他人のしていることや人の言葉が気になりすぎること

誰かに言われた一言が頭から離れなくていつも思い出してしまうこと。

 

若い頃の私がそうでしたが、それも悪いことばかり思いかえすことが多いの

 

は、自分が気にしている部分が他人から指摘されることもあります。

 

例えば「もっと頑張りなさい」「何をしているの」「ダメね」「こんなことも

 

わからないの」など、単純な一言が非常に気にかかってしまったり、相手の人

 

は大して深く考えないで発した言葉かもしれないけれど、考えさせられてしま

 

う。

 

そして、そう言われたとしたら「あの人言い過ぎよね」「なるほどそうだか

 

ら、次回から気をつけよう」「自分がダメなわけがない」と受けて流していけ

 

る時には、

 

気持ちの中にあまり引きずることはありません。

 

けれども感受性が強い人の場合には、言葉一つで胸をつかれたような苦しさ

 

と、つらさや痛みが意識の中で生じてしまうことがあります。

 

 

霊的にみれば見えないもの同士のやりとりが介入しているケースもあります

 

が、過敏に反応してしまうこともあります。

 

すぐにまいらないで、すぐに傷つかないで手のひらを胸に当てて自分の体温と存在を感じながらしばらく深呼吸することもホット一息・・・・・・・・・・

 

そして他人と比べすぎないようにリラックス