善霊は守られなければなりません

今年に入って様々な出来事が、これまでの流れ以上に早く次々と積みかさなるようにおこってきています。

事件でも突如犯人の意識が身勝手な事件を巻き起こすことになり、負がさらけ出されています。内在していた自分の気持ちの善悪のバランスを崩したときにとりつかれたようになってしまうのです。世界でも独裁政権下にあった国々が民衆の力で変化をさせる動きになっていますが、これまでの水面下に隠されていた本当の力、本心が表沙汰になってきて、それは社会にも世界にも個人にもでています。

暗い出来事に気持ちが引っ張られてしまうと本当にそういう世界に入り込んでしまうのです。負けないためには希望と明日に向かっていく気持ちと、これまでの自分がようやくここまでに至ってきた人生という運命を信じて進まなければなりません。

「負」の現象が起こってきています。その反面では「正」も出ています。
負のエネルギーに吸い込まれていかないように

例えば人を思いやることや人を助けると言うことはどういうことか悩まされてきた方にはそれが大きな課題となってきます。

ある例をあげれば今まで親しい人を何度も助けてあげたり支えてきたとしても、相手はそうは感謝を感じていないこともあります。

それどころか2度3度4度と繰り返されて、愛情面でも金銭面でも相手は当たり前のように頼ってくることやあるいは自分の窮状を話すことで情に訴えてくる。もちろん事情はきりなくあるかもしれませんが、他人を犠牲にして成り立つのは決してよいことではありません。

スピリチュアルなことに興味を持たれる方は思いやりが強くどちらかというとご自分に罪の意識を科せてしまう傾向にありますからご注意を。ことわざで「情けは人の為ならず」(意味=情けをかけることは人にしてあげた報いは必ず帰ってくる)といわれますが、自分の心と生活を乱すほどの情けではいけません。

しあわせは自分が感じられてからこそ分け与えることができるのです。世の中の明暗がつまびらかにされてくるときに、人の心もまた嘘偽りなく反応してきます。自分の中にガマンしてきたことが、本心が先行してくるでしょうし隠そうとしても隠しきれないことに気がつかされてきます。

素直な人は素直に
良識ある人はより穏やかに