亡くなった方に思いを伝える

亡くなった親戚や友人の方が、夢に姿が現れたり夢の中で話をしたりすること

 

もあるかもしれません。

 

夢の中で亡くなった方と会っているときに、楽しい夢なら亡くなってからも、

 

まだ一緒にいたいという気持ちが残って、楽しい会話や思い出を共有し、感謝

 

喜びを伝えて来られています。

 

けれども夢で出会ったときに悲しそうであったり、表情や感情が伝わってこな

 

いようなときには、まだ亡くなったことに気付いていないか納得していないの

 

かもしれないのです。

 

もしそういうことが続いてくるようであれば、寝る前に亡くなったその方の姿

 

や名前を思い浮かべていきます。次に声を出す必要はありませんが、

 

「自分では貴方のことをこのように思うことしか出来ないけれど、どうぞ悲し

 

まないで苦しまないで、貴方が幸せになるための方法を出来る限り祈っていま

 

す」という思いを伝えてください。

 

供養とか浄化法は切り離していくことだけを考えるのではなくて、受け入れて

 

考える必要もあります。