悲しみを喜びに変えて

 

ゆっくりでいいからそうしてみませんか?

幸せな時代のはずなのに、人生に悲しんでいたり 

人と比べたらきりがない、人と同じでもつまらない。

 

人よりグレードが高くても満足しない。満足したとたんに次のことに

悲しいと感じることは「楽しい」を知っているからです。

 

つらいと思うのも「楽しいを知っている」からこそです。

死んだほうがましだと思うときは、「生きたい」気持ちの裏がえしです。

 

人が笑っているから自分よりは楽しいのだろうと思うのは、

「楽しいを知っているからその想像ができるのです」から

 

悲しみを喜びに変えるためには、

深い悲しみが人生に与えてくれたものをもう一度見直して、

 

人としての意識だけでとらわれないで、

スピリチュアルな自分も内面にいることを忘れることなく。

 

見るもの、聞くもの、とらえる角度により

伝え方が大幅に変化してくる情報に惑わされ流される事なく、

今ここにいる自分を受け止めて心で抱きしめて。

 

悲しいとき、つらいとき誰かに何かを求めたくなるけれど、

誰かに何かをして助けてあげることでも自分も楽になるときもあるのです。

 

   人のことを悪く言ってもキリがない

   人のせいにしてもキリがない

   自分を責めてもキリがない

   どれもが自分を不幸にするばかり

 

   人のおかげで自分も成長できる 

   人が自分を育ててくれる、

   助けたら助けてくれる

 

   恩を着せたら疎まれる

   着せる恩など意味がない

 

   ほめてもほめられても嬉しい

   笑顔を向ければ丸くなる

 

   悲しみを経験したら喜びの深さがわかる

   人の悲しみをやさしい心で受け入れて

 

   「でも」まずは自分から

 

これまでの悲しみの星から幸せの星(地球)へと変わってくる時代です。

 

 

 

人を傷つけたくない

 

日常で起こることも気になりすぎる方もいます。

 

何事にも 自分を責める感覚と、周りから責められる感覚がきつくて、

 

傷つけたくない人を傷つけてしまったのではないかと思ってしまったり、

 

そんな自分を責めてしまいます。 

 

もっと気楽に自分を解放させたいのですが、

 

あまりうまく出来ない方もいるかもしれません。

 

まず自分を責める感覚というのは、

 

例えば相手が悪くても、

まず自分自身の反省点を考えてしまう方ではないでしょうか?

 

周りにとても気を使ってしまうタイプですね。

 

ここまでは一般的なことですが、これを霊的に視ていくと、

 

とても身近にいる人たちの感情とか心の機微を捉えすぎてしまうほうに

 

「霊感、感受性が働いてしまう」のです。

 

これもまた辛いことですが、

 

相手が怒る前に感じとることも出来ますから

 

危険(?)から回避できる素質も強いはずなんです。

 

自分を解放させてあげられるとしたら、あれやこれや反省して、

 

同じことをまた反省して、自分の心をこれ以上叩かずに、

 

「自分を好きになること」あなたの魂はこの世では、

 

この肉体と性格をもらってきているのです。

 

たまには自分の内面に笑顔を向けてあげること。

 

解放させるには、これから自分にも周りにも何をしてあげられるか考えること。

 

ただし、人の思惑を気にしすぎてしまいますから

 

ときには自分がやりたいことを最優先してください。

 

そして人の感覚を受けやすいのは自分で浄化できることでもあります。

 

コツは個人差があるかもしれませんが、落ち込んでいるときは出来る限り

 

よくなったらどこに行きたい。何をしたいと考えるのです。

 

考えることはそれぞれ違うでしょうが、私は忙しくて行くことも出来ないときに

 

旅行雑誌を見て「ここも行こう、どこそこも行きたい!いいなぁ!!」などと

 

今すぐには出来なくても先のことを考えて、そのためにいま頑張ろうと、

 

楽しみをつくります。波動を変えていくことが大切です。

 

人を傷つけたくないなら、まず自分を必要以上に傷つけないことです。

 

 

明神池(長野県松本市 上高地)

 

自分を守ること

 

周囲を気にかけて、気を使いすぎて気を張りすぎて、

 

気がとらわれて疲れ果ててしまうことはないでしょうか?

 

周りに気遣いのアンテナをたてすぎて

 

心身を費やしすぎてしまうことになっていませんか?

