すぐに腹が立ってしまったり とてもイライラしてしまったり

 

家庭でもご家族に言われた一言で腹が立ってしまう

仕事でも何かにつけてイライラしたり、

常に何か問題点が出てきてイライラしやすくなる方もいます。

 

気持ちの優しい人が多く、自分でもどうして腹がってくるのか

とにかくイライラがおさまらなくて苦しい。

 

ご家族とは言い合いもしても、職場では感情を抑えるようにしているかもしれません。

とても気真面目で自分の仕事はきちんとこなし、

その代わりダラダラ仕事をしている人をみると腹立たしいこともあるでしょう。

 

人にも厳しいけれど、自分にも厳しい方が多いです。

そう言うとおそらくそんなことはありませんと否定されるかもしれませんが、

自分でもできないことやミスがあったりすると、

いつまでも自分を責めてしまったり、

 

どうして気がつかなかったのか、

みんなに迷惑かけてしまったらどうしよう、

悪く思われていたらどうしよう・・など

気になってしまう人が多いかもしれません。

 

そうするとますます気持ちのおさまりどころがなくて

自分に腹立っているところへ ご家族兄弟に何か言われたとたん

腹が立つ出来事が起こってしまうかもしれません。

 

ご自分をもっとリラックスして、

過ぎてしまったことをクヨクヨせずにそして自分自身にも腹を立てずに、

やさしい自分を取り戻すことが大事です。

 

お参りなども気を変えてくれます。

心地よいと思うところは人によって違いますが、

ご自分がここと良く感じられる神社へ参拝して気を変えることも一つの方法です。

 

お部屋でお香を焚くなど(火の気には細心の注意を)も一つの方法です。

好きな香りと、お香の小さな煙に心が落ち着きますようにと気持ちを込めて願うこと。

すべての出来事が自分を育ててくれるための必要な出来事だったのです。

 

どう捉えて前向きに進んでいけるのかで次の出会いも変わっていきます。

感受性が強い方は仕事はあればあるで忙しすぎて大変で

辞めたくなるほど自分を追い込み過ぎてしまうので、限界を感じやすくなります。

 

パニックにもなりやすいし、

すべて背負い込まないでできる所からこなしていきましょう。

一呼吸、深呼吸、心と魂は連動しています。

 

本来の魂はとてもピュアであり日々の雑事に追われ過ぎると

ゆっくり感じとることもおろそかになりやすい。

腹が立つことやイライラして

相手に乱暴な思いをぶつけることもあるかもしれませんが(特にご家族には)

嫌なことばかり、腹が立つ、ムカつくの思いだけでは心が疲れてしまいます。

 

できるだけ元気が出る言葉を使う事も心がけていくようにしてください。

ありがとうございます。感謝しています。楽しい。可愛い。うれしい。

しあわせ(小さなことでも)

生かされて美味しく食べて生きることはとても幸せなことでもあります。

 

言葉には言霊があります。 言葉の力、 エネルギーです。

たとえ思っていなくてもよい言葉を口に出してみてください。

良きエネルギーに満たされてきます。

 

今日もありがとうございました。

 

寒川神社(神奈川県高座郡寒川)

 

クレーム対応のお仕事 体調を崩さないように

ご本人の承諾を得て掲載しています

お仕事頑張っているAさん

ある会社のクレーム対応もしなければならないため

 

日々急がしく働かれているAさんは、

 

「もうとても疲れ果ててしまって、体の細胞がこわれるくらいの

クタクタになってしまう事だってあります」

 

例えばクレームの電話をまず聞いていると、

 

クレームなのでもちろん文句を言ってくる。

 

怒ってくる。怒鳴ってくる。挙句の果てには〇鹿、〇ね、などといってくる人

 

もいるので気丈なAさんもマイってしまうのです。

 

それでも仕事なので投げ出すわけにもいかない・・・・

 

かなり体調を崩しやすくなっていましたから、

 

会社からほど近い神社へ毎日行くようにもお伝えして、

 

毎朝お参りしてから仕事に行くようになってから

 

体調を崩すようなことは減ってきたとのこと。

 

クレームの内容は製品だけのクレームでおさまらず多岐にわたって

 身の上相談のようにご自分の辛さを訴えてくる人もいます。

クレーム対応の方には何を言っても良いと勘違いしている人がいますから大変です。

 

それからクレームで嫌なことを言われて気分も悪いでしょうが、

電話を切った後に心の中でいいですから、

「もっと穏やかになりますように」「しあわせな気持ちになりますように」「笑顔が戻りますように」「ありがとう!」といってください。

 

思いつく良い言葉を投げるようにでも良いですから、心の中でとなえてください。

 

まだ気持ちの中はこちらも腹が立っていると思います。

 

