自分らしく

霊的に影響を受けている場合には、ご本人の意識に戻していかなくてはなりませんが、第一に理解していくには自分ではなくて霊的な仕業であることを受け入れることです。 意識の中で振り分けて霊と自分の違いを浮き出して行かなければなりません。

精神的な病気といわれることにもかなり霊的な問題が関わっていることも多いのですが、霊的に違うものが入れ替わっている場合もあり、同じ霊意識(低級霊)が違う人格であるがごとくに動いている場合もあります。

不安と猜疑心がだんだん強くなってしまったり、まるで子供のようになってしまうこともあります。

感覚意識にも霊的な影響も出てくることもあります。