枕カバーの汚れ

*事例はご本人のご了承をいただいて掲載しております

 

A子さんの息子さん(30代)がいつも体が重いとかだるいとかいうことが多いのですが、食欲もあるし問題がないと思っていたら、とてもけだるそうにして帰宅した翌日、息子さんの使っている枕カバーを取り替えるときに

 

枕カバーがとても汚れていました。毛染めでも色が着いたことはないのに薄黒くなっていたそうです。

 

不思議なことが何度か続いたのでお母様のA子さんだけでご相談にいらしたのですが、

お話を伺っていますと、息子さん自身が霊的に憑きやすく、頼られやすいのです。

 

体もしんどくなるはずですから、お家ではお清めのお塩を置かれたり、お香を焚いて、息子さんの産土神社へお詣りしていただいたり、

 

ベッドの下にお清めとお寺でいただいてきたお守りを見えないところに下げておくようにお伝えすると、お守りをいただいた翌日、朝起きてきた息子さんが腰が痛いといって腰を曲げていたそうです。

 

しばらくすると普通に歩けたようでしたが、お守りに反応したようでした。

 

時折枕カバーが多少黒ずんだりしたときには、お清め浄化するとおさまってきます。

 

息子さんが仕事から帰宅するとお母さんのAさんまで家の空気が重たく感じることもあるそうですから親子さんで感受性がつよいのです。

 

霊的な出方もさまざまです。

 

加藤眞澄ホームページへ