あるいは責められてネガティブな気持ちになっていると思います。

腹が立つ波動のままでもよいです。

言葉には言霊がありますから

それが新たに波動を整えてくれます。

 相手にもご自分にも波動が伝わります。

 

そして中和してくれる力でもあります。

例えば「腹が立つ!」とかいう気持ちでいるとご自分もつらいままで終わってしまいます。

 

中和されずに破壊されてしまわないように、

 

よきしあわせ言葉で中和されて穏やかでありますように。

 

 

 

思うことが現実化していくための力、徳をもって

 

思うことを自分の将来のために、

 

なにかをしていくことで、

 

将来手にいれることのできる人生になります

 

よほどの欲やわがままでない限りは可能です

 

ただ現状に不満や悪口雑言ばかりや、

 

つねに他人の悪い批判と人に恨みや妬みをもち続けていくと、

 

例え金銭的に裕福でも、

 

自分の心を破壊していることになります

 

徳がなくなるのです

 

徳というのは正義や善から生じた恵みです

 

自分がつくる徳、先祖が残してくれた徳

 

自分がつくる徳は、

 

心に悪意を持たず、思いやりをもって

 

人のことを大事に助けたりできること。

 

先祖が残してくれた徳は、

 

欲深くないご先祖が人のために施した功績でもあります

 

徳を積んでいける人は、長続きしていけます

 

目には見えない力にも守られていくことができ

 

思うことが現実化していくことも増えてきます。

 

穏やかな日々でありますように

 

茨城県日立 御岩神社 参道

 

加藤眞澄ホームページへ

 

自分ばかり嫌な目に合ってしまいがち

 

毎日車で通勤しているA子さんはよく煽られることがあります。

度々煽られるので警察に届けようかということも考えたそうですが、
とりあえずドライブレコーダーを数名の友達に見せたら、

「友達の皆はほとんど気にしないというのです。たしかに煽りのように距離は近くてもA子さんが気にするほどの煽りや距離でもないといわれました。

自分一人がとても気になるだけで周りはあまり気になるほどではないといわれます・・・家族も大げさにしないように言うので腹が立つのです。

自分ばかりが嫌な目に合ってしまう・・・・」

後日映像も見せていただきましたが、距離は近いですが悪質とまではいかないという映像でした。

A子さんは感受性が敏感ではありますが、忙しかったり疲れてくると苛立ちやすいところもあります。

物事の捉え方がとても重く大きく受け止めてしまうことにもなりやすく、

そういうときは負の連鎖のように次々嫌なことが起こったり、気になったりしてしてしまうことにもなってしまいがちです。

 

過敏な方は怖さにも過敏であったり、とても心が不安にもなりやすいこともあります。

気の流れを変えて行くために、煽りのようにくるドライバーや、忙しい仕事や自分の意見を聞いてくれない家族に怒ったり苛立ちをぶつけていることから、まず自分自身を落ち着けること

 その出来事はあるけれどどうして自分はそれほど気になるのか、家族がわかってくれなくてもわかってくれないことに新たな苛立ちをぶつけていることにも気がつかなければなりません。        

 

怒ってばかりいる波動は、また問題が出てくる事柄を引き寄せてしまう事にもなってしまうと、怒りやイライラの連鎖にもなってしまいます。

次に引きづらないように気分転換は必要です。

 

祈ることができる方は神社仏閣への参拝もよいですし、時間がとれないときは寝る前に5分でも瞑想の時間をつくることも気持ちを落ち着かせてくれます。

木の多い山も気を整えてくれます。

それに怒ってばかりいると体に熱がたまるように疲れさせてしまいますからご自分を大切に。リフレッシュしてください。

 

人が嫌いと思ってしまう 職場など

 

どうしても職場で目に付く人がいていたたまれないなど

気になることがあるものです。

そういう相手は、自身は身勝手なことをしていても、

人が同じことをすると注意してきたり、

同じことを何度もくりかえしてきます。

 

Aさんの職場には自称ボスがいますが人より休憩時間は長い、

仕事はあまりしないで話ばかりしているか、

他の人に仕事を押しつけて来たり・・・。

 

それを近くで見ているだけで腹立たしくなっても言い返すと

喧嘩になるのも嫌だし・・・

 

Aさんは、「こういう身勝手な人は少しは痛い目に合わないものでしょうか。

その人を見ているだけで腹立たしくなります。

めんどくさい人には周りも会社の上司も注意をしない、

それだから余計好き勝手なことをしている。

注意する人がいても揉め事になって

それでも相変わらずでは誰も何も言わなくなってしまいます」とのこと。

 

問題はAさんは身勝手な人を見ているだけで、自分が苛立って頭にきてしまう。

 

ついつい心の中で相手を罵ってしまい、

家に帰っても家族当たってしまうほどムカつく日もあるそうです。

 

それでもそういう人間を憎んだり腹立てたりすると、

怒りや負のエネルギーを増やしてしまうので、

そうすると相手の思うつぼにもなってしまいますから、

 

