自分を守ること

 

周囲を気にかけて、気を使いすぎて気を張りすぎて、

 

気がとらわれて疲れ果ててしまうことはないでしょうか?

 

周りに気遣いのアンテナをたてすぎて

 

心身を費やしすぎてしまうことになっていませんか?

 

周囲に気づかいをすることは必要でも、

 

自分をおろそかにしないようにご自分にも気をかけてあげることです。

 

自分を見つめること(心の内側に目を向けていくこと)を忘れないでください。

 

周囲の人たちの思惑や自分への評価ばかりに気をとられてしまうと、

 

あまりにも孤独に陥りがちにもなりますからご注意。

 

祈るということを大切されている方は、ご家族兄弟や他人のために

 

一生懸命祈ることばかりでご自分に厳しい方もいます。

 

感性が高い方は周囲の雰囲気も受け取りやすいのでとても気持ちの

 

アップダウンも起こりやすいので

 

ご自分を大事にときにはご自分のために心落ち着くような

 

好きなところへ出かけてみることも心掛けてください。