本当に聞こえているのか霊聴なのか

*ご本人のご承諾をいただいて掲載しております

B子さんは新築の一軒家に住み始めてから、家の外で歩いている人や立ち話をしている人たちが自分の悪口を話していると感じ始めたそうです。

 

「この家の奥さんはおかしいんだ」「ああここの奥さんかー」「出ていけばいいのに」という話声が聞こえ、「夜中でも家の前の道路を通る人が私のことを話しているのです」

 

ご主人に話しても、「何も聞こえないしおかしなことを言わないでくれっ!」と怒ってしまい、家の中までおかしなことになってしまったのです。

 

 

そのうち遠くへ外出していても、「あの人がB子さんか」と言われた声が聞こえて何度も振り返ってみたりしたそうです。

 

ご自分でも本当に聞こえているのか、霊聴なのか自分がおかしくなってしまったのか?と考えこまれてしまいご相談にこられました。

 

お話ししていると、B子さんのお住いの土地が気になって仕方ありません。

 

今は住宅地ですが近くには古墳があったり歴史のある土地柄でした。

 

少しずつ土地を造成されていくうちに、もともと祀られてきた小さな祠だったり石だったり、

 

昔は大事にされてきた神聖な場所が無視されてきたことも原因の一つでした。

 

 

霊的な問題もあったのと気がついてくるように感受性の強いB子さんに訴えてきたのです。

 

お家のお庭を大事に清めて、何度か土地の氏神様にお参りをして、自宅にお祀りしていただくようにしておさまってきました。

 

B子さんのように霊的な感受性が強い方は疲れたり焦ったりすると、波長が乱れやすく声のようなざわついた波長を受けやすくなったり、物をなくしやすくなってしまいがちにもなりやいこともあります。

 

 

リラックスと深呼吸。善き波動のある所でリフレッシュも大事です。