自分だけが孤独と感じる

老人の孤独、ひとりっこの孤独、いじめの孤独、1人暮らしの孤独など孤独の

 

種類はキリがないほどにあります。

 

大家族の中で育っていても一人自分だけが孤立しているように

 

感じている人もいます。

 

他の家族は互いに話も合い楽しそうだけれど、

 

同じ親子兄弟でも自分だけはどうしても話が合わないし、

 

心から笑えない思いでいる人もいます。

 

霊的な見地から言えば、人は親子家族でも皆、魂も違いますし

 

に生まれた役割が違っていますから

 

全く同じ行動や考え方をして100パーセント共有することは不可能です。

 

自分のことを大親友でもわかってくれない、

 

親も理解してくれないことなどもあります。

 

わかってくれないから余計に追い込まれて

 

孤独感が強くなることもありますが、

 

特に感受性、霊感が強い方は孤独に追い込まれやすいものです。

 

気持ちの中が誰かといても淋しい孤独感、

 

話しても理解をしてもらえない孤独感、

 

笑っているのに作り笑いのように感じる孤独感、

 

誰も自分のことをわかってくれない孤独感・・・・・など

 

内面の、スピリチュアルな自分の魂に気づいていくことで

 

癒されていくことがはじまります。