井戸も大切に

昔は近くにお城があり戦いもあった歴史のある土地に嫁がれた方のお話ですが、同居の義父さんがある日突然、

 

「敷地内にある使っていない、古い井戸を埋める」と急に言いだしたそうで、ご主人も「まあ、ほとんど今は使っていないのだから仕方がない」と思っていたら、その翌日に義父さんは砂を運んできて井戸を埋めてしまったとのこと。

 

義父さん曰く「井戸を埋めるのに神主さん呼んで清めるか」といったり

「お神酒くらいまくか」といってみたりしながら「ま、いいか」とあっけらかんと砂を入れて井戸を埋めてしまわれたそうです。

 

その翌日からご主人とお嫁さんが、腰は痛い、鼻水が薬を飲んでも止まらない、気分が悪い、トイレばかり行きたくなるなど大変なことになってしまいました。

 

義父母さんはまったく感じないようですが、息子さんご夫婦は感受性が強いために大変なことになってしまったのでした。

 

何日もそういう日が続いたとのことでしたから、埋めてしまわれた井戸の「気ぬき」をして清めや土地に縁ある神社にお参りしたり、きちんとしてから2、3日でおさまっていきました。

 

古くからあるところを一気に埋めたり掘り返したりすること事態が自然の持つ「気」の流れを変えてしまいます。

 

このご夫婦も霊感が強いのですが、ここのお家の周辺の土地は過去の歴史にも残っているような城跡や古戦場の近くでもありましたから、

 

単純に人としての合理的な発想と感覚だけでは問題が残ってしまったのです。

明日から旧盆です。

新盆の方もいらっしゃるかもしれませんが、故人のお好きだったものをお供えして差し上げてください。

 

加藤眞澄ホームページへ