霊体は自由に

病気で寝たきりの方が、

 

亡くなる数日前に、

 

いま誰かの家に行ってきたとか、

 

大好きな温泉に行ってきた

 

気持ちが良かったぁ~と

 

話したりすることもあります。

 

寝たきりで体が動かせないので、

 

現実的にはあり得ないことでも

 

魂が肉体から離れはじめると、

 

霊的な体が

 

自由に動きやすくなります。

 

強く思い願うことで瞬間的に、

 

霊体は肉体を抜けて出かけていくのです。

 

私の母親も亡くなる一週間ほど前に、

 

「いまお風呂に入ってきたの気持ちよかった~」

 

「みんなで旅行に行っておいしいもの食べてきた」

 

などと話していました。

 

それに、「すごくきれいな、きものを着ている

 

3人の人たちがいて良い香りがして、笑ってこちらをみているのよ」

 

などとも話していました。

 

母親は助からない病でしたが、

 

お迎えの方々(霊)が見えていたのでした。

 

加藤眞澄ホームページへ