人を傷つけたくない

 

日常で起こることも気になりすぎる方もいます。

 

何事にも 自分を責める感覚と、周りから責められる感覚がきつくて、

 

傷つけたくない人を傷つけてしまったのではないかと思ってしまったり、

 

そんな自分を責めてしまいます。 

 

もっと気楽に自分を解放させたいのですが、

 

あまりうまく出来ない方もいるかもしれません。

 

まず自分を責める感覚というのは、

 

例えば相手が悪くても、

まず自分自身の反省点を考えてしまう方ではないでしょうか?

 

周りにとても気を使ってしまうタイプですね。

 

ここまでは一般的なことですが、これを霊的に視ていくと、

 

とても身近にいる人たちの感情とか心の機微を捉えすぎてしまうほうに

 

「霊感、感受性が働いてしまう」のです。

 

これもまた辛いことですが、

 

相手が怒る前に感じとることも出来ますから

 

危険(?)から回避できる素質も強いはずなんです。

 

自分を解放させてあげられるとしたら、あれやこれや反省して、

 

同じことをまた反省して、自分の心をこれ以上叩かずに、

 

「自分を好きになること」あなたの魂はこの世では、

 

この肉体と性格をもらってきているのです。

 

たまには自分の内面に笑顔を向けてあげること。

 

解放させるには、これから自分にも周りにも何をしてあげられるか考えること。

 

ただし、人の思惑を気にしすぎてしまいますから

 

ときには自分がやりたいことを最優先してください。

 

そして人の感覚を受けやすいのは自分で浄化できることでもあります。

 

コツは個人差があるかもしれませんが、落ち込んでいるときは出来る限り

 

よくなったらどこに行きたい。何をしたいと考えるのです。

 

考えることはそれぞれ違うでしょうが、私は忙しくて行くことも出来ないときに

 

旅行雑誌を見て「ここも行こう、どこそこも行きたい!いいなぁ!!」などと

 

今すぐには出来なくても先のことを考えて、そのためにいま頑張ろうと、

 

楽しみをつくります。波動を変えていくことが大切です。

 

人を傷つけたくないなら、まず自分を必要以上に傷つけないことです。

 

 

明神池(長野県松本市 上高地)