人(相手の)のことを思いすぎてしまう人の弱点

人のことを思いやることは

やさしい気持ちがあるからこそですが、

その思いやりの心が、

情が深すぎてしまいときに

相手から弱点を攻撃されてくるような出来事も

人生の中で起こることもあります。

 

例えば、落ち込んでいる相手に心配のあまり、

良かれと思ってメールや電話で毎日のように

話し相手になって上げてそれが当たり前になり過ぎてしまったり、

 

親しい人に困っているからお金を貸してほしいといわれて、

何度か貸しているうちに、少額であっても

借りる方も当たり前のように借りにくるようになってしまい、

貸せないというと「いままで貸してくれたのにどうしてだ!」と

逆ギレさえされるように、

よかれと思いやってあげたことが

結局相手の弱点を増長してしまう結果にもなり、

自分自身も苦しむことになってしまうこともあります。

 

お金に限らずですが

相手の要求だけを満たしすぎて、

その結果何もお互いのためにならないこともあります。

霊的にも相手の霊に負けてしまうのですから、

人にも霊にも入り込まれる隙をつくらないように。

内面の自分(霊的な自分の真我)を見失わないように。