時間が経つのがとても遅く長く感じる

一日が過ぎるのがとても長く感じる方もいます。

何もしていないわけではなく、

仕事も家事もしているのに、

1時間は過ぎたと思って時計を見ると

まだ20分しか過ぎていなかったり、

時間感覚がため息が出るほどとても長く

具合が悪くもないのに疲労感がでてしまう。

つまらないと思うことは確かに時間が遅く感じることもありますが、

それとは異なり、霊的な影響がある場合に、

時間感覚が遅く感じることもあります。

いつもなら早く感じられる時間が、とても長く感じてしまったり・・・

現世にいる私たちは動いた時間が過ぎていきます。

けれども人間界にいつまでもとどまっている霊は

亡くなった時間がほぼ動かない状態です。

過去の時空間に意識がとどまった状態で思いが止まっています。

そういう霊が人に影響したり、波長が合ってしまったときに、

感受性が強い人は霊的影響を受けてしまうこともあります。

浄化させていくためには、波長が整う場所に行かれることも

必要ですが、なるべく落ち込まないようにすることです。

自分だけがどうしてなのだと、マイナス意識になってしまうと

なかなか離れてくれないこともあります。