夢の中に鹿がでてきた方

ある方が見た夢のお話ですが、

「夢の中で真っ暗な寒い森のようなところから、

急に暖かい風が穏やかにふき始めて、

空がほんの少し明るくなってきたとき、

次の瞬間、目の前に大きな鹿が一頭正面に立っていたのです。

話はしないのですが夢の中の鹿は

こちらへ来るようにと穏やかな目を

私に向けていることがとても強く感じたのです。」

 

「でもこちらに来るようにというのは

霊界に来いということでしょうか? 」

 

そういう質問をされたのです。

鹿は神社でも神のお使いとして

大切にされていることも多いように、

霊的な世界のメッセンジャーでもあります。

 

この方の長い間抱えてきた問題が

解決されて来ることも現していますし、

鹿は神社によっては神のお使いとして

大切にされているところもあります。

 

今回の夢では鹿はメッセンジャーとして現れたので、

こちらへ来るようにと感じたのは、

悩みを抱える世界から自分自身の心が

解放されるべきことを暗示していました。

 

夢で霊的世界と人間的世界の自分をみることもありますし、

夢には霊的な示唆も多いものですが、

 

ときどき理解不能に近い姿でみてしまうこともあります。

夢にはヒントやメッセージを伝えてきていることもあります。

 

冷静に分析してみることも大切です。

 

善き人生でありますように。