どこにも水漏れもないのに腕に落ちてきた水滴

*事例はご本人のご了承をいただいて掲載しております

Aさんは自宅でくつろいでテーブル上のコーヒーカップに

 

手を伸ばしたときに、手の甲に一滴の水が落ちてきたのでした。

 

「コーヒーでもなければ、天井から漏れているわけでもない」

 

湿度が高いわけでもないし、

 

おかしなこともあるものだと思ってもそれ以上のことはなかった。

 

今度は数日後にトイレに入っていると、腕に水滴がおちた。

 

トイレの天井も調べても、湿気もないし水漏れもまったくない。

 

Aさん気がついたのは、数年前に義父さんが池と井戸を埋めたときに

 

何のお祓いもせずに埋めて、

 

その義父さんはその後数日高熱で寝込んでしまった。

 

ご家族も体調を崩してしまい、ご相談を受けたときに、

 

しばらくの間、毎月池と井戸があった場所の

 

お清めをしていただくことをお伝えしていました。

 

それをついうっかり忘れていたときに起こった現象でした。

 

きちんとされてから治まりました。

 

家を建てるときに地鎮祭も行いますが、

 

土地もそれぞれたくさんの歴史をもっています。

 

土地をさわるときには

 

きちんと礼をつくされることは大切なことです。

加藤眞澄ホームページへ