自分だけついてない、運が悪いな

自分だけ

人と同じことをしていても自分だけが注意を受けたり、叱られたり目立つ・・

言い訳が下手なのか、逃げるのが下手なのか・・・ではないのです。

一見自分はツイていないと思えるようなことが、同じようなことをしていた周りの人や友人たちより先に注意を受けて「気づかされる」のです。

 

それだけ気づきは人間性も霊性も高めてくれることになります。

 

人より先に欠点に気がつかされ、悪いこと修正していかなければならないことを早く知らされるのです。

 

それでも、自分だけが悔しいとかついていなかったといつまでも思い続けていると、いつまでも立ち止まっているのと同じように、せっかくの修正するチャンスを後回しにしてしまうことにもなってしまいます。

 

周囲の人たちよりも目立って注意を受けることは、いち早く心と霊との浄化ができるチャンスでもあるのです。

 

酒気帯び運転で捕まった人が「何でっ自分なんだ!!あっちもこっち皆酒飲んで運転してるのに自分だけが捕まるんだ!ほんと運が悪いわ!」と怒りまくっていては、まさに反省なしの気づきなしになってしまいます。

 

運は自分の気持ちが前進し、内面の自分を見つめていける感性のバランスが整ってこそ開けてくる世界でも有ります。

 

ついてない、運が悪いというだけでは片付けられないくらい、悪い事が度重なるときには霊という邪魔な存在が介在していることもあります。