自粛により街が静かな日が続いています

不要不急 以外の多くの方はご自宅にいらっしゃるのですから

 

いつものように出かけたくても出かけられないのが現実です。

 

パンデミックにより行動制限されることは初めての経験です。

 

時間を持て余されたり、このような時だから家の片づけをしたり、長い間読め

 

ずに本棚の飾りになっていた本を読み始めたり、

 

日々時間との追いかけっこで、時として時間に振り回されていた自分をリセッ

 

トするように自然と自分心の対話も増えてきます。

 

日々目的をもって動くことの大切だったこと

 

いつも楽しむ友人との食事や会話

 

いつもできることができない。

 

反対に家族と過ごす時間が増えて、会話ができたり。

 

一緒に食卓を囲む回数が多くなっているでしょう。

 

いつもできることができない反面、いつもできないことに

 

今後の社会への不安も生じてくるかもしれませんが、

 

自粛から解放されてもしばらくは世界的な経済の落ち込みも出てくることに

 

ますから安定してくるまでには時間がかかってきます。

 

世の中の巡りがこれまでとは変化してくる時代に

 

私たちは出会っているのです。

 

あらたな価値観はこれまで陰に隠れていた才能や輝きを見出してくることにも

 

なってきます。

 

人の意識も高まってきますから、欲だけで動かされるよりも、心地よい生き方

 

を選択していく方向に進んでいくことにもなってきます。