親切なご家族だと思っていたら

私の母親の友人だった女性が80歳の時に、

ご主人が亡くなりお一人でアパート住まいをされるようになり、

お隣の若いご家族が何かと声をかけてくれて小学生の子供さんはいつも明る

く、ご両親もやさしく高齢の女性に気を使ってくれて買い物にも付き添ってく

れたりご家族がとても親切にしてくれたそうです。

 

そんな日々が2年くらいたったころに、そのご家族の奥さんからある宗教の話

が出て、一緒に行ってみませんか?と誘われたときに、

 

この高齢の女性が「せっかくのお誘いですけど、うちは実家も亡くなった主人

も決まったお寺の宗派だから、私は他の宗教には行かないし入らないのよ」と

丁重にお断りしたら、

 

「よくもこれまで面倒見てやったのに、断るなんで失礼なこというわね!」と

本当に手の平を返したように暴言をはいて部屋を出ていったそうです。

 

それ以来買い物など一切付き合ってくれないし、挨拶もしてくれない・・

 

結局、自分たちの信仰している宗教の勧誘のために2年ほどいたく親切にして

くれて、普通なら断れないだろうという状況をつくっておいて誘ったようでした。

高齢の女性だから情に訴えてきたのでしょうが、「そんな気持ちでや

さしくされていたのかと思うと悲しい・・・」とおっしゃっていたのが忘れら

れません。

 

宗教はどこに入信してもしなくても、個人の自由ですから勧誘してそれも断る

と手のひらを返されるというのはつらいですね。

霊が集まる

加藤眞澄ホームページへ