作用で問題を起こす場合と、環境の変化に敏感な人は土地の変化に反応したりすることもあります。

 

先ほどのケースはお子さんが熱を出したりおさまったりが極端に出ましたが、どうもご相談をいただいた時点で感じられるのが、この家の土地のことでした。よくお話を伺うと最近お庭の池を祖父さんが埋めてしまったらしいのです。

 

そこでこの子供さんの父親に池の跡をお清めしていくように話、早速お清めをした日に今度はこのご主人がすぐに腰は痛いし、熱は出るし・・・・・でお子さんと似たような状態になったようです。

 

数日でおさまって来られたようですが、やはりはじめは感受性の強い、そして無邪気なお子さんが親の代わりに表現をしてくれたようです。

 

加藤眞澄ホームページへhttps://www.dimension-shin.com/

枕カバーの汚れ

*事例はご本人のご了承をいただいて掲載しております

 

A子さんの息子さん(30代)がいつも体が重いとかだるいとかいうことが多いのですが、食欲もあるし問題がないと思っていたら、とてもけだるそうにして帰宅した翌日、息子さんの使っている枕カバーを取り替えるときに

 

枕カバーがとても汚れていました。毛染めでも色が着いたことはないのに薄黒くなっていたそうです。

 

不思議なことが何度か続いたのでお母様のA子さんだけでご相談にいらしたのですが、

お話を伺っていますと、息子さん自身が霊的に憑きやすく、頼られやすいのです。

 

体もしんどくなるはずですから、お家ではお清めのお塩を置かれたり、お香を焚いて、息子さんの産土神社へお詣りしていただいたり、

 

ベッドの下にお清めとお寺でいただいてきたお守りを見えないところに下げておくようにお伝えすると、お守りをいただいた翌日、朝起きてきた息子さんが腰が痛いといって腰を曲げていたそうです。

 

しばらくすると普通に歩けたようでしたが、お守りに反応したようでした。

 

時折枕カバーが多少黒ずんだりしたときには、お清め浄化するとおさまってきます。

 

息子さんが仕事から帰宅するとお母さんのAさんまで家の空気が重たく感じることもあるそうですから親子さんで感受性がつよいのです。

 

霊的な出方もさまざまです。

 

加藤眞澄ホームページへ

感受性の高い人に多いです

タイミングが合わないという事ってありますよね。

たまにタイミングが合わないくらいなら、「今日はついてないな」 で すむかも知れませんが、

 

そういうことが頻繁にあるのなら、自分の時間かあるいは相手の人たちの時間の感覚が微妙にズレ ているようなものではないでしょうか。

そこに霊的な影響が介在しているならば、空間に幕が張ったように 感覚のズレが起こってくることが多いです。

 

感受性の高い人がよくこういう経験をしやすく、自分だけが進む時間が遅く感じられたり、過去の

出来事ばかりに気持が戻ってしまったりしやすくなる傾向があります。

 

いけないと思いながらも、過去の失敗に捉われてしまったり、また昔と同じことになってしまうのではないか?と考えてしまうこともあるのではないでしょうか。

「不安な観念」から脱して行くことができないことにもなり、霊的な影響があると心の自由も奪われてしまうこともあります。

 

霊的に感受しやすい人は、自分以外の過去の霊たちの意識に感覚を奪われてしまうこともあるのです。

自分自身の感性を知っておくことは霊的なものからくる感情のコントロールも出来るようになります。

 

また感受性が強い人は原因はそれぞれにあるかもしれませんが、霊的な現象かどうかもわからない、けれどなんとなく自分らしくないという方がおられます。

 

霊が見えたとか、声が聴こえたりなら認めざるをえないでしょうが、なんとなく重い、気持が落ちこむ、気分が暗い、外が明るいのに暗く感じられたり、些細なことでも涙があふれてくるようなこともあります。

 

人と顔を合わせることがつらかったりすることさえあります。

霊的な問題でもそのような現象が起こってきますが、大概の場合には自分が弱いからだとか、どうしようもないのだとあきらめてしまうことが多いようです。

 

自分自身が感じられることに気のせいなどはありません。

ただそれが外面的なものか内面的なものかによって捉え方が大きく変わってしまうのです。