 

周囲に気づかいをすることは必要でも、

 

自分をおろそかにしないようにご自分にも気をかけてあげることです。

 

自分を見つめること(心の内側に目を向けていくこと)を忘れないでください。

 

周囲の人たちの思惑や自分への評価ばかりに気をとられてしまうと、

 

あまりにも孤独に陥りがちにもなりますからご注意。

 

祈るということを大切されている方は、ご家族兄弟や他人のために

 

一生懸命祈ることばかりでご自分に厳しい方もいます。

 

感性が高い方は周囲の雰囲気も受け取りやすいのでとても気持ちの

 

アップダウンも起こりやすいので

 

ご自分を大事にときにはご自分のために心落ち着くような

 

好きなところへ出かけてみることも心掛けてください。

 

 

 

 

お付き合いしていても

 

霊的な感受性が強い人で

お相手とお付き合いをしたときに

とても好きな相手であるのに

相手の人と会っていると息苦しくなったり、

気分が悪くなったり、

体に痛みを感じたり、

重たくなったり、体がつらくなってしまう。

どうしても結婚に進むことができないということもあります。

 

ご本人も敏感でもありますが、守護が先に

 

お相手の状態を教えてくれていることもあります。

 

本当に守ってくれるお相手だとしたら

 

お会いになっていても、体がつらくならないでしょうし

 

気持ちが落ち着くはずです。

 

それでも、もしお相手になんだか重たいものを感じたり

 

気にはなるけれど一緒になりたいと思われたときには、

 

浄化していく役割はあるかもしれません。

 

神様ごとを大切に。

ご自分もお相手も慈しみ感謝を忘れずに

 

恋愛感情ではないのに好き嫌いは別にして、誰か気になってしまうと

 

その人をひどく意識してしまう人もいます。

 

話したこともない職場の人だったり、

 

ただ通勤途中で時々出会う見ず知らずの人だったり・・・

 

別に知り合いというわけでもない人を

 

時々で出合うだけなのに、できれば会いたくない

 

出会ってしまうのも苦痛と思う人もいます。

 

何か悪いことがあったわけでもなくても

 

一度気になってしまうと、頭から離れない・・

 

こだわりが抜けないように

 

気になることはわかりますが、

 

それ以上に勝手に妄想してしまうように

 

声をかけられたらどうしようなどと、違和感を生み出してしまう。

 

そういう苦しみを負ってしまう感覚になりやすい人もいます。

 

自分が作り上げてしまうイメージが独り歩きして苦しまないで

 

意識を変えていく必要があります。

 

自分で「気になるだけだから大丈夫」という自信をもって

 

自分を信じて

 

富士北口本宮浅間神社(山梨県富士吉田市)

 

自分の存在を否定しないように

 

仕事でうまくいかなかったり、

 

自分個人だけの問題ではないことでも

 

感受性が強い方は自分が悪かったからと

 

思い込みやすい方がいるかもしれませんが

 

例えば車を運転していても、

 

他の危ない運転の車に出会った時でも

 

自分が悪いんだとさえ思ってしまう事になります。

 

何か事あるごとに自分が悪いからだとか考えてしまうのでは

 

他者を責めるよりはいいからという考えもあります。

 

ちょっとした出来事にも、

 

自分が悪かったからだと思い悩んでしまわないように。

 

自分を責めてしまうという事は、

 

結果的にあの時自分は、

 

こうしなければよかったという事と同じですから、

 

意識が過去にばかり行ってしまいます。

 

過去を振り返って、

 

ご自分を責めていてはとてもつらいものです。

 

落ち込んでしまいがちです。

 

大切なのはいつも言いますが、今からこれからです。

 

ご自分の存在を否定しないで

他人の言動に流されないで

心強く

自分を責めず

人も責めず

ご自分を愛すること

ご自分を好きでいること

大切に守られてください

 

一瞬一瞬が再スタート 今からこれからです

 

 

 

前世で悪いことをしたからいまが悪いと考えないほうがよいです

 

日々の生活の中で

何か悪いことがあると、自分が過去に悪いことをしたから

嫌なことばかり起こってしまうのかもしれない。

 

前世や過去世の自分が悪いことをしたから

人生がよくないのだろうかと考えてしまう人もいます。

 

前世や過去世の問題だとしたら、

あなたの生まれた家系や

土地のご縁の中で大きな意味での縁がつながってのことですから、

全体が影響を受けることが多いです。

 

個人的に前世や過去世が問題であっても、

この現世界で何をしてどう生きて思いやれるかによっても、

運勢はドンドン変わっていきます。

 

前世や過去世が悪いことばかりと考えがちなところが問題で、

前世や過去世で喜怒哀楽をたくさんの学びをしてきているからこそ、

苦難を乗り越えていく力があるということに気がつくべきです。

 

