心残りがないように

ご夫婦ご家族はもちろんのこと、親戚のかたなど、

 

親しくされていた方を亡くされたあとから、体調をくずしてしまうこともあり

 

ます。

 

疲れだけならしばらく休んでいれば回復できますが、人一人が亡くなった、

 

悲しみもつらさもさみしさもあります。心の回復も時間が必要ですし、

 

いなくなってしまった、空間のエネルギーは修復されてくるまでに、

 

過敏な方はバランスを崩してしまうこともあるのです。

 

人一人の存在エネルギーは、とても大きいのです。

 

いままで穏やかだった空間が波立つように、

 

凪におさまるまで変化の時間です。

 

昔は、一家のご主人を「大黒柱」といって、家を支える大事な柱といわれまし

 

たが、

 

一人一人もそれぞれが、大事な柱でもあります。

 

亡くなられた方と、同じことは出来ない、生き方も考え方も違います。

 

体調を崩されるほどに過敏な方は、

 

亡くなった方の気持ちが伝わって来ていることもあります。

 

怖がらないで、何かを伝えてきているだろうか?

 

何かを望んでいるだろうか?

 

何かしてあげられるだろうか?

 

心の中で、感じ取ってみてください。

 

霊的な世界はつながっています。

 

すべてが見えなくなったら終わりではありません。

 

残された方も心残りがないように