霊的な相続のことについて

 

お家の財産を相続をされるのはもちろん相続権のある方ですが、

土地であったり、金銭の相続だったりそれぞれです。

 

「親が喧嘩ばかりしていたので、霊的にも因縁も相続することにもなると怖

い」と言われる方もいます。普通はそれほど問題は起こりません。

 

因縁めいたお家で一番問題がでやすいのが、

相続の段階で、誰がいくら貰うとか、

自分だけのものだとか、非常にお金に貪欲になるご家族がでて

揉め事になったりする場合もあります。

 

遺言書もないのに、遠くの親戚が、

自分がお金を貸したことがあるから、財産分けしろなどど

訳のわからないことを言う人がいることが因縁でもあります。

法的に対処すれば現実的なことは解決されていくことができます。

 

 

相続は霊的にも受け継ぐことも多いですが、

もめ事もなく、穏やかな相続な場合には問題はないのです。

受け継いだあとにどうするのかの方が大事です。

家の因縁もなにもかも受け継ぎたくないから、

いらないー、と避けることよりも、もし相続されたら、

今後最低限に必要な金額はいただいて、

それでももしご自分にとって多額すぎて、

人生が狂わせてしまうほどなら、一部寄付していくことだってできます。

 

さまざまな活動で、資金が足りないところは山ほどあります。

お金は正しく使っていかれることで、

生かされたものに変化します。

ある方は、相続をされて家と土地は大事に住むことにして、

家賃が必要なくなった分、遊んでいるより充実させたいと思われて

ボランティア活動を始めた方もいます。

使い方次第で生かせるものであれば、因縁を引きずることはありません。