そこに支えてくれる先祖、守護霊

ハイアーセルフ等の支えの力が加わってこそ

今までこられたということに意識を向けていかれることが大事です。

良い方向へ進ませていくためには過去にとらわれ過ぎているよりも

 

今からこれからが大切です。

 

前世で悪いことをしたからなどど考えるより、

自分を責めない 他人を責めない生き方をすることが

解決方法を早めてもくれます。

過去も大事ですが、変えられるのは「いまから、これから」

 

生き生きとした人生でありますように。

笑顔には笑顔がもたらされてきます。

 

 

 

 

すぐに腹が立ってしまったり とてもイライラしてしまったり

 

家庭でもご家族に言われた一言で腹が立ってしまう

仕事でも何かにつけてイライラしたり、

常に何か問題点が出てきてイライラしやすくなる方もいます。

 

気持ちの優しい人が多く、自分でもどうして腹がってくるのか

とにかくイライラがおさまらなくて苦しい。

 

ご家族とは言い合いもしても、職場では感情を抑えるようにしているかもしれません。

とても気真面目で自分の仕事はきちんとこなし、

その代わりダラダラ仕事をしている人をみると腹立たしいこともあるでしょう。

 

人にも厳しいけれど、自分にも厳しい方が多いです。

そう言うとおそらくそんなことはありませんと否定されるかもしれませんが、

自分でもできないことやミスがあったりすると、

いつまでも自分を責めてしまったり、

 

どうして気がつかなかったのか、

みんなに迷惑かけてしまったらどうしよう、

悪く思われていたらどうしよう・・など

気になってしまう人が多いかもしれません。

 

そうするとますます気持ちのおさまりどころがなくて

自分に腹立っているところへ ご家族兄弟に何か言われたとたん

腹が立つ出来事が起こってしまうかもしれません。

 

ご自分をもっとリラックスして、

過ぎてしまったことをクヨクヨせずにそして自分自身にも腹を立てずに、

やさしい自分を取り戻すことが大事です。

 

お参りなども気を変えてくれます。

心地よいと思うところは人によって違いますが、

ご自分がここと良く感じられる神社へ参拝して気を変えることも一つの方法です。

 

お部屋でお香を焚くなど(火の気には細心の注意を)も一つの方法です。

好きな香りと、お香の小さな煙に心が落ち着きますようにと気持ちを込めて願うこと。

すべての出来事が自分を育ててくれるための必要な出来事だったのです。

 

どう捉えて前向きに進んでいけるのかで次の出会いも変わっていきます。

感受性が強い方は仕事はあればあるで忙しすぎて大変で

辞めたくなるほど自分を追い込み過ぎてしまうので、限界を感じやすくなります。

 

パニックにもなりやすいし、

すべて背負い込まないでできる所からこなしていきましょう。

一呼吸、深呼吸、心と魂は連動しています。

 

本来の魂はとてもピュアであり日々の雑事に追われ過ぎると

ゆっくり感じとることもおろそかになりやすい。

腹が立つことやイライラして

相手に乱暴な思いをぶつけることもあるかもしれませんが(特にご家族には)

嫌なことばかり、腹が立つ、ムカつくの思いだけでは心が疲れてしまいます。

 

できるだけ元気が出る言葉を使う事も心がけていくようにしてください。

ありがとうございます。感謝しています。楽しい。可愛い。うれしい。

しあわせ(小さなことでも)

生かされて美味しく食べて生きることはとても幸せなことでもあります。

 

言葉には言霊があります。 言葉の力、 エネルギーです。

たとえ思っていなくてもよい言葉を口に出してみてください。

良きエネルギーに満たされてきます。

 

今日もありがとうございました。

 

寒川神社(神奈川県高座郡寒川)

 

クレーム対応のお仕事 体調を崩さないように

ご本人の承諾を得て掲載しています

お仕事頑張っているAさん

ある会社のクレーム対応もしなければならないため

 

日々急がしく働かれているAさんは、

 

「もうとても疲れ果ててしまって、体の細胞がこわれるくらいの

クタクタになってしまう事だってあります」

 

例えばクレームの電話をまず聞いていると、

 

クレームなのでもちろん文句を言ってくる。

 

怒ってくる。怒鳴ってくる。挙句の果てには〇鹿、〇ね、などといってくる人

 

もいるので気丈なAさんもマイってしまうのです。

 

それでも仕事なので投げ出すわけにもいかない・・・・

 