なるべくかかわらず怒らず、

巻き込まれないように気持ちを切り離して進んでいくことが大切です。

 

怒りから発する言葉は乱暴にもなりやすいですから、

言葉は言霊ですからできるだけ怒りを抑えて

苛立ちは同じ波長を招くこともあります。

 

気をつけて穏やかでありますように。

 

 

 

ダメージを受けやすかったり疲れてしまう人、気持ちを抱え込まないように

感受性が強くて、人に何か言われたり、

例えば公共の施設や仕事で相手からの対応が悪かったり、

思うようにいかなくてダメージを受けてしまうと、心が痛んでしまうなど経験をされるかも知れません。

自分が怒られていなくても聞いているだけで嫌な思いをする方もいらっしゃると思います。

受けやすい感性が強いのでつらいと思います。

時にはやけ食いしてみたり、アルコールで誤魔化してしまっても、

同じようなことが起こると繰り返してしまいやすいものです。

 

そういうときは相手からの負のエネルギーを受けてしまっていることにもなるのですが、だからといって霊的とは考えたくない方もいるでしょう。

ご自分のエネルギーを高めていくことも大事ですから、

気の流れの良いところへ出かけることもよいです。
神社、緑が多いところ、山も海も良いですね。
綺麗な水の流れのあるところも気の流れを整えてくれます。

もちろん個人差はありますからあくまでも心地よいとご自身が感じられるところを選んでください。

すぐに行けなければイメージだけでも気が落ち着きます。
あるいは心落ち着く音楽を聞くことも良い方法です。

良きエネルギーに満たされてきたら、

邪気を流すように意識して深呼吸してみたり、

身体を緩めるストレッチやダンスも気を流してくれます。

 

また自然や緑は心を落ち着かせてくれます。

近くを散歩したり、ときおり相模原の尾根緑道、戦車道路を歩きますが、

舗装されているものの山の緑が多く癒されます。

少し前に知人と歩いていると仲間を呼ぶ小鳥のさえずりも心地よく、

今頃はドングリの実も結構落ちています。

 

そういえばポケットに他の場所から一つドングリの実を拾って入れたままなのを思い出して、ゴソゴソ取り出して、

知人に「ここドングリの木があるからこの辺に置いていこうかな」と話した途端、

風もないのに近くの大きなドングリの木からバラバラバラっとかなり大量のドングリの実が降ってきました。

一度にあれほど落ちたのを見るのは初めてでしたが、

一つのドングリ返そうとしたときに、まるで連鎖反応のようにおこった出来事でした。

蝶々は(たぶんヤマトシジミ)飛んでくるし、なんだか森の会話のようにウキウキした気持ちになったものです。

森も素敵です。

 

孤独をどう受け止めるか

孤独を思うときもありますね。

いつもいつも孤独を感じる方

その孤独は

さみしい かなしい 

人の輪にいてもとんでもなく孤独感

 

まわりは楽しく会話をしているけれど自分だけ輪に入れない、無理に合わせても作り笑いで、心の中は苦しい。

だから何かを人や自分を責めてみてもそれも孤独感が増してしまう。
人も苦手、大勢の中は特に苦手、疲れ切ってしまうかも知れません。

 

自分は自分でしかないですから、人と同じではないですが、それでも一人感が強く出てしまう人は仕事以外は一人でいることが落ち着くかもしれません。
それでもでも孤独と思ってしまう・・・

孤独という自分の存在をはっきりわかっているし、魂は高次とつながりやすい存在でもあるのです。

 

孤独でも逃げない、自分と向き合える力がある。
自分をしっかり支えているし魂は生まれて生きて
現世で生き抜く約束を覚えています。

ただ世の中の基準に合わせると合わないことが多い。

静かに居たいのに、変わっているねと言われたり、基準や価値観が重苦しいこともあります。

 

自分自身が人より劣っていると勘違いして苦しんでいるかもしれません。
そういう方はむしろ魂は輝いているのです。

むしろ下世話な話しなどが苦手で困っているかも知れません。
無いと困りますが、お金だけが生きる力のような価値観世界にも戸惑ってしまうことも多いでしょう。

 

どうにかがんばって生きる中で、どうして自分なんか生まれてきてどうして必要なんだろうと思ったとしたら、

そう思い調子に乗りすぎない心を持った人たちが今後もっと世界が進化していくためにもとても大事な役割をもっているのです。

自分の心と体と魂はものでもない自分だけです。

 

肉体が死んでも魂は生き続けます。
時代の変化をいち早く敏感に捉えているので不安に感じないように。
ご自分をより感じられることをしてみることもよいかもしれません。

瞑想や自然界の気を吸いながら歩くなど
ご自分を感じられる、落ち着く空間や時間を大切にしてください。

 

