池を埋めてから立て続けに

*事例はご本人のご了承をいただいて掲載しております

ご先祖代々が何百年も続いて、同じ土地に住んでいたあるお家では、だんだん

 

土地を手放すことになり、

 

広い庭の池も埋めてしまったのです。

 

もちろん先に池の鯉は、業者さんに頼んで引き取ってもらい、池を埋めるとき

 

も業者さんに頼まれたのです。

 

しかし池を埋めてから立て続けに、祖父母は寝込んでしまい、ご主人は仕事の

 

トラブルが重なり、

 

お孫さんは熱がでたりおさまったりのくりかえし、

 

奥さんだけが、大事にしてきた池をお祓いもしないで埋めるのはよくないと言

 

っても誰も聞く耳を持たなかった。

 

「どうせ手放す土地だから」でなにもしなかったのです。

 

それはよくありませんね。

 

後日お伺いして、お清めをさせていただいていると、

 

いまは無くなっていますが、昔は水神様をお祀りされていたようです。

 

小さな石が置かれていたのを。ご家族が覚えていらっしゃいました。

 

言い伝えられていなかったので知らなかったのですが、けれども古い池や井戸

 

を埋められるときには、お清めをされたり細心の注意はされることは大事で

 

す。

 

水神様にまつわる神社はおまいりに行っていただきました。

 

穏やかなよき日々でありますように

加藤眞澄ホームページへ