不安や恐怖に翻弄されないように

新年早々ただならぬ騒がしさが霊的に右往左往して来ています。

世界も大変動の年ですが、個人の心の精神的世界観も同様で隠れあぶれた魔がピンポイントで存在がはっきりしてくることになります。

これまでずっと悩まされてきたことに結論を出してくるでしょうし、何が悪いのかも気がつかされてきます。良くなるための精神的な自己との葛藤も強いかもしれません。

悩みに悩まされることから解決して行くための動きが出てくるときです。

もし問題点があるとしたら、ご自分の内なる魂(神であり、真我であり、正であり、宇宙法則であり、義であり)が現在の自分を修正しようとするために、心の中がもがいてしまうかもしれませんが、それは霊的意識が軌道修正をしようとしているためでもありますから、必ず落ち着いてくることが出来ます。そのために不必要に憑く霊の影響があるときには心の中に違和感を感じてくることも出てくるかもしれません。

マイナス概念はマイナスなことを呼び込んで大きくしてしまうこともありますが、年明け早々に皆逃げ惑う夢やビジョンを感じた方もいます。すぐにそういうことが起こるとは思えません。

それから恐怖の夢やビジョンはどうしても現実的な災害や不況やテロなどとつなげて物質世界だけで解釈されてしまうことが多いのですが、確かに今の世界情勢では現実はそうとしか解釈できないかもしれません。

予知的なことの中にはその通りになるものもあれば、決してそのとおりにならないものもあります。いい加減な世界ともとられやすいのですが、人の心の不安が現実をつくり上げることも大いにありますし、予知で知ることにより悪いことであったら「どうしたら大事を小事に出来るのか」と受け止めていくことでも未来が変化しますから、予知予言というのはただ当たりませんねと笑い飛ばすことも出来ないと思っています。

一期一会の毎日をいかに大切に感謝を持って生きることにエネルギーを費やしたほうが先々を考えすぎる恐怖は離れます。