お付き合いしていても

 

霊的な感受性が強い人で

お相手とお付き合いをしたときに

とても好きな相手であるのに

相手の人と会っていると息苦しくなったり、

気分が悪くなったり、

体に痛みを感じたり、

重たくなったり、体がつらくなってしまう。

どうしても結婚に進むことができないということもあります。

 

ご本人も敏感でもありますが、守護が先に

 

お相手の状態を教えてくれていることもあります。

 

本当に守ってくれるお相手だとしたら

 

お会いになっていても、体がつらくならないでしょうし

 

気持ちが落ち着くはずです。

 

それでも、もしお相手になんだか重たいものを感じたり

 

気にはなるけれど一緒になりたいと思われたときには、

 

浄化していく役割はあるかもしれません。

 

神様ごとを大切に。

ご自分もお相手も慈しみ感謝を忘れずに

 

恋愛感情ではないのに好き嫌いは別にして、誰か気になってしまうと

 

その人をひどく意識してしまう人もいます。

 

話したこともない職場の人だったり、

 

ただ通勤途中で時々出会う見ず知らずの人だったり・・・

 

別に知り合いというわけでもない人を

 

時々で出合うだけなのに、できれば会いたくない

 

出会ってしまうのも苦痛と思う人もいます。

 

何か悪いことがあったわけでもなくても

 

一度気になってしまうと、頭から離れない・・

 

こだわりが抜けないように

 

気になることはわかりますが、

 

それ以上に勝手に妄想してしまうように

 

声をかけられたらどうしようなどと、違和感を生み出してしまう。

 

そういう苦しみを負ってしまう感覚になりやすい人もいます。

 

自分が作り上げてしまうイメージが独り歩きして苦しまないで

 

意識を変えていく必要があります。

 

自分で「気になるだけだから大丈夫」という自信をもって

 

自分を信じて

 

富士北口本宮浅間神社(山梨県富士吉田市)