ご自分を温かく包みこんで、光に覆われるイメージで意識を高めていくようにしてください。

これからは心をもっと楽に生きようというように

 

 

同じところに留まってはいられない

 

たまたま電車で隣同士に乗り合わせただけなのに心地良い人がいるものです。

新幹線の肘掛一つでも隣の人を気使って肘をかけずに姿勢良くしている人など、老若男女の関係なくマナーのある人と接することは、お互いに居心地が良く快適に過ごせる時間を共有できます。

 

 けれども反対に平気で隣の人に肘がはみ出すくらい深く肘をかけてくる人、大声で携帯電話で話す人、足を思いっきり広げて座る人などは、隣の人も周りの人も不快ですし、疲れていたらなお一層まいってしまいます。

 

日常でも穏やかに心地良い人たちだけに囲まれて、できることならずっとそういう時間を過ごしていたいと思っても、穏やかで心地良い気持ちだけで過ごしていくことはむずかしいものです。

 

次の行動と約束や時間に移り過ぎてゆくのです。

マナーのない自分勝手な人とも電車から降りたら別れることになります。

良いことも嫌なこともその場に限りなく存在することはありません。

同じところにはいられないのです。

 

 毎日の出来事も一見同じようなパターンで日々過ごしているかのように思えますが、日常も違っていることに気づいてみると、なかなか面白いものです。

まず自分が考え方を変えてみるだけで見方も変わってきます。

 

どうせそうだからと自分でパターン化してしまうと、今日もまた同じでつまらないなということになります。惰性的に過ごすのではなく、日々何かを発見できるように意識を向けることです。空を見て流れる雲一つをとっても決して同じ雲は現れません。

生活している場はあまり変わらなくても、時間も人も自分の感情や思考は同じところにいることはないのです。  

 

 私たちの一生はそれぞれ皆異なります。

同じ環境に育っても同じではあり得ません。楽しくてもいつまでも楽しいわけではないし、同様に悲しいこと苦しいこともいつまでも続くことはありません。

 

ただ楽しいということ以外の苦しくて嫌な思い出は、尾を引くことが多く気持ちが乱されてしまいやすいのですが、自分の過去からの積み重ねをいかに受けるのか、重圧と受け止め立ち止まってしまうのか、あるいは強く賢くなるための経験として感謝できるかによって、先に進んでいくための瞬間瞬間の感情や思考はすべてが流動して存在しているのです。

 

体の細胞も流動して使命を果たしていることで、私たちの体は維持されています。すべての相互関係がうまく働いていかなければ、思うように人生は成し得ることができないのです。 

 

 人生が楽しいか、つらいかは価値観次第で変わることですが、どの時点で自分が支えられてきたかと考えるとつらいことが逆に自分を支えるパワーをくれていたりするものです。もっとも楽しいことばかりが続いたとして、自堕落なことになってしまうでしょうが、悲しく苦し過ぎても疲れ果ててしまいます。

 

いますぐの解決は不可能なことも山ほどあると思います。

けれどもほんのいっときでも、花を見て「きれい」とか、空を見上げて深呼吸できるゆとりを自身に与えていくことを意識して、次の流れに向かって進もうとすることで、心の時間が常に流動しトータルバランスがとれるのです。

 

この一瞬一瞬が同じところにはいられないのです。 

今できることからゆっくりと

 

石上神宮

 

 

無我の境地で徳を積む

 

自分のことばかり心配していてもよくないですが、

 

人のことを思いやることは大事とは言っても

 

人の生活に入り込みすぎてしまうのもお節介。

 

相手の思うように動いてあげたとしたら喜ばれ感謝されますが、

 

例えば、相手が困っているときにお金を渡すことは

 

喜んでくれるのは確かです。

 

それでも精神的な感謝の受け取り方は

 

自分が思っているほどではないかもしれません。

 

手をさしのべてあげたいと思うなら、

 

自分が満足できることでなければならないのです。

 

徳を積むのは嫌々やってあげたのではつらいだけですね。

 

イヤならやらないこと、笑顔が残るならよき決断!

 

無我の境地で徳をつめるのです。

 

見返りを望まないで自然に出来ることが知らないうちに徳を積んでいます。

 

いつまでも過去のできごとに心が引きずられないように

 

感性がつよくて霊的な影響を受けやすい方の中でも、

 

非常に自分の過去の出来事から思いが抜け出せないかたもいます。

 

あのときこうしなければこうならなかった・・・・

 

それを考えても自分の判断と決断を

 

いつまでも責めてしまってなにも完結できないままで苦しんでしまいます。

 

必要なのはだからこれからどうするべきなのか

 

自分を責めない

 

人を責めない

 

過去を責めない

 

過去にたたずまない

 

今から未来へ

 

進むべき方向を見つめること

 

心も同じ

 

自分の心に引きずられないように