出会うこと 思うこと

良きことが自分の周りに集まる人は

心が後ろ向きにはなっていないときです。

良くない出来事ばかりだと

どうしてもあれがいけなかったからだ、

過去の後ろを振り返ってばかりになりやすく、

 

自分は今日もダメな一日だと思うと

本当にダメな一日となってしまうことが多く、

たとえ誉められても

「ダメな自分がどうして誉められるのか、

どうせお世辞かからかわれているんだ」

と捉えてしまうことになります。

 

苦しいこと探しで一日が

終わってしまうことがあるのなら、

自分の心の置き所をお参りに出かけるなどして

神仏にゆだねることも大切です。

 

見えるところだけで生きているわけではありません。

自分の心の中だってすべてみえるわけではありません。

けれどもその自分が鮮明に自分の良いところ、

他人の良いところを見つけ出さないことには

人生苦しみ探しの旅になってしまいます。

 

怖いと思っているとすべてがそのように見えてしまう心の不思議。

犬が大好きな人はどこに行っても犬に出会い

猫が好きな人はどこに行っても出会うことが多い。

 

物事はどこにもあるものに、

どの気持ちがあるかで

「出会うか、出会わないか、出会っても気づかないか」

になってしまいます。

 

良き流れに出会えることは

霊的な影響次第でも変わります。

そして大事なことは自分自身の気持ちが

マイナスを呼び込むほど落ち込む前に

見えない力に頼りゆだねることを奢らずに忘れないこと。

よき日々でありますように。