かなり体調を崩しやすくなっていましたから、

 

会社からほど近い神社へ毎日行くようにもお伝えして、

 

毎朝お参りしてから仕事に行くようになってから

 

体調を崩すようなことは減ってきたとのこと。

 

クレームの内容は製品だけのクレームでおさまらず多岐にわたって

 身の上相談のようにご自分の辛さを訴えてくる人もいます。

クレーム対応の方には何を言っても良いと勘違いしている人がいますから大変です。

 

それからクレームで嫌なことを言われて気分も悪いでしょうが、

電話を切った後に心の中でいいですから、

「もっと穏やかになりますように」「しあわせな気持ちになりますように」「笑顔が戻りますように」「ありがとう!」といってください。

 

思いつく良い言葉を投げるようにでも良いですから、心の中でとなえてください。

 

まだ気持ちの中はこちらも腹が立っていると思います。

 

あるいは責められてネガティブな気持ちになっていると思います。

腹が立つ波動のままでもよいです。

言葉には言霊がありますから

それが新たに波動を整えてくれます。

 相手にもご自分にも波動が伝わります。

 

そして中和してくれる力でもあります。

例えば「腹が立つ!」とかいう気持ちでいるとご自分もつらいままで終わってしまいます。

 

中和されずに破壊されてしまわないように、

 

よきしあわせ言葉で中和されて穏やかでありますように。

 

 

 

思うことが現実化していくための力、徳をもって

 

思うことを自分の将来のために、

 

なにかをしていくことで、

 

将来手にいれることのできる人生になります

 

よほどの欲やわがままでない限りは可能です

 

ただ現状に不満や悪口雑言ばかりや、

 

つねに他人の悪い批判と人に恨みや妬みをもち続けていくと、

 

例え金銭的に裕福でも、

 

自分の心を破壊していることになります

 

徳がなくなるのです

 

徳というのは正義や善から生じた恵みです

 

自分がつくる徳、先祖が残してくれた徳

 

自分がつくる徳は、

 

心に悪意を持たず、思いやりをもって

 

人のことを大事に助けたりできること。

 

先祖が残してくれた徳は、

 

欲深くないご先祖が人のために施した功績でもあります

 

徳を積んでいける人は、長続きしていけます

 

目には見えない力にも守られていくことができ

 

思うことが現実化していくことも増えてきます。

 

穏やかな日々でありますように

 

茨城県日立 御岩神社 参道

 

加藤眞澄ホームページへ

 

自分ばかり嫌な目に合ってしまいがち

 

毎日車で通勤しているA子さんはよく煽られることがあります。

度々煽られるので警察に届けようかということも考えたそうですが、
とりあえずドライブレコーダーを数名の友達に見せたら、

「友達の皆はほとんど気にしないというのです。たしかに煽りのように距離は近くてもA子さんが気にするほどの煽りや距離でもないといわれました。

自分一人がとても気になるだけで周りはあまり気になるほどではないといわれます・・・家族も大げさにしないように言うので腹が立つのです。

自分ばかりが嫌な目に合ってしまう・・・・」

後日映像も見せていただきましたが、距離は近いですが悪質とまではいかないという映像でした。

A子さんは感受性が敏感ではありますが、忙しかったり疲れてくると苛立ちやすいところもあります。

物事の捉え方がとても重く大きく受け止めてしまうことにもなりやすく、

そういうときは負の連鎖のように次々嫌なことが起こったり、気になったりしてしてしまうことにもなってしまいがちです。

 

過敏な方は怖さにも過敏であったり、とても心が不安にもなりやすいこともあります。

気の流れを変えて行くために、煽りのようにくるドライバーや、忙しい仕事や自分の意見を聞いてくれない家族に怒ったり苛立ちをぶつけていることから、まず自分自身を落ち着けること

 その出来事はあるけれどどうして自分はそれほど気になるのか、家族がわかってくれなくてもわかってくれないことに新たな苛立ちをぶつけていることにも気がつかなければなりません。        

 

怒ってばかりいる波動は、また問題が出てくる事柄を引き寄せてしまう事にもなってしまうと、怒りやイライラの連鎖にもなってしまいます。

次に引きづらないように気分転換は必要です。

 

祈ることができる方は神社仏閣への参拝もよいですし、時間がとれないときは寝る前に5分でも瞑想の時間をつくることも気持ちを落ち着かせてくれます。

木の多い山も気を整えてくれます。

それに怒ってばかりいると体に熱がたまるように疲れさせてしまいますからご自分を大切に。リフレッシュしてください。