祖先から受け継いだものを粗末にしないように

お稲荷様に限りませんが、ご自宅の敷地でお祀りをされていたり、いつの時代からあるのかわからないし、後を継いでおまつりし続けていくことは自信がない方もおられると思います。きちんとおまつりしつづけることができないとか、宗教上の理由で問題がある、家を離れたりもしくは敷地を利用するために、祀り続けていくことができなくなるなど。

これらの理由でおまつりができないことになり、「粗末にするくらいなら」きちんと祀られている系統の神社にお願いをして、丁重にお礼と感謝を心より伝え、きちんとお清して終わらせることです。

ただ取り去ることを奨励しているわけではありません。時代的にお祀りが不可能になられる方も多いため、無視をしていただきたくないためです。粗末にして、例えは悪いですが踏みつけるようなことがあると、霊的にも災いがあることもありますが、後を継がれてつづけていかれる自信がない方もいます。

お家に古くなってホコリのかぶった神社やお寺のお札はありませんか?
何年も置きっぱなしになっていませんか?
年に一度はお参りに行かれて新しいお札をいただいてきてください。
これ以上祀ったり、お札はいらないと思われるのなら、お礼も込めてきちんとお返しをしに行かれることが大切です。