流されすぎないように

 

テレビを始めマスコミという情報社会はなくてはならないもので、毎日さまざまな情報を得ることができます。

 

ニュースもファッション・旅行・健康などすべての知りたい情報は何らかの形で知ることができます。

 

健康にしても何を食べると身体に良いとかキリがないほど取り上げられて、翌週にはそれらを取り扱った商品等が売り切れ続出状態だったりします。

 

これは健康に皆さんが興味を持たれて楽しんでいる流れなのですが、とにかく良ということだけで摂取しすぎて検査の数値が上がってしまったという人もいます。

 

 さまざまなものが科学的に解明されてくると、さらに善し悪しが判明することでしょうが、本来はすべてのバランスがとれていれば問題ない存在だと大概の方はわかっています。

 

しかし健康食品に限らず、視覚、聴覚に訴えてうまくアレンジされて情報を伝えられるとついつい信じてしまう。それが流行りの原点であり商売が活性化することも確かですが、最近では新商品が次々と生み出されるために、

 

なじんでくる前にまた次のものへとすごい速さで流動しています。もっともキリのない前向きな需要と供給は必要と思います。いき過ぎもバランスを欠いてしまいます。

 

 私たち人の身体も細胞分裂で維持され、毎日、体細胞分裂が体内でなされ、古いものは新しいものにつくりかえられていますが、前述の需要と供給においても流行り廃りが生活にかかわることを考えれば、社会という世界での細胞分裂がやはり日々繰り返されているのではないでしょうか?

 

 けれども古いものは新しく生まれ変わるというだけで、私たちの骨格や内臓、筋肉はいつもと変わらず我が身に存在しています。

 

我が身で起きている細胞分裂の自然さがすごいことだと感じます。自然の流れはすべての状態や条件が作用を起こしてつながっているのです。

 

 話を元に戻しますと、私たちの身体は自然な流れを自分の意識しない意思を持って毎日身体の内部で活動しています。

 

この瞬間にもウィルスと戦っているし、がん細胞とも常に戦い守って流れをつくっています。自力で頑張っているのです。

 

自然な流れを自分で知っているのですから、世の中の情報や流行にくれぐれも流されすぎないように。逆らいすぎても面白くはありませんが、みさかいなく流れに巻き込まれないように。

 

最低限の流れの中で自分が泳げる程度に巻き込まれるくらいがちょうど良いのかも知れません。 

 

 遺伝子が生涯を定義づけているかのように言われますが、自分自身にも遺伝子レベルで癒していける力を備えられている可能性があるのではないかと思います。

 

マスコミやyoutubuなど様々な情報も見聞きできますが、どれが正しいのか判断するのは自分自身でもあります。

惑わされないように